【本サイト売れ筋!おすすめ着圧レギンス・スパッツ

着圧レギンス・スパッツは、実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。

 

中学生・高校生になると制服は必須なので、スカートから見える脚が太いと気になりますよね。プールや体育の時間は、人前で脚を出す機会が多いので憂鬱ではありませんか?中学生・高校生は、新陳代謝が活発なので下半身ダイエットを始めれば、みるみる成果があらわれてスラリとした脚をゲットできますよ!辛い食事制限や高価なダイエットグッツは必要ありません。日常生活の中に下半身痩せエクササイズを取り入れて、理想のほっそりした脚を手に入れましょう。

標準体重を知って、ダイエットの目標を立てよう

標準体重の計算方法

ダイエットをする前に、自分が本当にダイエットする必要があるのか確認してみましょう。自分の体重が、標準体重よりもオーバーしている場合はダイエットをして体重を絞ることで、健康で病気になりにくい体になります。健康だと細胞が活性化しますので、お肌の色つやが良くなったり痩せやすい体質になったりと、美容の面でも良いことづくめですよ。

 

標準体重は、「身長(m)×身長(m)×22÷10,000」で求められます。

 

たとえば、身長が156cmの場合は「156×156×22÷10,000=53.539(kg)」となるので約54kgが標準体重となります。

 

自分の体重が標準体重よりも軽いのにダイエットして体重をさらに軽くしてしまうと、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったりとデメリットが生じてきます。目標体重を算出して、その体重をキープするようにコントロールしていきましょう。

中学生・高校生は食事制限はNG!

ダイエットというと、炭水化物を抜いたりある特定の食品ばかり食べる食事制限のダイエットが思い浮かぶかもしれませんが、成長期の中学生・高校生が食事制限をしてしまうと必要な栄養素が足りなくなる恐れがあります。特に、女の子が極端な食事ダイエットをすると生理が止まってしまったり拒食症になる危険性があります。流行りの炭水化物を抜くダイエットは、中学生・高校生にはおすすめできません。糖質の量が極端に減ってしまうと脳にエネルギーが行かなくなるため、授業に集中出来なくなってしまったりヤル気が起きなくなってしまいます。摂取カロリーを減らすならば、甘いお菓子や脂っこいスナック菓子を控えるようにしてみましょう。空腹を満たすには、ナッツや野菜スティックなどを摂るようにするとミネラルやビタミンがたっぷり補えるのでおすすめです。

通学時に下半身ダイエットをしよう

下半身が痩せる歩き方で登下校する

下半身を引き締めるには、ウォーキングで脂肪を燃焼させるのが効果的です。でも、朝早く起きて学校へ行く前や帰宅後にウォーキングをするのは難しいですよね。そこで、通学の時間をウォーキングの時間にしてしまいましょう。服装は制服のままで構いません。靴は、ヒールの無いものが良いでしょう。片方の手で持つカバンだと重心がズレてバランスの良い筋肉が付かないので、リュックなど両手がフリーになるバックがいおすすめです。

ウォーキングで脚を細くするには、歩き方が重要です。

 

  • 背筋をピンと伸ばす
  • おへそに力を入れる
  • 目線を上げる
  • 歩幅を大きく取る
  • かかとから地面に着地する

 

これらのことを意識してウォーキングしましょう。

ウォーキングしてから20分しないと脂肪は燃焼してくれません。

もし、自宅から学校までの距離が短くてウォーキングする時間を20分以上取れない場合は下半身痩せの筋トレをしてから登校するようにしましょう。有酸素運動の前に無酸素運動である筋トレを行うことで、ウォーキング時に脂肪を燃焼するタイミングを早くすることが出来ますよ。

脚が細くなる自転車のこぎ方で登下校する

家から学校まで遠くて自転車通学している人は、ウォーキングではなく自転車で下半身痩せを目指しましょう。自転車というと太ももに筋肉が付いて逆に脚が太くなってせいまうのでは?と思うかもしれません。しかし、競輪選手のような立派な太ももになるまで自転車をこぐには何時間も走り込む必要があります。通学の時間だけ自転車をこいだくらいでは太ももは太くならないので安心して下さい。脚を太くするには、サドルを高めにして前傾姿勢で乗りましょう。サドルを高くすることで、太もも痩せに効果がある太もも裏の筋肉やお尻の筋肉を鍛えることができます。自転車にギアが付いている場合はギアを軽めに設定して回転数を上げることで、有酸素運動の効果が上がるので脂肪が燃焼しやすくなりますよ。

授業中に脚痩せダイエットを実践してみよう

椅子に座ってできる太もも痩せエクササイズ

授業中にこっそり太もも痩せのエクササイズをしてみませんか? 椅子に座ってできるので、周りにもバレにくいですよ。椅子に浅く腰かけて、クロスさせた脚を床と平行になる高さで10秒間キープします。10セット行うのが理想ですが、バレないように間隔を空けてトライすることをおすすめします。

 

ふくらはぎのむくみを解消するカーフレイズ

カーフレイズは、ふくらはぎの筋肉「ヒラメ筋」を効果的に鍛える筋トレです。椅子に座ってかかとを上げ下げするだけなので、運動が苦手な人でも気軽にできますよ。第二の心臓とも言われているふくらはぎを鍛えることで、血液やリンパ液を送り返しているポンプの力が強くなり、むくみにくい体質になります。水分や老廃物がスムーズに流れるようになり、新陳代謝が活発になりますよ。

 

 

部活で筋肉質になった脚を細くしよう

コルギマッサージで筋肉をほぐそう

バレーボールやテニス・ソフトボールなど、下半身の筋肉を使う部活をしている人は太ももやふくらはぎの筋肉が発達しているので脚が太くなりやすいです。凝って固くなった筋肉をほぐしてくれる韓国発のコルギマッサージを行って筋肉太りを緩和させましょう。

 

有酸素運動で脂肪を燃焼させよう

部活をしていて太ももやふくらはぎが筋肉太りの人でも、筋肉と筋肉の間に脂肪が付いてしまう「霜降り」状態になることで脚が太くなっている人も居ます。脚を細くするには、コルギマッサージも有効ですが脂肪を小さくすることも大切です。上記で紹介した脚痩せするウォーキングの仕方や自転車のこぎ方を実践して、有酸素運動で下半身の脂肪を燃焼させましょう。ジョギングや水泳、縄跳びやフラフープなども有酸素運動です。自分に合った有酸素運動をチョイスして、効率的に脂肪を燃やしていきましょう!

中学生・高校生向けの下半身痩せメニューで美脚をゲットしよう

学業や部活で忙しい中学生・高校生が下半身痩せを成功させるには、時間を有効に使う必要があります。通学や授業中に行える有酸素運動やエクササイズを上手に活用してスラリとした美脚を手に入れましょう。まずは、自分がどのくらい標準体重をオーバーしているのか知ることが大切です。摂取カロリーを抑えるのは下半身痩せには有効ですが、ごはんの量を減らすと成長期に必要な栄養が足りなくなってしまう恐れがあります。食事制限はおやつのみにして、有酸素運動の量を増やすことで調整するのが中学生・高校生のダイエットに有効です。