下半身太りの原因!むくみ太り?脂質太り?

下半身痩せを成功させるには、まずは下半身太りの原因を知る必要があります。以下のチェック項目を確認して、自分が「むくみ太り」なのか「脂質太り」なのかを知りましょう。自分に合った漢方薬を飲むことで、体質を改善してスラリとした下半身を目指しましょう!

 

※記事を読む時間はないけど、下半身ダイエットに取り組みたい方には履くだけで大根脚が美脚に変身すると話題の「パエンナスリム」がおすすめです!(在庫が少なくなっているようなので購入はお早めに!

累計販売枚数15万枚!履くだけでモデルのような美脚になれるパエンナスリム♡

パエンナスリム

  • 通常:3,980円
  • 3枚セット: 1,190円(送料無料)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 素材:ナイロン 90% ポリエステル 5% ポリウレタン 5%
  • 返金保証・特典:商品到着後、10日以内(不良品、欠品に限る)
  • メーカー:ビアンカ

おすすめポント

パエンナスリム多くの人気雑誌で掲載され、SNSでも話題の加圧式脂肪燃焼レギンスです♡累計販売枚数15万枚の人気商品で、履くだけで大根脚が美脚に変身♡履くだけで体重が5キロも落ちた方や脚の太さが7cm細くなったなど、驚く効果!また骨盤の歪みを360度全方位から矯正します!あなたもモデルようなスラッとした脚になってみませんか?

【あわせて読みたい】

下半身むくみ太りの人のチェック項目

  • 夕方になると靴下の跡が付いている
  • 冷え性である
  • 便秘がちである
  • 塩気の濃いものが好き
  • 夕方になると靴がキツく感じる
  • トイレを我慢することが多い

下半身脂質太りの人のチェック項目

  • セルライトがある
  • 体脂肪が高い
  • 足に力を入れても筋肉が見えない
  • 運動は好きなほうではない
  • 食事制限をしても体重が落ちにくい
  • 消費カロリーよりも摂取カロリーが多い

漢方で体質改善して皮下脂肪を撃退しよう

一般的なダイエットは、食事制限をして摂取カロリーを制限したり、運動をして脂肪を燃焼させて体重を落とします。しかし、漢方ダイエットは体重を落とすのが目的ではなく、体質を改善して痩せやすい体になることを目指しています。

筋トレと有酸素運動が大切

漢方ダイエットは、漢方薬を飲んでみるみる脚が細くなる!というような魔法の薬ではありません。あくまでサポート的な役割なので、筋トレと有酸素運動をすることをおすすめします。

ウォーキングやジョギングは体脂肪の燃焼に有効ですが、「下半身痩せ」のような部分ダイエットには不向きなので、下半身痩せのエクササイズや筋トレと組み合わせて行いましょう。また、ウォーキングやジョギングの前に筋トレをすることで、脂肪が燃焼されるスイッチが入るのが早くなります

糖質制限ダイエットと併用しよう

摂取カロリーを減らせば次第に痩せていきますが、大事な筋肉まで衰えてしまいます。筋肉が衰えてしまうと代謝が下がるので、血液やリンパが停滞してむくみやセルライトが出来る原因になってしまいます。糖質や炭水化物を減らすことで脂肪が燃焼されやすくなります。

 

筋肉の衰えを防ぐために、脂質が少ないタンパク質を多く摂取するようにしましょう。糖質ダイエットと漢方ダイエットを組み合わせることで相乗効果となり、早期に下半身ダイエットの効果が出ることが期待出来ます。

漢方薬で下半身のむくみを解消

血液やリンパの流れが滞っていると、ふくらはぎがパンパンになって脚が太く見えます。下半身のむくみ解消エクササイズやリンパマッサージがおすすめですが、血液やリンパの流れを改善する漢方薬があるのでご紹介します。

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

身体に水分をため込みやすく、むくみやすい人におすすめの漢方薬です。水分代謝を促し、余計な水分を排出してむくみを軽減する作用があります。膝に水が溜まりやすい人や多汗症の人にも処方される漢方薬です。

五苓散(ゴレイサン)

水分代謝が上手くいかずむくんだり、口が乾いたり尿の量が減少している人の症状を緩和するために用いられる漢方薬です。むくみだけではなく、めまいや頭痛、下痢、急性胃腸炎の治療薬としても使用されます。

漢方薬で余計な脂肪を排出しよう

下半身は、お腹の次に痩せにくいパーツだと言われています。人間は末端から痩せていくので体の中心であるお腹が一番痩せにくいのです。また、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて燃焼しにくいと言われています。そこで、漢方薬に身体に付いてしまった余計な脂肪を燃焼するサポートをさせて下半身のスリムダウンを目指しましょう!

防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

代謝を活性化して、脂肪が燃焼されやすい状態にしてくれる漢方薬です。ニキビや便秘の改善にも効果があるので、お通じが無くて下腹がポッコリしているという人におすすめです。肩こりや湿疹、高血圧に伴う動機の治療薬としても使用されています。

大柴胡湯(ダイサイコトウ)

脇腹からみぞおちの辺りが張って苦しい人や、便秘がちな人に処方される漢方薬です。脂肪が吸収されるのを抑えて肝臓での脂質の代謝を促してくれる働きがあります。肝臓で脂肪を燃焼した後は、大腸で再吸収される前に排出してくれるので余計な脂肪が身体に溜まるのを防いでくれます。胃炎や肥満症、神経症などの症状の人にも使用されています。

まとめ

漢方薬で下半身痩せを成功させるには、まずは自分の下半身太りの体質を知る必要があります。自分の症状に合った漢方薬を服用することで、下半身痩せしやすい体質になります。しかし、漢方薬は飲んで直ぐに痩せるといった薬ではありません。

 

あくまでダイエットをサポートする役割だということを意識して、運動やエクササイズ・食事制限などを上手に取り入れましょう。漢方薬は、医療機関や漢方薬局・ドラッグストアなどで入手することが可能です。また、漢方薬は市販の薬と併用すると副作用が出やすくなります。現在お薬を飲んでいる人は、薬剤師にお薬手帳を見せて併用可能かどうか相談してから購入するのが良いでしょう。