ムース【ケーキ・チョコ】の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

ひんやりしていてやわらかい食感のムース。ムースは、泡という意味があり、卵白や生クリームをあわ立てたもので、口どけが滑らかでふんわりとしています。そんなムースは、ダイエット中に食べても良いのでしょうか。カロリー量や糖質量、ダイエット中に食べる時の注意点などをご紹介します。

 

ムースは、果汁などで作ったピューレやシロップにあわ立てた生クリームを加え、ふんわりとした食感に仕上げることができます。ムースによく似たスイーツで、ババロアがありますが、ババロアは卵、牛乳などをゼラチンで固めたもので、プリンに近い弾力があります。材料にさほど変わりはありませんが、製法と食感に大きな違いがあります。

 

今回は、ムースケーキと、チョコレートムースのレシピを参考に見てみましょう。

 

【ムースケーキ】

スポンジ部分

  • 卵 2個
  • グラニュー糖 40g
  • 薄力粉 40g
  • 無塩バター 20g

 

ムース

  • グラニュー糖 30g
  • 牛乳 100g
  • レモン汁 大さじ1
  • ゼラチン 6g〜8g
  • 生クリーム 100g

 

【チョコレートムース】100cc4〜5個分

 

  • 板チョコ 60g
  • グラニュー糖 30g
  • 牛乳 200cc
  • 生クリーム 200cc
  • ゼラチン 5g
  • 水 大さじ2

 

レシピによって様々ですし、ゼラチンを使わないものや、卵黄を入れて作るものからムースには幅広くありますのであくまで目安としてください。

ムース【ケーキ・チョコ】のカロリー量

先ほどのようなムースケーキのレシピの場合のカロリー量は、1切れあたり約160Kcal〜約200Kcalほどとなっています。上記のレシピを見てわかるように、ケーキの場合は中にスポンジが入っていたり、ムース自体にも生クリームやゼラチンが使われていますので、カロリー量は高くなります。

チョコレートムースの場合は更に増え、カロリー量は300Kcalにもなる場合があります。味付けやレシピによっても前後してきますが、どちらにしても低カロリーとは考えにくいスイーツです。

ムース【ケーキ・チョコ】の糖質量

ムースケーキの糖質量は、1切れあたり約15〜20g、チョコレートムースの場合は25g前後になると言われています。

糖質制限中は、1食あたり30gに抑えるのが理想を言われていますので普通の食事プラス、ムースを食べてしまうと、糖質オーバーになってしまいます。こちらもカロリー同様、決して低糖質とは言えません。

 




ムース【ケーキ・チョコ】のダイエット効果

ムースにも色々レシピはありますが、甘味料をグラニュー糖ではなくハチミツにしても良いでしょう。

ハチミツには、カルシウムやマグネシウム、鉄分、ビタミン、ミネラル分やオリゴ糖も多く含みます。これにより、腸内環境が整えられ便秘解消にも繋がります。

 

また、ムースの中でもフルーツやチョコレートではなく、チーズやヨーグルトを使ったムースはカロリーや糖質も抑えられ、更に乳酸菌には腸内環境を整える効果だけではなく、糖を分解してくれる働きもあります。

ダイエット中なのに、夜にお腹が空いてしまったり寝る前に甘いものが食べたくなったりします。

 

ハチミツは脂肪燃焼しやすい、夜に摂るのが良いと言われています。そんな時にこそ、ハチミツを使ったヨーグルトムースを食べると更にダイエット効果も期待できるでしょう。

ダイエット中にムース【ケーキ・チョコ】を効果的に食べる方法

低糖質なムースを手作りしよう

ムースにも様々な作り方がありますが、自宅で簡単に低糖質なムースを作ることができます。生クリームの量を減らし、牛乳ではなく豆乳に置き換えたり、天然甘味料のラカントや、パルスイートといったカロリー0の甘味料を使うとカロリーや糖質、更には脂質まで抑えることができます。先ほどご紹介した、ハチミツも良いでしょう。

 

更に、チョコレートではなくココアパウダーを使えばチョコレート風味のムースを楽しむこともできますし、バニラエッセンスを加えると更に香りも増して、より美味しくなります。

このように、材料を置き換えれば糖質制限中でも美味しいムースケーキやチョコレートムースを食べることができます。

 




ムース【ケーキ・チョコ】をダイエット中に食べる時の注意点

①少量で抑えるようにする

ムースはババロアと違って、食感も軽くふんわりしているので食べ応えがあるスイーツとは言えません。

満足感が得られず、つい何個も食べてしまいたくなりますが、いくら低糖質に作ったとしても食べ過ぎていては意味がありませんので、意識して少量で抑えるようにしましょう。

②低カロリー、低糖質なムースを選ぶ

自分で低糖質なムースを手作りしたり、先ほどもご紹介したように、食べる時間や方法を意識してみましょう。最近では、コンビニやネットでも低糖質スイーツが簡単に手に入るようになっていますのでうまく活用すると良いでしょう。

低カロリー・低糖質なムース【ケーキ・チョコ】でダイエットを成功させよう

ケーキ屋さんで売られているムースケーキや、チョコレートを使ったムースは、基本的に砂糖や生クリームがたくさん使われていることが多く、糖質制限中には向いていないスイーツです。しかし、材料を変えて自分で手作りしたり、低糖質なものを活用すれば、ダイエット中でも安心してムースを食べることができますのでおすすめです。ぜひ、試してみてください。

 

【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加