DOOGEE T30 Pro で動画の画質が落ちた。Widevine L1→Widevine L3になってしまった場合の解決方法(不具合対策)

パソコン/スマホ

 

別の記事でご紹介したDOOGEE T30 Proで動画を見ていたところ、画質がいつもより粗いことに気がつきました。

DOOGEE T30 Proについては、以下の記事を参考にしてください。

そこでWidevineを確認してみました。

結果、、、Widevine L1だったセキュリティレベルが、Widevine L3に下がってしまっていました。

今回はそんなDOOGEE T30 Pro のWidevine3をWidevine1に戻す方法について、ご紹介します。

この記事は以下のような人におすすめ

DOOGEE T30 Proを使用しており、Widevine L1からWidevine L3に下がってしまった人

Widevineとは?

Widevineは、Googleが開発したデジタル著作権管理(DRM)技術です。動画や音楽などのデジタルコンテンツを保護するために用いられ、違法なコピーや配信を防ぐ効果があります。

Widevineの3つのレベル

Widevineは、3つのセキュリティレベル(L1、L2、L3)に分かれており、レベルが上がるにつれてセキュリティが強化されます。

  • L1: 最も高いセキュリティレベル。HDCP 2.2に対応した機器でのみ再生可能。
  • L2: 中程度のセキュリティレベル。HDCP 1.4に対応した機器でのみ再生可能。
  • L3: 最も低いセキュリティレベル。HDCP非対応の機器でも再生可能。

多くの動画配信サービスは、コンテンツのセキュリティレベルに応じて、Widevineのレベルを指定しています。例えば、NetflixやAmazon Prime Videoなどの高画質コンテンツを配信するサービスでは、L1レベルのWidevineが必要となります。

Widevineが適用されている機器

Widevineは、以下のような機器で利用されています。

  • スマートフォン
  • タブレット
  • スマートテレビ
  • ストリーミングデバイス

Widevineに関する問題

Widevineは、コンテンツの保護に役立つ技術ですが、以下のような問題もあります。

  • 一部の機器では、Widevineが正常に動作しないことがある。
  • Widevineは、ユーザーの自由な視聴を制限する技術であるという批判もある。

DOOGEE T30 ProのWidevineが下がってしまった原因

考えられる原因は、システムのバージョンアップです。

システムのバージョンアップ直後から「Security Level」「L3(SD)」になってしまいました。

「L3(SD)」= Winevine L3

※確認に使用したアプリは、「DRM Check」です。

DOOGEE T30 ProのWidevineを戻すためにやったこと

初期化は再設定にかかる時間が嫌だったので、実施しませんでした。

 

再起動

とりあえず複数回再起動してみました。しかし特に効果なし

Googleアカウントの再登録

他の機種で2段階認証を登録してあるGoogleアカウントでログインしなおすと復旧するというサイトがあったので、試してみましたが効果なし

DOOGEE社への問い合わせを行い、パッチを作成してもらう

私はこれで治りました。

詳しく説明します。

問い合わせ方法/システムアップデート方法

①メールで以下文章をDOOGEE社に送付する。

[宛先]


    support-service@doogee.cc

[本文]


    Dear Support,

    The Widevine level of my DOOGEE T30 Pro was decreased from L1 to L3 after some system updates.

    Would you please let me know how to change the level from L3 to L1? Please see the information of my DOOGEE T30 Pro below.

    Version: <各自端末のバージョン>

    IMEI 1: <各自端末のIMEI1>

    IMEI 2: <各自端末のIMEI2>

    Serial No.: <各自端末のシリアル番号>

    Thanks.
    Best regards.

    <名前>.

No項目確認方法
1<各自端末のバージョン>「設定」を開く→「タブレット情報」を選択→最下部の「ビルド番号」を記載
例:DOOGEE-T30Pro-NOEEA-Android13.0-20231211
2<各自端末のIMEI1>「電話」を開く→「キーパッド」を選択→キーパッドで「*#06#」を入力→表示された「IMEI 1」を記載
3<各自端末のIMEI2>「電話」を開く→「キーパッド」を選択→キーパッドで「*#06#」を入力→表示された「IMEI 2」を記載
4<各自端末のシリアル番号>「電話」を開く→「キーパッド」を選択→キーパッドで「*#06#」を入力→表示された「シリアル番号」を記載
5<名前>ご自身の名前をローマ字(英名)で記載

②送付後にDOOGEE社からアップデートを準備した旨、連絡がくる

[DOOGEE社 原文]

Dear users

Good afternoon, sorry to bring you an unpleasant experience, please link to wifi, please try to upgrade the latest software version in Settings-About Tablet-System Update.

Best regards

[日本語翻訳]

お客様へ

こんにちは、不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。
無線LANにリンクしている場合は、次の手順で最新のソフトウェアバージョンにアップグレードしてください。
設定-タブレットについて-システムアップデート.

よろしくお願いします。

③ワイヤレスアップデートを行う。

「設定」を開く→「タブレット情報」を選択→「ワイヤレスアップデート」を選択し、アップデートを行う。

「Security Level」「L1(FULL HD)」に戻っていることを確認する。

「L1(FULL HD)」= Winevine L1

※パッチが適用できていればバージョンも上がる(例:16.1.0→16.1.1)

補足:システムアップデート後に動画が高画質で見れない場合の対処法

①~④の手順実施後に、NetflixやAmazon Prime Videoで高画質で再生できない場合には、システムアップデート前のセキュリティレベルと紐づいてしまっている可能性があります。

現状アプリや端末を再起動しても、改善されません。

そのため、以下を試してください。※私は以下で直りました。

❶NetflixやAmazon Prime Videoのアプリのアイコンを長押しする。

❷「アプリ情報」を選択する。

❸「アプリ情報」画面が開くため、「ストレージとキャッシュ」を選択する。

❹「ストレージ」画面が開くため、「ストレージを消去」を選択する。※アプリは消えませんが、再ログインが必要になります。

まとめ

いかがでしたか。

今回はDOOGEE T30 ProWidevine L3になってしまった場合に、Widevine L1に戻す方法をご紹介しました。

せっかくWidevine L1のタブレットを買ったなら、綺麗な画質で動画視聴をしたいですよね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。