【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

チョコチップクッキーの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的食べ方を解説!

昔ながらの素朴な味で、子供から大人まで幅広く愛されるチョコチップクッキー。ザクザクしたものからしっとりしているものとあり、違った食感を楽しめるお菓子の1つです。簡単に作れたり、手軽に買うことができるのでついつい手にとって食べてしまいますよね。そんなチョコチップクッキーはダイエット中に食べても問題ないのでしょうか。カロリー量や糖質量、ダイエット中に食べる時の注意点などをご紹介します。

 

約12枚分

 

  • バター(無塩、有塩どちらでも可) 100g
  • 薄力粉 180〜200g
  • 砂糖 75g
  • 卵 1個
  • チョコチップ(お好みで板チョコを砕いても良い) 100g

 

チョコレート味の場合

  • ココアパウダー 30g

チョコチップクッキーのカロリー量

チョコチップクッキーのカロリー量は、レシピによって異なりますが、1枚あたり約40〜50Kcalとなっています。

主にプレーン味のものと、ココアパウダーを使ったチョコレート味のものとありチョレート味になると50〜60Kcalと、さらにカロリーは上乗せされるの注意が必要です。

チョコチップクッキーの糖質量

糖質量は、1枚あたり約5〜7gとなっており、こちらもチョコレート味になると7g〜10g程になるので決して低糖質とは言えません。1枚では物足りず、3、4枚食べてしまいがちです。でもそれだけで、糖質制限中の目安となる糖質量をオーバーしてしまいますので少量でとどめておくようにするのが理想です。

また、しっとりしたクッキーの場合はホットケーキミックスを使ったり、サラダ油が使われていることが多いので、その分カロリーや、脂質まで多くなってしまいますので覚えておきましょう。

チョコチップクッキーのダイエット効果

チョコチップクッキーは、基本的に高カロリー、高糖質となるため糖質制限には向いていません。しかし、チョコレートやココアパウダーには、美容に効く成分や、ダイエット効果を発揮する成分が豊富に含まれていますのでいくつかご紹介します。

カカオマスポリフェノールは血圧を下げる効果

ココアと聞くと、甘いココアを想像するかと思いますが、市販で売られているココアには砂糖などが入っています。

何も加えられていない、いわゆるピュアココアは、実は低カロリーでダイエット効果も期待できる成分が入っています。その中でも、カカオマスポリフェノールが豊富に含まれており、血圧を下げる効果があります。

これにより、血管が広げられるので血流が良くなって体の代謝が上がります。そうすることで、脂肪がつきにくくなり体の中に蓄積された老廃物を流す効果もあります。チョコレートにも同じ成分が入っていますが、チョコレートは、カロリー0やカカオ70パーセント以上の物を選ぶようにしましょう。

テオプロミンに食欲を抑える効果

ココアには、テオブロミンという成分が含まれています。テオブロミンは、セロトニンを作り出すための成分ですが、人間はセロトニンが分泌されているとき、幸福感や充実感を感じるのです。その働きを利用すれば、甘いものが食べたくなった時にチョコチップクッキーを食べたり、ココアを飲むと食欲を抑えることができます。うまく活用して、暴飲暴食を抑制しましょう。

ダイエット中にチョコチップクッキーを食べる時の効果的な食べ方

低糖質クッキーを手作りしよう

最近では、スーパーやコンビニで多く見かける低糖質スイーツは、材料を変えるだけで自宅でも簡単に作ることができます。薄力粉の代わりにおからを使って、おからクッキーにしてみたり、上白糖ではなく三温糖やカロリー0の天然甘味料を使えば、一般的なチョコチップクッキーに比べると、カロリーや糖質量が大幅に抑えられます。

おからを使う際は、薄力粉と違ってパサついたり、うまくまとまらなかったりするので、植物性のオリーブオイルなどを入れてしっとりさせるとうまく作ることができます。オリーブオイルには、不飽和脂肪酸といって血中コレステロール値を下げる働きもありますので、ダイエット中でも安心して摂り入れられます。

ダイエット中にチョコチップクッキーを食べる時の注意点

①少量で抑えましょう

ついつい手が出てしまいがちなチョコチップクッキーですが、たくさん食べてしまっては完全にカロリーオーバーになってしまいます。少量で抑えるように意識しましょう。上記で紹介したように、ココアには食欲を抑える効果がありますので、クッキー1、2枚と一緒にココアを飲めば、食べたい欲求を抑えることもできます。

②成分表示に目を向けましょう

手作りクッキーの場合は、自分で低糖質な材料を使ったりすることができますが、お店や市販のクッキーの場合は、箱の裏に書いてある成分表示を意識して見るようにしましょう。糖質量というのは、炭水化物の欄に記載してあります。カロリー量なども自分の目で確認することができますので、ダイエット中はそういった部分に目を向けることもとても大切になってきます。

低カロリー・低糖質なチョコチップクッキーでダイエットを成功させよう

市販で販売されているクッキーは、高カロリー、高糖質なものがほとんどなので、糖質制限ダイエットには向いていません。しかし、自分で手作りしたり、食べ方や方法を意識するだけで美味しいチョコチップクッキーが食べられます。うまく活用してストレスを溜めずに、ダイエットを成功させましょう。

 

【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】