【本サイト売れ筋!おすすめ着圧レギンス・スパッツ

着圧レギンス・スパッツは、実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。

足にテーピングを巻けば、ふくらはぎが細くなる!

ふくらはぎが太いと、下半身全体が太って見えてしまいます。ふくらはぎが太くなる原因は、むくみ・脂肪・筋肉量が多いと大きく3つに分けることが出来ますが、これ以外にもふくらはぎを太くする原因があります。

 

「浮足」というとあまり聞いたことが無いかもしれませんが、浮足は偏平足・外反母趾と並んで下半身痩せを邪魔する足の歪みです。足裏にテーピングを貼ることで、浮足を治してふくらはぎ痩せを成功させましょう!直接ふくらはぎにテーピングを巻いてししゃも足を治す方法もご紹介します。

浮足が下半身を太くする2つの理由

足裏のバランスが悪くなり、ふくらはぎが太くなる

浮足は、足裏を床に付けても足指が浮いてしまっている状態の足になります。普通は、かかと・足指の付け根・足指の3点で体を支えますが、浮足の人はかかと・足指の付け根の2点のみで体を支えています。当然、体のバランスが不安定になるのでそれを補おうとふくらはぎの筋肉を余計に使うことになります。すると、ふくらはぎの筋肉が発達してしまうのでふくらはぎが太くなるのです。

歩行時に脚がねじれて太ももが太くなる

浮足の人は、地面を真っすぐに蹴れないので歩くときに足先が外側を向いてしまいます。すると、股関節の大転子が外側へずれてしまうので、太ももの外側の筋肉が発達して太ももも太くなってしまいます。

浮足かどうかをセルフチセックする方法

紙一枚で浮足をチェックしてみよう

自分が浮足かどうかは、自分の足なのでなかなか確認しにくいですよね。そこで、簡単に浮足チェックができる方法をご紹介します!用意するのは、紙一枚だけです。自然に立った状態で、紙を足指と床の間に差し込みます。この時、無理やり力で差し込んでしまわないように指一本を使って紙を移動させるのがポイントです。紙が指の下に入り込んでしまったら、「浮指」ということになります。

 

サイズの大きい靴が浮足の原因に

自分の足より大きいサイズの靴を履いていると、靴が脱げてしまうのを防ごうと足指を無意識に浮かせた状態にしてしまいます。大きめのスリッパやサンダルでも同様のことが起こりますので注意が必要です。足の先に隙間がある場合は、インソールなどで調整しましょう。パンプスの場合は、ジェルパットやハーフインソールがお勧めです。美脚で有名な菜々緒さんは、100均でハーフインソールを大量買いして愛用しているそうですよ。

テーピングを巻くだけ!浮足の治し方

テーピングで浮指を補正しよう

浮指は、足にテーピングを巻くだけで補正することが可能です。テーピングは、市販のものではなく「ニトリート キネシオロジーテープ」がおすすめです。

  • 5cm幅15cm(縦に3等分する)
  • 5cm幅13cm

 

にテーピングをカットして使います。

細いテーピングを足裏に縦方向に貼り、太いテーピングを足裏の真ん中より上に貼ります。

 

カサハラ式バランステーピングのやり方

こちらは、かかと・親指・小指・足裏横にテープを貼る方法です。少々テーピングの切り方が複雑で枚数が多くなりますが、足裏がしっかり固定されるので効果が期待できます。

 

こちらは、テーピングの切り方です。

  • 山型テープ(22cm)
  • 親指テープ(15cmを3等分して、3cmのところまでカットする)
  • 小指テープ(9cmを3等分して、ズラして2等分したところでカット→さあらに2cmのところまでカットする)

 

毎日続けて、浮指を完治しましょう!テーピング無しでも指が浮かなくなったら、浮指を克服したことになります。

浮指が治れば、脚にバランスの良い筋肉が付き、今まで使われていないことで溜まっていた脂肪が燃焼されるようになります。

ふくらはぎにテーピングを巻くと細くなる!

 ふくらはぎが卵みたにぷっくり!ししゃも足の原因は?

卵がたっぷり詰まったししゃものように、ふくらはぎに筋肉がしっかり付いてモッコリとしているふくらはぎのことを「ししゃも足」と言います。ししゃも足の原因は、発達しすぎた筋肉とふくらはぎのむくみになります。ししゃも足は、ふくらはぎに効く筋トレをしてしまうと余計にふくらはぎが太くなってしまうので、筋トレ以外のダイエット方法が向いています。

「ししゃも足」をテーピングを巻いて細くする方法

こちらでは、「キネシオロジーテープ」という非常に伸縮性の高いテーピングの5cm幅を使用しています。

 

①かかとからすねの内側までを採寸してテープをカットします。こちらの長さのテープを2本用意しましょう。

②足を90度に曲げ、かかとから足首・すねの内側に向かってテープを軽く引っ張りながら貼ります。この時、採寸した箇所よりも5cmほど長く貼るのがポイントです。

③2本目のテープは、外くるぶしからかかと・足首・すねの外側に向かてテープを軽く引っ張りながら貼ります。

 

テーピングを巻くことで、足にかかる重心を調整して正しい筋肉が使われるようになります。次第にししゃも足の「卵」部分が小さくなり、ふくらはぎが細くなっていきますので、まずは2週間から試してみましょう。

テーピングを巻くだけだから続けられそう

下半身は脂肪をため込みやすいので、筋トレなどの無酸素運動+有酸素運動で脂肪を燃焼するのが基本になります。でも、浮指が原因でふくらはぎが太っているのならテーピングを巻くことで体のバランスが整い、ふくらはぎ痩せが期待できます。体が正しい姿勢いや筋肉の使い方を覚えるまでは、足裏やふくらはぎにテーピングを巻いてみて下さいね。