【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

チョコレートの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

ダイエット中でも甘いものを食べたくなりますから、ついチョコレートを口にしてしまう方もいるのではないでしょうか。口どけがまろやかなチョコレートはストレス解消にもなりますし、きちんと選んで適量を食べればダイエットにも役立ってくれます。
そんなチョコレートのダイエット効果や注意点、太りにくい食べ方などを紹介します。

チョコレートの糖質量

チョコレートの種類によって含まれている糖質の量は違っています。一番多いのがミルクチョコレートで、100gにつき51.9gです。
ミルクが使われていないビターチョコレートでも、100gにつき50.8gの糖質が含まれています。砂糖が大量に含まれていますから、砂糖が少ないカカオが70%以上含まれたものだと、糖質は30g前後に落ち着いてくれます。

チョコレートのカロリー量

チョコレートのカロリーは糖質と同じように種類によって大きく違っています。
ミルクチョコレートだと558kcal、ビターチョコレートでも568kcalもあり、脂肪分が多いですし砂糖のカロリーも高いです。カカオ多めのものでも421kcalはありますから、全般的にカロリーは高めです。

チョコレートのダイエット効果について

甘くてカロリーも高めのチョコレートですが、食べすぎなければリラックス効果もありますし、ダイエット中のストレス解消にもなります。カカオポリフェノールが豊富ですから、ダイエットサポートとしても優秀です。

カカオの血行促進効果

チョコレートの原材料となっているのはカカオです。
カカオには血行促進効果がありますから、全身の血流がアップして代謝を高める働きがあります
代謝が上がると体の機能が活発に働いて脂肪も燃えやすくなりますし、基礎代謝が高まって自然と消費されるカロリーも多くなります。脂肪を付きにくく使われやすくしてくれて、痩せやすい体を作ってくれます。

食欲を抑制して食べすぎを防ぐ

糖分が多いチョコレートは血糖値を高める役目をしてくれます。
お腹が空いている時にチョコレートをほんのひとかけら食べるだけでも、血糖値が急上昇して中秋神経が刺激されます。満腹中枢というお腹が一杯だと感じさせる神経が刺激されますから、お腹が満足して食欲を抑える働きをしてくれます。食事の30分前にひとかけらのチョコレートを食べるだけで、食事の量を減らすのに役立ってくれます

食物繊維が便秘を防ぐ

チョコレートには不溶性食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維というのは消化されずに腸まで届くタイプですから、腸を刺激して機能を高める働きがあります。
ぜん動運動が活発になりますから腸内の老廃物を排出しやすくなり、女性に多い便秘の悩み改善に役立ってくれます。お通じがスムーズになると余分なものが体の中にたまりにくくなりますから、脂肪を抑えるのにも効果的です。ぽっこりと出たお腹もすっきりとしてきて、痩せにくいお腹をスリムにする効果に期待できます。

糖質制限ダイエット中にチョコレートを食べる時の注意点

カカオ70%以上のチョコレートを食べる

普通に売っている板チョコだと、糖質もカロリーも高いですから、ダイエット中には向きません。
ところが、カカオ70%以上のチョコレートなら、糖質がぐんと減ってくれてカロリーも少なめです。
カカオの含有量が多くなるほど糖質も少なくなりますが、カカオの量が多ければいいというものでもありません。味がまるっきり違ってきて苦味が強くなりますから、チョコらしさを感じにくくなります。その人の好みもあるでしょうから、カカオ70%以上のものでおいしいと感じられるものを選びましょう。

食前に少量食べて食べすぎを防ぐ

空腹だとどうしても食事をお腹一杯食べすぎてしまいます。
チョコレートを食前にほんの少量つまんでおけば、お腹が満足して食事の食べすぎを防いでくれます。あまりチョコレートを食べすぎてしまうと、食事そのものを食べたくなくなって栄養不足になります。ひと欠片かふた欠片程度に抑えておいて、あくまでも食べすぎないようにするための予防措置程度に食べるのが大切です。

糖質制限ダイエット中のチョコレートの太らない効果的な食べ方

低糖質で低カロリーなチョコレートを1日50gまで

低糖質で低カロリーなチョコレートをまずは選びましょう。
一般的なチョコレートは砂糖や脂肪分が多いですから、少量でもカロリーや糖質の取りすぎになってしまいます。低糖質タイプや糖質ゼロタイプなどのチョコがありますし、カカオ70%以上のものなら糖質も少なめです。
きちんと裏面の成分表示を確認してみて、低カロリーなものを選ぶのが大事です。また、1日の上限は50mg程度までにしておいて、必要以上に食べすぎないようにしましょう。

1日3回食前に食べる

50gのチョコレートを一気にまとめて食べるのではなく、小分けにして食べましょう。
板チョコなら3つに割って分けておいたり、粒チョコなら数を決めて食べるなど、自分なりに工夫して3回に分けるのがおすすめです。
朝、昼、夜の食事の20分から30分くらい前に食べておけば、血糖値が上がって食欲を抑えてくれます。
血糖値が上がって満腹中枢が刺激されるまでには大体20分ほどかかります。食欲を抑えてくれて食事の食べすぎを防ぐためには、食事の20分前というのをきちんと守りましょう。

夕食が遅くなるならおやつに食べる

1日3回に分けて食前に食べるのが理想的ですが、仕事や家事などでどうしても夕食が遅めだという人もいます。
寝る時間に近づくにつれてカロリーは消費されにくくなりますから、夕食が遅くなるなら無理してチョコを夕食前に食べる必要はありません。
おやつに食べるとか朝と昼の1日2回に分けるなど、臨機応変に食べ方を工夫しましょう。夕食後は活動量が少なく、寝るまでの時間が短いとどうしても脂肪がため込まれやすくなります。

低カロリー・低糖質のチョコレートでダイエットを成功させよう

チョコレートを上手に取り入れることで、甘いものが食べたいという欲求も抑えられますし、ストレス解消にもなります。
ダイエットサポート効果が高いですから、正しく取り入れることで効率的なダイエットができます。スーパーに行くと色んな種類のチョコレートがありますから、まずはチョコレート選びから始めてみましょう。太りにくい低カロリーで低糖質のチョコレートを探してみて、お気に入りのチョコを何種類か見つけるのがおすすめです。

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト



食べ物のカロリーが気になる方へ、ダイエット別のオススメ商品を紹介!

脂肪と体重を減らすなら「シボヘール」

とにかく脂肪と体重を減らしたい方は「シボヘール」がオススメです!

※「シボヘール」の脂肪減少データを一部抜粋

消費者庁も効果を認めた「機能性表示食品」で、葛の花イソフラボンが実際に脂肪を減らす実験結果も立証されているため 「お腹の脂肪が気になる」方には非常におすすめです!

「シボヘール」の公式サイトはこちら

苦労せず糖質制限ダイエットをしたい方は「メタバリアS」

FUJIFILMが開発した、信頼度MAXの「機能性表示食品」です!

メタバリアSに含まれるサラシア由来の成分を摂取することで、糖の吸収を抑え、腸内環境を整えるこができます。

「メタバリアS」の公式サイトはこちら

痩せにくい体質の方へ「RAKUBI(ラクビ)」

「ラクビ」は、生体調節機能を促進させる「短鎖脂肪酸」を生み出す元になる「腸内フローラ」を増やすサプリです。

熊田曜子さんが激やせして綺麗になった時も、このRAKUBIが使われました。腸内環境を良くすることで痩せやすくなるだけでなく、「美肌効果」や「消臭効果」もあることから幅広い年代の方が利用しています。

「ラクビ」の公式サイトはこちら

痩せるだけじゃなく、とにかく綺麗になりたい方へ「ベルタこうじ生酵素」

「麹菌」「乳酸菌」「食物繊維」「野菜・フルーツ」「脂肪燃焼成分」「美容菌」「スーパーフード」などをふんだんに盛り込んだサプリメントです。

本来それぞれを摂取するだけでも美容効果はあるのですが、このサプリのすごいところは、これら全ての成分が体内酵素活性料を増やすための組み合わせになっているところですね。

痩せれたら良いけど「お通じや美肌の方が重要」と考える方は、「ベルタこうじ生酵素」を是非、試してみてはいかがでしょうか。

「ベルタこうじ生酵素」の公式サイトはこちら