【本サイト売れ筋!おすすめ着圧レギンス・スパッツ

着圧レギンス・スパッツは、実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。

下半身が痩せにくいのは、骨盤が歪んでいるのかも・・

今まで様々なダイエットに挑戦したけど、なかなか下半身が痩せない!という人は、もしかしたら骨盤がズレているのかもしれません。骨盤が歪んでいると、内臓の位置が下がってしまうので下腹がポッコリ出てきてしまいます。また、骨盤内の血液やリンパの流れが滞るので冷え性になったり脂肪が燃焼されにくくなってしまいます。

注意!骨盤が歪みやすい人特徴

骨盤が歪んでいると、下半身がむくみやすくなったり肩こりや腰痛・便秘や生理痛の症状が出ることがあります。人から「姿勢が悪い」と指摘されたことがある人や、O脚やX脚の人は骨盤がズレている可能性が強いで、骨盤矯正体操で骨盤を矯正しましょう。

 

  • 座るときに脚を組んでしまうクセがある
  • ショルダーバックを毎回同じ肩にかけてしまう
  • デスクワークで長時間座っていることが多い
  • 猫背で前傾姿勢になっている
  • 出産をしたことがある
  • 身体に合わないサイズの下着を付けている
  • 食事の時に片方の歯で噛む習慣がある

骨盤を矯正すれば、下半身が細くなる

骨盤を矯正すると、下がっていた内臓が元の位置に戻るのでポッコリしていた下腹がスッキリと引き締まってきます。内臓の機能が向上するので、消化吸収や蠕動(ぜんどう)運動が活発になって便秘が解消されます。

 

溜まっていた便が排出されることで、ますますお腹がスリムになりますよ。

骨盤がズレていると下半身が太りやすいのはなぜ?

骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れが悪くなるので新陳代謝が衰えていきます。老廃物である脂肪が排出されずにため込まれるので、皮下脂肪であるセルライトが肌の表面に表れやすくなります。セルライトは一度出来てしまうと解消するのに時間がかかる厄介な代物です。身体の余計な水分も排出されにくくなるので、むくみやすくなり下半身が太くなります。

仙腸関節(せんちょうかんせつ)が歪むと猫背や反り腰になりやすい

骨盤が歪んでいる人の80%gが仙腸関節(せんちょうかんせつ)が歪んでいると言われています。仙腸関節(せんちょうかんせつ)が歪むと、左右の骨盤のどちらかが上がってどちらかが下がった状態になったり前傾や後傾ぎみになります。骨盤が前傾すると反り腰になり、後傾するとバランスを取ろうと上半身を前方に傾けるようになるので猫背になります。猫背や反り腰になってしまうとリンパや血液の循環が滞るので、むくみやセルライトの原因になります。

大転子(だいてんし)が歪むと下半身太りの原因に

大転子(だいてんし)は、脚の付け根の外側にある出っ張りのある骨になります。骨盤ではなく、脚の付け根の骨になりますが骨盤や歪み、股関節がゆるんでしまうと大転子(だいてんし)が外側に張り出してしまうのです。この部分に脂肪が付いてしまうことで、お尻や太もも全体がポッコリとボリュームアップしてしまいます。骨盤の歪みを取り、大転子(だいてんし)を元の位置に戻すことでウエスト・ヒップ・太もものサイズを大幅にダウンすることが可能です。

自宅で出来る!骨盤を矯正する体操

骨盤を矯正するには、整体に行くのが一番ですが時間もお金もかかりますよね。まずは、自宅で出来る骨盤矯正にチャレンジしてみませんか?好きな時間に骨盤矯正が出来るので、無理なくつづけられますよ。

骨盤矯正体操

  • ①床に座り、両足の裏を合わせて両手でつま先を持ちます。
  • ②30秒ほど腰を上下に揺らします。
  • ③立ち上がって左手を壁に付き、左足を前にクロスさせます。
  • ④右手で右の足のつま先に触れます。
  • ⑤④を20回繰り返したら、右側も同様に行います。
  • ⑥仰向けになって膝を立て、腰を左右に揺らすのを10回繰り返します。

 

骨盤歩き

  • ①床に座って両足を宙に浮かせます。
  • ②そのまま前に進みます。

 

骨盤歩きには骨盤を矯正する効果の他にも便秘解消やインナーマッスルを鍛える効果があります。「お尻歩き」とも言われていて、ウエストにくびれを作ったり、ポッコリお腹も解消してくれますよ。

 

骨盤の歪みを矯正して、下半身ダイエットを成功させましょう!

下半身ダイエットに挑戦して何度も挫折している人は、骨盤の歪みを疑ってみましょう。自宅で骨盤矯正体操や骨盤歩きをすることで、血液やリンパの流れが良くなり下半身のむくみやセルライトが解消されやすくなります。骨盤ベルトや着圧スパッツも効果がありますので、忙しい人や骨盤矯正効果を早く実感したい人はぜひ試してみて下さいね。

 

→骨盤矯正をしたい方はこちら!おすすめの着圧レギンスランキング