【本サイト売れ筋!おすすめ着圧レギンス・スパッツ

着圧レギンス・スパッツは、実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。

 

ダイエットをして体重は落ちたのに、上半身だけスリムになって下半身は元のまま・・!と悩んではいませんか?これでは、ダイエットした分だけ下半身太りが目立ってしまいますよね。

 

下半身が痩せない原因は、3つのタイプに分かれます。知らない間に、下半身が太る生活習慣をしているのかもしれません。

①「水太り」が原因で下半身が痩せない

まず、以下のような方は「水太り」が原因で下半身が痩せないと考えられます。

 

  • 立ち仕事やデスクワークで、あまり動く機会がない
  • 塩気の強いものが好き。ラーメンのスープは残さず飲む
  • アイスやシャーベット、冷やし中華や冷麺など冷たい食べ物が好き
  • お酒が大好き。ついつい飲み過ぎてしまう
  • 靴下の跡が残ることが多い。夕方になると靴がキツくなる

「水太り」の人は、下半身がむくみやすい

下半身がぷよぷよしている水太りの人は、身体の余計な水分を排出する機能が衰えていると考えられます。体に取り込まれた余計な水分は老廃物と一緒に静脈で運ばれますが、静脈に取り込まれなかった水分はリンパ液が回収していきます。リンパの流れが悪いと、重力の関係で脚に水分がたまってパンパンになってしまいます。ふくらはぎの筋肉が衰えていると、血液やリンパ液を押し出す能力が低下しているのでむくみやすくなるのです。

「水太り」になる生活習慣を改善する方法

水太りで下半身がむくんでいる人は、1日の水分摂取量を見直してみましょう。スポーツをして汗をかいているわけでもないのに、1日2Lもの水分を飲むのは摂りすぎです。1日の水分摂取量の目安は、食事のシロモノを含めて1.3~1.5Lになります。

次に、塩分の量を控えてみて下さい。身体に塩分が入ると、濃度を薄めようとして水分をため込む傾向があります。麺類は、スープやつゆだけではなく麺にも塩分が多く含まれています。スープは最後まで飲まず、必ず残すようにしましょう。リンパの流れを良くするため、リンパマッサージをするのがおすすめですよ。

②「脂肪太り」が原因で下半身が痩せない

以下に、当てはまる人脚の表面に皮下脂肪がたっぷり付いた「脂肪」が原因で下半身が太っていると考えられます。

 

  • 太ももやふくらはぎが柔らかく、指でたっぷりつまめる
  • 太ももや二の腕を絞ると、ボコボコとしたセルライトが出る
  • 運動が苦手で、カロリー消費量よりカロリー摂取量のほうが多い
  • 脚に力を入れても筋肉がボコっと出てこない
  • 運動をしても、足がポカポカと温かくならず冷たいまま

「脂肪太り」の人は、セルライトが付きやすい

脂肪太りの人は、新陳代謝が衰えているので糖質や脂質が燃えにくい体になっています。脂肪細胞に老廃物や古くなったコラーゲンが絡まりやすくなっていて、セルライトとなり肥大化していきます。肌の表面にゴツゴツしたセルライトがあるとウンザリしてしまいますよね。皮下脂肪は、内臓脂肪より燃やすのが難しいので下半身がなかなか細くなりません。一度出来てしまったセルライトは、撃退するのが難しい性質があります。

「脂肪太り」になる生活習慣を改善する方法

まずは、甘いものを摂取したり暴飲暴食を控えるところから始めましょう。摂取カロリーと消費カロリーを意識するところから始まります。糖質と脂質の多いケーキやクッキーを食べるのをやめて、おせんべいにしてみるのもおすすめです。夜にお腹が空いたときは野菜スティックなどを口にしてみてはどうですか?合わせて運動をするのがおすすめですが、運動が苦手な人はまずはセルライトをマッサージするところから始めてみましょう。代謝が良くなり、老廃物が流れやすくなります。ビタミンCを摂取して、新しいコラーゲンを作る手助けをすることもセルライト撃退に有効ですよ。

③「筋肉太り」が原因で下半身が痩せない

当てはまる人脚の方は筋肉太りが原因かもしれません

 

  • 学生の頃、運動をガッツリやっていた
  • ハイヒールを履くことが多い
  • 立ち仕事など、体を使う仕事をしている
  • 脚に力を入れなくてもふくらはぎの筋肉が見える

「筋肉太り」の人は、下半身が太く見える

昔、バレーボールやテニス、ソフトボールなど下半身に重心を置いたスポーツをしていた人は下半身にびっちり筋肉が付いている人が多いです。これらのスポーツをしていた人は、アウターマッスルが発達しているので脚が太く見える傾向があります。

ハイヒールを履く機会が多い人や早足の人もふくらはぎの筋肉が鍛えられるので、脚が太くなります。一度付いてしまった筋肉を減らすのはなかなか難しいので、これ以上筋肉が付いてしまうのを防ぐところから始めましょう。

 「筋肉太り」になる生活習慣を改善する方法

どうしても運動をしたい!という人は、下半身に重心を置くスポーツではなくヨガやピラティス、水泳など下半身が痩せるスポーツを始めてはみませんか?また、どうしてもヒールのある靴をはかなければならないという人はヒールが低い靴にしてみましょう。筋肉を揉みほぐして柔らかくするのも効果的です。美脚になる「コルギマッサージ」もおすすめですよ。

下半身が痩せない人は、運動量を増やそう!

「下半身が痩せない」という人には、運動量が足りないと考えられます。筋肉太りが原因で下半身が太っている人も、昔は運動をしていたけれど今はまったくしていない・・という人も居るのではないでしょうか?運動嫌いの人にもおすすめなのは、有酸素運動のウォーキングは下半身の脂肪を効率良く燃焼してくれるので、下半身ダイエットにピッタリですよ。

食事制限だけでは下半身は痩せない

ウォーキングというと、ちょっと面倒ですよね。食事制限だけで下半身が痩せるのなら良いのですが、残念ながら下半身は上半身の6倍も脂肪をため込みやすい部位になります。食事制限をすればするほど、危機を感じて脂肪をため込みますので過度な食事制限はNGになります。

下半身が痩せるウォーキングの方法

ウォーキングは20分間継続することで脂肪が燃焼すると言われていますが、ウォーキングの前に下半身痩せに効く筋トレを汗ばむ程度にすることでウォーキングを始めた当初から脂肪が燃焼してくれます。正しい歩き方でウォーキングすることで、下半身痩せの効果がますますアップしますので参考にしてみて下さいね。

 

下半身太りの原因を知って、下半身痩せを成功させましょう♡

下半身痩せを成功させたいなら、まずは自分の下半身太りの原因を知ることが大切です。原因に合った対策をすることで、下半身痩せが成功する確率がグッと上がりますよ!

 

下半身痩せに特化した筋トレとウォーキングを組みあわせることで、より早く下半身太りを解消出来ます。ウォーキングする時は、お腹とお尻の穴に力を入れて正しいフォームを意識してみて下さいね。

 

→下半身ダイエットを成功させたい方はこちら!おすすめの着圧レギンスランキング