コスパ最強の8000円台で買える高機能スマートバンド Xiaomi Smart Band 8 Pro

パソコン/スマホ

 

ついに発売された、Xiaomi待望のスマートバンド最新モデル「Xiaomi Smart Band 8 Pro」

前モデルから大幅に進化した機能と、相変わらずの魅力的な価格に、早くも話題沸騰中です!

私も発売日に購入し使ってみました。今回は、実際の使用感やデザインなどについて、Xiaomi Smart Band 8 Proの魅力を余すところなくお届けします!

この記事は以下のような人におすすめ

スマートバンド最新モデル「Xiaomi Smart Band 8 Pro」について知りたい人
1万円以下のスマートウォッチ、スマートバンドを探している人

「Xiaomi Smart Band 8 Pro」の使用感やデザインの詳細を知りたい人

Xiaomi Smart Band 8 Proはどこの会社が作っている?

Xiaomi Smart Band 8 Proは、Xiaomi 社のスマートバンド(スマートウォッチ)となります。

Xiaomi社の概要

設立:2010年4月6日

本社:中国北京市海淀区

従業員数:約35,000人

製品:スマートフォン、スマート家電、ウェアラブルデバイス、ノートパソコン、タブレット、テレビ、その他電化製品多数を手掛けています。販売地域は世界100カ国となっており、アジアを中心に欧米や北米でも幅広く利用されています。

他社との比較した強み:高品質な製品を低価格で提供することで、世界中のユーザーに愛されるブランドです。革新的な技術を積極的に採用し、ユーザー体験を重視した製品開発を行うことで、常に新しい価値を提供し続けています。さらに、オンライン販売に注力することで、コストを削減し、高品質な製品をより多くの人に届けられるようにしています。

また余談ですが創業者の雷軍氏は、”中国のスティーブ・ジョブズ”と呼ばれているそうです。

それくらい革命的なアイディアを持った人物が創業者ということですね。

Xiaomi Smart Band 8 Proの特徴

Xiaomi Smart Band 8 Proの主な特徴は以下の通りです。

ボディカラー

ボディカラーは、ブラック、ライトグレーの2色を展開しています。

大画面&高精細なAMOLEDディスプレイ

まず目を引くのが、前モデルから約20%拡大された1.64インチの大画面AMOLEDディスプレイです。

また特に特徴的なのが、多くのスマートウォッチは30fps(1秒間に30枚の画像を表示)ですが、このデバイスは、60fps(1秒間に60枚の画像を表示)で動作するため、操作感が向上しています。

さらに解像度も大幅に向上し、より鮮明で美しい画面表示を実現しています。文字も大きく見やすいので、通知の確認や各種操作が快適に行えます。

多彩なスポーツモードと高精度なGPS

スポーツ好きには嬉しい、150以上の運動をサポートする「ワークアウト・スポーツモード」に対応。

5つの衛星測位システムをサポートし、単独で、正確な位置情報をリアルタイムでトラッキングできる。

ランニングやウォーキングはもちろん、水泳やサイクリング、ヨガなど、様々な運動を記録することができます。内蔵GPSも高精度に動作し、正確な距離やペースを計測できます。運動記録を分析することで、トレーニングの改善にも役立ちます。

24時間健康管理

心拍数、睡眠、ストレスレベル、血中酸素飽和度など、24時間365日、健康をサポートしてくれます。

睡眠記録では、深い睡眠やレム睡眠の割合なども確認でき、睡眠の質を向上させることができます。ストレスレベル測定機能は、日々のストレスを数値化することで、心身の健康管理に役立ちます。

その他便利な機能

その他にも、音楽再生コントロール、天気予報、カメラリモコン、着信通知など、便利な機能が満載です。さらに、女性向けの生理周期管理機能も搭載されているので、女性にとっても嬉しいポイントです。

※着信通知機能はありますが、着信応答機能はありませんので、スマートウォッチで電話をする人は同時期に販売開始された「Redmi Watch 4」を購入しましょう。

前モデルとの比較

前モデル「Xiaomi Mi Band 7 Pro」と比較すると、[Xiaomi Smart Band 8 Pro」は以下のような差があります。

 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
項目Xiaomi Smart Band 7 ProXiaomi Smart Band 8 Pro
タイプ腕時計型腕時計型
ディスプレイ1.64インチ
有機EL(AMOLED)
1.74インチ
有機EL(AMOLED)
解像度456 x 280480 x 336
リフレッシュレート30Hz60Hz
重量20.5g22.5g
バッテリー容量235 mAh289 mAh
連続使用可能時間最大12日間最大14日間
BluetoothBluetooth 5.2 BLEBluetooth 5.3 BLE
GPS
音声操作(アレクサ)
防水5気圧防水5気圧防水
血中酸素飽和度
心拍数
睡眠
ストレス
ワークアウトモード110種類以上150種類以上
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
GPS
周囲光センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
GPS
環境光センサー
価格9000円台8000円台

このように「Xiaomi Smart Band 8 Pro」は、前モデルから多くの点で進化を遂げています。

リフレッシュレートが60fpsになったことやバッテリー容量の増加などは、大きな魅力です。

また値段もさらに手が出しやすい価格になっており、8000円台で購入できることが魅力です。

Xiaomi Smart Band 8 Pro の開封レビュー!

Xiaomi Smart Band 8 Proを発売日当日に購入したので開封してみました!

 

今回はXiaomi Smart Band 8 Proのブラックとストラップを購入しました。

Xiaomi Smart Band 8 Proの本体から開けていきます。

本体と付属品がコンパクトに纏まっています。

付属品には、専用の充電コード、ストラップ、マニュアルが同梱されています。

充電コードはUSB-TypeA⇔専用端子のコードが1本付属しています。

端子はこんな感じです。

それではいよいよ本体を開封、設定していきます。

本機は物理ボタンがないため、どうやって画面を押下するのか1分ほど悩みました。

マニュアルにも詳しい説明は見つかりませんでしたので、電源コードで充電してみたら電源が起動しました。

初期設定をしていきます。

端末で言語設定を終えると、スマホやアプリとの接続を要求されます。

Xiaomiが出しているスマートウォッチ管理用アプリの「Mi Fitness」をダウンロードし、アプリの初期設定を行います。

特に難しい設定はなく、ステップに従って設定が簡単にできました。

アプリの設定完了後に、アップデートを促されますので、アップデートを行います。

無事アップデートが終わりました!

ディスプレイの画像(以下、バンドディスプレイ)は、アプリを使って自分のお気に入りのテーマをダウンロードすることができます。高級感のあるデザインからポップなデザインまでさまざまで、選ぶ楽しみもあります。

またその日の服装や気分に合わせて気軽に変更できるのはスマートウォッチの強みですね。

一緒に購入したバンドについても開封していきます!

今回はブラックの本体と組み合わせてビジネスで使いたかったので、コーラルオレンジを購入しました。少し明るめのブラウンカラーです。

バンドと取り扱い説明書が同梱しています。

バンドを付け替えて、バンドディスプレイをシックなデザインに変更してみました!

とても落ちついた高級感のあるデザインに見えますね。

ビジネスシーンでも使えそうです。

また自分のスマートフォンに入っている画像をバンドディスプレイに設定することもできます。

Xiaomi Smart Band 8 Pro のデザイン、使用感の評価

Xiaomi Smart Band 8 Proを使ってみた感想は以下の通りです。

  • 他のXiaomiの製品と比べて画面サイズが大きすぎず、小さすぎず丁度よい
  • 低価格でバンドが購入できる
  • サイズ感がちょうどよいため、アクティブとビジネスの両方で使用できる
  • バッテリーの持ちがよい
  • 環境光センサーがついているため、屋外でも使いやすい
  • 低価格で購入できるにも関わらず、機能が豊富で初心者~上級者まで使いやすい
  • 急速充電には対応していない
  • 電話はできない ※私は使用しないため不要でした
  • 物理ボタンがついていないため、ホームに戻るときに少し手間

何より丁度良いのがサイズ感です。

同時期に発売した「Redmi Watch 4」はバッテリー容量が多く、画面が大きく見やすいです。

同時期に発売されたため候補に入る人もいるかと思いますが、全体のサイズが大きく価格も高いです。

そのためアクティビティ(スポーツや買い物、旅行など)のみ使用するのは良いかもしれませんが、ビジネスでもアクティビティでもどちらでも使用できるサイズ、デザインであることが非常に強みだと思います。

まとめ

いかがでしたか。

今回は初めてXiaomiのスマートウォッチを購入してみました。

1万円以下でこのクオリティは素晴らしいです。

もちろん低価格を実現するために一部プラスチックを使っている部分などもありコストを抑えていると感じるパーツもありますが、接続部や他人に見えるパーツは高級感があります。

バンドも種類が豊富で、低価格です。

今度メタルストラップも購入してみたいと思います。

もし低価格でスマートウォッチデビューをしたい方は、ぜひ購入を検討してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。