【本サイト売れ筋!おすすめ着圧レギンス・スパッツ

着圧レギンス・スパッツは、実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。

 

「ダイエットしても太ももやふくらはぎが思うように細くならない」「脚やせしたいけど効果的な方法がわからない」「自分に合った脚やせの方法を知りたい」こんな悩みを持つあなたへ、短期間でしかも効果が出ると評判の脚やせダイエット方法を大公開しちゃいます!

 

脚が太くなっている原因を知りそれに合った正しい方法を実践していくことで、短期間で脚やせすることは十分可能です。さあ、あなたもあこがれの美脚を手に入れましょう。

あなたの脚が太くなっている原因

脚が太いといってもその原因は人それぞれです。まずはなぜ脚が太くなってしまったのかについて知ることから始めましょう。

「むくみ」が原因

「オフィスワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多い」「寝不足で肩こりがひどい」「冷え性」「運動不足で汗をあまりかく習慣がない」「夕方になると靴がきつくなる」こんな症状が思い当たる場合はむくみが原因かもしれません。

 

ふくらはぎをを指で5秒ほど押してみてすぐに戻る場合は問題ありませんが、10秒以上へこんだままの場合はむくみがある証拠です。このようなむくみで脚が太くなっている人は、マッサージなどで血行をよくして代謝を高めていきながら、筋トレなどを取り入れていくことが大切です。

「脂肪」が原因

「食べすぎで毎日の摂取カロリーが多い」「太ももやひざの周りにお肉がたくさんついていてたるんでいる」「運動不足で脚に力を入れても筋肉が見えない」なんて場合は脂肪が原因と言えるでしょう。

 

このような脂肪がついている人の脚やせには、食事を改善しながら筋トレや有酸素運動を取り入れていくことが大切です。

「筋肉」が原因

「運動や身体を動かすことが好き」「以前スポーツをしていたが最近はしていない」「脚に力を入れなくても筋肉が見える」「肉が硬くつかみにくい」「脚を鍛えても細くならずに太くなってしまう」などに当てはまる場合はいわゆる「筋肉太り」です。

 

筋肉太りでカチカチに硬くなった脚を細くするにはまず柔らかい状態にすることが大切です。
エクササイズや筋トレなどで筋肉を引き締めるのではなく、マッサージで筋肉をほぐすことが脚やせへの第一歩となります。

お悩み解消!誰にでも効く脚やせマッサージとは

むくみや脂肪、そして筋肉太り全てのタイプの方にまず行って欲しいのがマッサージです。もみほぐすことにより代謝が活発になり、血行やリンパの流れがスムーズになることでむくみを解消することができます。老廃物がたまりやすい足裏からスタートして太ももの付け根までマッサージしていきます。まずは右足から行ない終わったら左足も同じように行いましょう。

老廃物が溜まりやすい「足裏」

老廃物がたまっている足裏は皮膚が硬くマッサージは痛みを伴うこともありますが、ほぐれていくと徐々に痛みも和らぎ、皮膚も柔らかくなってきます。はじめは痛くてもしっかりとマッサージしてほぐしていきましょう。

 

  1. 長座の姿勢で座り右足の各指の間に左手の指を入れて組みます。
  2. 指を組んだ状態で足首を右周り10回、左回り10回それぞれぐるぐると回します。
  3. 左手でげんこつを作り、右足の裏全体を上下にゴリゴリとマッサージします。(20回程度)
  4. 両手で右足首をつかみ雑巾を絞るように左右を前後に回します。(20回程度)

疲れたふくらはぎを揉みほぐす

  1. 足首から膝にかけてふくらはぎを雑巾を絞るように両手でマッサージします。ふくらはぎが柔らかくなるまで20~30回程度行います。
  2. 次に左手の親指を使い右足の内側、くるぶしの延長線上を足首から膝にかけてゆっくりと強めにさすります。(20回程度)
  3. 膝を立てて、膝の裏(ふくらはぎの一番太い部分)を両手の親指で気持ちの良い程度に10回ほどグーっと押します。

太ももから脚の付け根までしっかりと揉みほぐす

  1. 両手をグーにして、膝の上から太ももの付け根にかけてゴリゴリとマッサージします。これを太ももの前後左右でそれぞれ10回ずつ行います。
  2. 手の指で筋肉をもみほぐすように、また脂肪をつまんではじくようにマッサージします。
  3. 全体的に柔らかくなったら両手で雑巾を絞るようにマッサージします。
  4. 最後に脚の付け根(そけい部)を親指の腹を使ってまんべんなく押しほぐします。

「むくみ」「脂肪」が原因で太いタイプの脚やせ運動&エクササイズ

1週間で効果のあるエクササイズ

太ももの衰えた筋肉を効果的に鍛えて、むくみも改善できる簡単エクササイズをご紹介します。即効性があり、始めてすぐに「あ、効いてるかも!」と実感できるはずです。

足パカエクササイズ

仰向けになり脚を開いたり閉じたりして太ももの筋肉を中心に鍛えるエクササイズ。
簡単なのに脚のたるみやむくみを効率よく改善できて、しかも即効性があるので、脚やせをすぐに実感できる嬉しいエクササイズです。

 

  1. 固い床の上で仰向けになり、手は横に伸ばすかお腹の上におきます。
  2. 両脚を床と垂直になるように(L字型)天井に向かって真っすぐに伸ばし、両かかとをつけてつま先を外側に向けます。
  3. つま先を伸ばし息を吐きながら大きく左右に開脚し、限界まで開いたらそこで5秒間キープ。
  4. 息を吸いながら太ももの内側に力を入れる感じでゆっくり閉じます。

 

この動作を30回以上繰り返し行います。

ペットボトルエクササイズ

水を入れた500mlのペットボトルと椅子をを使ったエクササイズ。中に入れる水の量は最初は少なく、慣れてきたら徐々に増やすなど、水の量を調節することで負荷を加えたり減らしたりできるので、自分のペースに合わせることができます。

 

  1. 椅子に浅く座って脚をそろえます。
  2. 両足の間にペットボトルを置き、足首のあたりで挟みます。
  3. 手は椅子の側面をしっかりと持ち、上半身を支えます。
  4. ペットボトルを足で挟んだまま脚を伸ばし、床と平行になるまでゆっくりと両脚を持ち上げて5秒間キープ。
  5. ゆっくり脚をおろします。

 

この動作を10~15セット行います。

1ヶ月で効果のあるエクササイズ

1ヶ月というまとまった期間があれば、本格的に脚やせに取り組むことができます。ここでは今世界中でブームとなっている、継続して行えばかなり効果の期待できるエクササイズをご紹介します。

スクワットチャレンジ

スクワットチャレンジとは、スクワットのみでウエストを細く、太ももを引き締め、ヒップアップもさせるというハリウッドセレブやモデルの間でも人気のダイエット法。短期間で脚やせなど下半身やせができると評判が高く、アメリカをはじめ世界中でブームとなっています。

 

スクワットチャレンジは、1ヶ月間行うダイエット法で、初日に50回からスタートして、徐々に回数を増やしていき、30日目には250回のスクワットを達成するというもの。1日目50回、2日目は55回、3日目は60回スクワットをして、4日目はお休み、これを1クールとします。

 

この回数は一度にまとめて行うのではなく、一日のうち数回にわけて行うので、テレビを見ながらや、隙間時間に少しずつ行っていくと以外にあっさり達成することができるようです。

 

なお、3日坊主で終わりそう…と不安な人は、30日間スクワットチャレンジ専用のスマホアプリがいくつかあるので、活用してみてくださいね。

「筋肉」が原因で太いタイプの脚やせ運動&エクササイズ

筋肉が硬い状態で負荷のかかるエクササイズをするとさらに筋肉がついて太くなってしまう恐れがあります。筋肉太りの脚を細くするには、マッサージなどで筋肉を柔らかくしたあと、さらに筋肉をほぐすエクササイズを行いましょう。

股関節をほぐす

  1. 仰向けに寝る。
  2. 膝を折り曲げて両手で胸の前で抱え、しばらくの間リラックス。
  3. 左右の膝にそれぞれ手を置き脚を開き、円を描くように脚の付け根からぐるぐると回す。
  4. 内回り30回、外回り30回ほど行い、股関節をほぐしていく。

脚全体をほぐす

  1. 長座の姿勢で床に座ります。脚の力は抜いてリラックスします。
  2. かかとを床につけた状態で、脚を床に軽く叩きつけるようなイメージで、脚をバタバタと動かします。筋肉が揺れてほぐれていくのを意識して行いましょう。

有酸素運動を取り入れよう

筋肉がついてしまった太ももを細くするためには、軽めのジョギングやウォーキングなどのゆったりとした有酸素運動が効果的です。

 

筋肉には激しい運動で鍛えられる「速筋」とゆるい運動で鍛えられる「遅筋」があります。
速筋は瞬間的に大きなちからを発揮する筋肉で、陸上の短距離選手などがあげられます。
一方遅筋は、長い時間力を維持する筋肉で、有酸素運動のように長い時間、力を維持するために使われる筋肉なので、マラソン選手などがあげられます。

 

筋肉太りは「速筋」が発達していることが原因なので、遅筋を鍛えるゆるい有酸素運動が効果的なのです。

有酸素運動で脂肪を燃焼させよう

脂肪を燃焼させるためには、運動をして酸素を体内に取り込むことが必要です。酸素をたくさん取りこむためには、長い時間運動を続ける有酸素運動が効果的です。

自転車で美脚を手に入れる

自転車に乗って長い距離をこぎ続けるのはまさに有酸素運動です。
また、自転車をこぐ動作は効率よく脚を動かすため、太ももについている脂肪を燃やし筋肉を鍛えることができます。そして、ペダルの動きに合わせることによりふくらはぎの余分な脂肪を燃やすことができます。

 

さらに、自転車をまっすぐ走らせるためには姿勢よくバランスを保ってこぐ必要があるため、左右の筋肉を均等に使うことにより、左右対称に身体のバランスを整えることができます。

ウォーキングで引き締まった脚を手に入れよう

身体に大きな負荷がかからないウォーキングは、運動が苦手な人でも手軽に始められ効果も期待できるおススメの有酸素運動です。長時間続けても身体に負担がかかりにくいのでムキムキに筋肉がつく心配もなく、キレイに適度な筋肉をつけたい女性のダイエットには最適です。

 

ウォーキングをする上で最も重要なのは「正しい姿勢を保つ」こと。
姿勢が悪い状態でウォーキングを行うと思ったような効果が得られないばかりか、余分なところに筋肉がついてしまうなんていうことも!

 

まず身体の中心軸「体幹」を意識して、立った時の姿勢を正しましょう。ポイントは「左右の肩の高さをそろえる」「耳から肩・腕・腰・足が一直線になる」こと。そして、歩く時のポイントは「かかとから着地する」「ひざの後ろをまっすぐに伸ばす」「腕を上腕から大きく後ろに引く」という点です。

 

まずは30分間、慣れてきたら徐々に時間を延ばし1時間程度続けることが理想的です。

脚痩せに効果的!注目のダイエットグッズ

マッサージオイル

マッサージをする際にマッサージオイルやクリームを使用することで、皮膚の表面を保護し、すべりが良くなることでリンパ液を流しやすくなり、マッサージ効果が高まります。
また、肌に潤いを与える保湿成分や美容液が含まれているマッサージオイルやクリームを使用することにより、美肌づくりにも役立ちます。

お気に入りのアロマなど香りがプラスされたものを使用すれば、リラックス効果も得られてより効果的です。

マッサージグッズ

マッサージはお風呂上りなどに毎日欠かさず行うことが理想ですが、手で行うのは疲れてしまう、面倒だという人には、ローラーや指圧棒のようなマッサージグッズを使用すると少ない力で大きなマッサージ効果を得ることができます。

 

また、仕事が忙しくて時間が取れない、疲れていて自分でマッサージする気力がない、という人はマッサージ機がおすすめ。お風呂上りにスキンケアをしながらマッサージ機を使用するなど、他のことをしながら使用できるため、時間を有効に使えて忙しくても毎日続けることができます。それなりに費用はかかりますが、確実に脚やせ効果を高めることが出来るアイテムです。

着圧タイツ・レギンス・スパッツ

加圧効果のあるタイツやレギンス、ソックス、ストッキングやスパッツなどの脚やせアイテムは、履いているだけでむくみ解消や脚やせ効果が期待できます。忙しい人や運動が苦手な人にとっては嬉しいアイテムです。マッサージやエクササイズと上手に併用して、脚やせ効果をさらに高めていきましょう。

身体の中から変えていこう!脚やせに効果的な食品

「カリウム」を摂取する

脚が太くなる原因の一つである「むくみ」は水分が溜まった状態。水分が溜まる原因は「塩分」の影響が大きいため、体内に溜まってしまった水分の排出を助ける「カリウム」を摂取することで、むくみを軽減することができます。

 

カリウムは水に溶けやすく熱に弱いため、サラダなどに入れて食べると効率よく摂取することができます。火を通す場合は調理時間を短くするなどの工夫をしましょう。

「水」を飲んでむくみを解消しよう

水を飲むのははむくみの原因だと思われがちですが、実は人間の身体は水分が不足すると水分を溜め込んでしまうため、むくまないようにするためにも水を飲んで流すことが大切です。

水分補給におすすめなのは「常温の水」

暑い時はつい氷の入った冷たい水が欲しくなりますが、身体を冷やしてしまうため、できれば常温の水が良いでしょう。

コーヒーや紅茶などカフェインの入った飲み物は、体内から水分を排出するカフェインの利尿作用により、水分を体内にため込もうとするため、むくみの原因になってしまいます。
また、ジュースやスポーツ飲料などは飲みすぎると糖分や塩分の摂りすぎになってしまうため、注意が必要です。

どのくらいの量を摂ればいいの?

水を飲むことが効果的だとは言え、大量に飲みすぎるのは冷えやむくみの原因となるため、注意が必要です。1日の目安は体重×30mlと言われていて、体重50kgなら1.5リットルほどになります。
この量の水を1日に数回に分けてこまめに摂取することがポイントとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?なぜ脚が太くなっているのかを知り、それに合った方法を見つけて実践していくことが、脚やせを成功させるための近道です。まずは1週間、1ヶ月、など目標を決めて、ぜひ実行してみてくださいね!

 

→脚やせをしたい方はこちら!おすすめの着圧レギンスランキング