ワッフルの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




 

ワッフルと言えば、格子状の見た目が特徴的なおやつに人気のお菓子です。日本でもカフェやコンビニで簡単に手に入ることからおなじみのメニューとなったワッフルですが、甘いイメージがあるワッフルの糖質やカロリーはどれくらいなのでしょうか。

今回はワッフルの糖質・カロリー量や、ダイエット中食べる際の注意点などについて解説していきます。

ワッフルの糖質量

ワッフルは小麦粉やバター、砂糖といった材料が使われたお菓子。いわばケーキと同類の食べ物になりますので、当然糖質量も高めになります。

使われている材料によっても異なりますが、ワッフルの糖質量は100gあたり約35.3gほど。ワッフル1個を60gとすると、1個分の糖質量は約21gほどとなります。スタンダード糖質制限ダイエットでは1食40gが上限となりますから、この糖質量はやはり高めと言えるでしょう。

ワッフルのカロリー

続いては、ワッフルのカロリーについて見てみましょう。ワッフルのカロリーは100gあたり約364kcal。1個分60gに換算すると、約218kcalとなります。

お菓子類とするとやや低めの印象ですが、ごはんの普通盛り一杯が約235kcalなので、やはり決して低くはありません。さらにこの上アイスクリームやシロップを加えれば、カロリーは50~90kcal加算されてしまいます。

ワッフルの食材一覧

  • 薄力粉
  • 強力粉
  • 砂糖
  • ドライイースト(ベーキングパウダーでも)
  • 牛乳
  • バター




ワッフルのダイエット効果

上述のようにワッフルは高糖質・高カロリーな食べ物で、あまりダイエット向きではありません。しかしダイエット効果がまったくないかというと、そうとも言えないのです。ダイエットにおけるワッフルのメリットについて紹介していきます。

①腹持ちが良い

ダイエットの食事で大切なことはいくつかありますが、「腹持ちの良さ」もその一つでしょう。1回分の食事がしっかりお腹にたまることで、食事の回数を抑えることができます。

その点ワッフルは、高カロリーな分お腹にもたまりやすいため、空腹感をあまり感じずに食事を抑えることができます。とは言えもちろん、食べ過ぎには注意が必要です。

②メープルシロップは低カロリーで太りにくい

ワッフルにはメープルシロップをかけることが多くなっていますが、メープルシロップは蜂蜜や砂糖シロップなどの甘味料と比べると、比較的低カロリーとなっています。しかもそれだけでなく、砂糖などに比べて脂肪になりにくいという利点があります。

さらにビタミンやミネラルなどの栄養も含まれるため、ダイエット中の甘味料としては最適でしょう。

糖質制限ダイエット中にワッフルを食べる時の注意点

①食べ過ぎに注意

糖質制限ダイエット中にワッフルを食べる際は、付け合わせやシロップをかけずにプレーンのまま食べるのがベスト。プレーンなワッフルならば、1個あたり約21gに抑えられます。しかしそれでは物足りないと、つい食べ過ぎては意味がありません。糖質制限ダイエット中のワッフルは、一度に2つ以上食べないよう気をつけましょう。

②付け合わせにも気をつける

ダイエット中にどうしてもワッフルを食べたくなった場合、前述のように何も付けずに食べるのが一番です。しかし、やはり何か付けて食べたいという気分の時は、付け合わせの種類に注意しましょう。

ワッフルにはバニラアイスやチョコレートを付け合わせることもありますが、こうしたものは当然NG。また生クリームやジャムをたっぷりかけるのも控えましょう。

 




糖質制限ダイエット中にワッフルで太らない効果的な食べ方

①朝食として食べる

糖質制限中のワッフルは、できれば避けた方が良いのは確かです。しかし我慢できない場合は、パンの代用として朝に食べるのも一つの方法。朝は食欲も比較的抑えやすいので、少ない量でも我慢しやすいでしょう。

②フルーツを付け合わせる

前述のように、ワッフルの付け合わせには注意が必要です。糖質やカロリーの高いアイスやチョコではなく、フルーツや野菜と一緒に食べるようにしましょう。いちごやブルーベリー、バナナといったフルーツはワッフルにも良く合い、かつヘルシーです。

③大豆粉を使う

ワッフルの糖質やカロリーが高めになってしまう主な原因は、材料の小麦粉にあります。小麦粉(強力粉)のカロリーは366kcal、糖質は68.9gもあるのです(100gあたり)。

 

ですからダイエット中にワッフルを食べる際は、小麦粉の代わりに大豆粉などを使うと効果的でしょう。大豆粉のカロリーは100gで463kcalと高めですが、糖質はわずか13gほどしかありません。また、ふすま粉も低糖質な食材となっています。

低カロリー・低糖質のワッフルでダイエットを成功させよう。

いかがでしたか?このようにワッフルは高カロリー・高糖質な食べ物ですが、工夫次第でダイエット中でも食べられます。なるべくプレーンなまま食べたり、生地に大豆粉やふすま粉を使うのも効果的。また、フルーツや野菜を利用するのも良いでしょう。

 

ダイエット中はお菓子を我慢しすぎるのではなく、上手く工夫して適度に楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加