【本サイト売れ筋!おすすめ着圧レギンス

以下の着圧レギンスは、実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。

 

アラフォーになると、健康診断に「メタボ診断」という項目が加わります。それだけ40代は脂肪が付きやすくなる年代なんですね。もともと下半身は上半身と比べると脂肪をため込みやすく、部分痩せしにくい箇所になります。

 

筋肉量は20代をピークに30代、40代になるにつれて筋肉量が減り、脂肪の量が増えていきます。体重は変わらないのに、体型が変わったという人が多いのも40代の特徴です。

 

40代の下半身痩せを成功させるには、下半身の筋肉量をアップすることと下半身太りする生活週間を見直すことが鍵になります。下半身痩せに即効性がある筋トレと、下半身痩せのメソッドを8つご紹介します。

太ももとお尻の筋肉をセットで鍛えよう!

「ワイドスクワット」で内もも&お尻の筋肉を強化

ワイドスクワットは、普通のスクワットと違ってお尻の落とし込みが深くないので、運動が苦手な人でも取り組みやすい筋トレです。膝を広げてスクワットすることで、太ももの内側の筋肉「内転筋」を鍛えることが可能です。太ももの外側の筋肉を鍛えると筋肉が発達して太ももが太くなりますが、太ももの内側の筋肉を鍛えると太ももの脂肪が引き締まるので太ももが細くなります。お尻の筋肉「大殿筋」も鍛えられるので、ヒップアップにも効果を発揮します。

 

「ヒップリフト」で太もも裏&お尻が引き締まる

太ももの裏側の筋肉、ハムストリングは表側の大腿四頭筋と比べるとあまり使用されない筋肉です。ハムストリングを鍛えることで、余分な水分やセルライトの原因となる老廃物が排出されやすくなります。血液やリンパの流れが良くなるので、新陳代謝が活発になりむくみにくい体質に変化します。ヒップリフトは、その名の通りお尻の筋肉を集中して鍛える筋トレです。お尻を上げた状態をキープするので、体幹も鍛えられるのでカロリー消費量もアップしますよ。

 

脚痩せジェルマッサージでセルライトを撃退!

下半身が太っている人は、かなりの確率でセルライトが付いています。日本人の女性の約7割がセルライトで悩んでいると言われています。セルライトは、脂肪細胞に老廃物が絡みついて現れます。セルライトを解消するには、温めてマッサージしてあげるのが効果的です。セルライトマッサージをするときに温感成分が含まれている脚痩せジェルを使うことで、セルライトを効率よく揉みほぐせるようになります。

口コミで人気のBibeeeeE(バイビー)がおすすめ

バイビーには、バニリルブチルという温感成分が入っていて、肌に塗るとポカポカ温かくなってくるのが特徴です。イベントや雑誌にも頻繁に取り上げられていて、マッサージ効果だけではなくボディクリームとしても使えるほど保湿力に優れています。癒し系のストロベリーの香りで、マッサージをしている時間が極上のリラックスタイムになりますよ。

マッサージジェルでセルライトマッサージをする方法

マッサージジェルを手に取ったら、足首からふくらはぎ・太ももにかけてマッサージしていきます。リンパマッサージをする時のように、手をグーの状態にしてふくらはぎの裏側を下から上へ刺激していきます。リンパマッサージが終了したら、今度はセルライトをつまむように脚全体をマッサージしていきましょう。最後は、太ももを丁寧に揉みほぐします。

 

下半身が痩せる食生活を始めよう

質の良いタンパク質を1日50g摂取しよう

40代になると、運動量が減り筋肉量が減少して脂肪の割合が増えていきます。筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝が衰えて脂肪が燃焼されにくくなってしまいます。筋肉の減少を防ぐためには、良質なタンパク質を補うことが大切です。体重1kgにつき1日1gのタンパク質が必要です。50kgの女性なら1日50gのタンパク質摂取を目指しましょう。

質の高いタンパク質の代表格は、卵・サンマ・豚肉です。卵1個に含まれるタンパク質の量は約6g、サンマ1匹は約19g、豚肉100gは約15gです。50g摂るのはなかなか難しいという人は、プロテインなどを上手に利用すると良いでしょう。

代謝が上がるスパイスをプラス

新陳代謝が低下していると、脂肪が燃えにくくなります。新陳代謝を活性化させる食材として有効なのが、唐辛子やニンニク、生姜・シナモンなどのスパイス類になります。これらのスパイスには体を温めてくれる効果があるので、脂肪も燃焼しやすい環境を整える効果があります。

下半身太りする生活習慣を脱出!

下半身の「冷え」がむくみやセルライトの原因

下半身にセルライトが付くと冷えやすい体になり、また下半身が冷えるとセルライトが付きやすくなります。なんとも悪循環ですよね!ここで、負の連鎖を断ち切るためには下半身が冷えないように温めてあげることが大切です。先ほど紹介した体を温める食材も効果がありますが、夏でもクーラーが効いている部屋では足元を冷やさないようひざ掛けをかけたりカーディガンを羽織るなど、普段から「冷え」を寄せ付けない生活習慣を心がけましょう。

むくみと骨盤の歪みが生じる「脚組み」に注意

何気なく脚を組むのがクセになっている人も居ると思いますが、脚組みは確実に骨盤に歪みを生じさせます。骨盤が歪むと、O脚の原因になったり血液やリンパの流れが滞ってしまいます。脚を組まないことが大事ですが、もし無意識に脚を組んでしまった時には反対の脚に切り替えて組みなおすなどして、片方の脚だけに負担をかけないようにしましょう。

寝る前に、1日の歪みを取るために骨盤矯正のストレッチをするのもおすすめです。

筋トレと生活習慣を改善でして下半身太りを解消しよう

アラフォーの下半身太りは、筋肉量の不足と運動不足による脂肪の増加、太りやすい生活習慣などに原因があります。筋トレだけで下半身痩せを狙うのは難しいので、良質なタンパク質の摂取や脚痩せマッサージ、下半身太りする生活からの脱出など複数のメソッドを組みあわせて多角的にアプローチしていきましょう。