【本サイト売れ筋!おすすめ着圧レギンス・スパッツ

着圧レギンス・スパッツは、実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。

 

食事メニューを見直して脚痩せ出来るなら、ぜひ試してみたいですよね。下半身が痩せる食事メニューを知る前に、下半身が太りやすい食事メニューを確認してみましょう。無意識で食べている食材が、下半身ダイエットの成果を出にくくしているかもしれませんよ!

むくみの原因になる食事メニューとは

塩分(ナトリウム)を摂りすぎると、身体の中の塩分(ナトリウム)濃度を薄めるために身体が水分をため込みやすい状態になります。しょっぱいものを食べると、すぐに喉が渇いて水が飲みたくなりますよね。外食で注意したい食事メニューは以下のようなものになります。

 

  • ラーメン
  • うどん
  • カレー

 

ラーメンやうどんなどの麺類は、約6gの塩分が含まれています。日本人成人男性の1日の塩分摂取量の目安は11.4g、女性は9.4gなので、1食で1日の半分以上の食塩を摂取してしまうことになります。どうしても食べたいときは、スープやつゆを残すことで塩分量を半分に減らすことが出来ますのでスープやつゆを残すのがおすすめです。

 

夏にツルツルっと美味しい素麺も、2束(約100g・1人前)食べるとラーメンと同じ6gの塩分を摂取してしまいます。こちらも、つゆは残すようにして食べ過ぎに注意しましょう。

代謝を低下させる食事メニュー

お酒やジュースなどの冷たい飲み物や、アイスクリーム・冷やし中華・冷麺・冷製パスタなどの冷たい食べ物は代謝を低下させるメニューになります。人間は、36.5~37.0℃ほどの体温で正常な代謝が行われます。体の温度が1℃下がってしまうと、細胞の機能が低下して糖質や脂質が燃焼されにくくなってしまいます。

 

また、ケーキやクッキー・チョコレートなどの砂糖が多いお菓子には白砂糖がたくさん含まれています。サトウキビが原料の白砂糖は体を冷やすので、食べ過ぎると代謝が低下してしまいます。砂糖を摂取するならば、体を温める「てんさい糖」を使用するのがおすすめです。

「むくみ」が原因の時に効果的な食事は?

塩分(ナトリウム)の摂りすぎで下半身がむくんでいる人は、脚に余計な水分が溜まっているので下半身が太く見えてしまいます。むくみを解消するのに役立つ食事メニューをご紹介します。

カリウムを多く含む食事でナトリウムを排出!

カリウムは、ナトリウムを排出する作用があります。成人男性では、1日に3000mg、女性は2,600mg必要と言われています。カリウムは、水に流されやすく熱に弱いという性質があるので生のまま食べるのがおすすめです。カリウムを多く含む食材は、

  • アボカド
  • ひきわり納豆
  • やまと芋

 

になります。

加熱しないでカリウムを摂取するには、ごはんの上にスライスしたアボカドをのせ、すりおろしたやまと芋とひきわり納豆をのせた「アボカド納豆とろろ丼」がおすすめですよ。

デトックスウォーターで老廃物を撃退!

体の老廃物を一掃してくれるデトックスウォーターは、ダイエット中の水分補給にピッタリです。バナナ・キウイ・メロンなどカリウムを多く含んだ果物を使ったデトックスウォーターなら、ナトリウムを排出してくれるのでむくみを解消してくれます。カリウムは水に溶けやすいですが、デトックスウォーターなら溶け出たカリウムを摂取できるので余すことなく栄養を吸収出来ます。

「セルライト」が原因の時に効果的な食事は?

糖質を摂取すると、血糖値が上昇してインスリンが分泌されます。ブドウ糖が中性脂肪に変換されて、血糖値を低下させるのです、変換された中性脂肪は、エネルギーとして使われますが使用されなかった中性脂肪はそんおまま体にため込まれてしまいます。

糖質をエネルギーに変えるビタミンB1

糖質をエネルギーにするには、ビタミンB1が欠かせません。ビタミンB1は、豚肉に多く含まれています。甘いモノを食べ過ぎて糖分を摂取しすぎたなと思ったら、豚肉を使った食事メニューがおすすめです。豚肉の脂が気になる人は、焼肉のタレに漬けこんで網焼きにするなど「焼く」調理法にすることで脂の量を減らせますよ。

セルライトを予防するビタミンC

セルライトは、脂肪細胞が大きくなって体の中の老廃物をため込んだものになります。古くなったコラーゲンもセルライトに絡みついてますますセルライトが肥大化していきます。セルライトを小さくするためには、まず絡みついた古いコラーゲンを排除したいですよね。それには、新しいコラーゲンを生成するのが有効です。コラーゲンを作るときにはビタミンCが必要です。アセロラやキウイ、赤ピーマンなどビタミンCを多く含んだ食べ物でコラーゲンの生成を促しましょう。

「代謝の衰え」が原因の時に効果的な食事は?

代謝が衰えると、糖質や脂肪が燃焼されにくくなり痩せにくい体になります。また、血液やリンパの流れが停滞するのでむくみやすい体質になり、足が太くなってしまいます。代謝をアップさせることが下半身痩せを成功させるポイントなので、ヨウ素を多く含む食事メニューや体を温める食材を摂取しましょう。

代謝速度を調整する「ヨウ素」を含む海藻類

ヨウ素が体内に取り入れられると、甲状腺ホルモンが生成されて基礎代謝を活発にしてくれます。ヨウ素は、昆布やワカメなどの海藻類や卵、にんにく、大根葉に多く含まれています。ワカメサラダなどの海藻サラダや大根葉とワカメを具にした昆布だしのみそ汁などがおすすめです。

体を温める食材で基礎をアップしよう

人間は、36.5~37.0℃ほどの体温になると新陳代謝が活発になります。普段から、体を冷やさないよう体を温める食材を意識して摂取しましょう。

 

  • 唐辛子
  • 生姜
  • ねぎ
  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • ニラ
  • かぼちゃ
  • さつまいも

 

などは体を温めてくれる食材です。夏でも、冷房による冷えで代謝が衰えないようにこれらの食材を食べることが大切です。

食事をかえて、効率的にダイエットしましょう♡

下半身が痩せる食事メニューは、特別な食材や値段が高い食材を使うわけではないので直ぐにでも始められそうですね。これらの下半身痩せする食事メニューを意識して摂取することは大切ですが、塩分を摂りすぎないように気を付けたり体を冷やす食事をしないことも下半身痩せを成功させる秘訣になります。

関連記事