【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

コーヒー牛乳の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

コーヒーのビターな味わいと牛乳のフレッシュさを同時に味わえるコーヒー牛乳は、大人からお子さままで楽しめる飲み物です。身体に良い牛乳ですが市販のコーヒー牛乳は甘いものも多いし、糖質制限ダイエット中は気になってしまうもの。今回はそんなコーヒー牛乳に含まれる糖質・カロリー量、糖質制限中に気を付けておきたい注意点などを解説します。

コーヒー牛乳の糖質量

コーヒー牛乳は濃いめに淹れたコーヒーと牛乳を合わせ、砂糖を入れた飲み物です。

今回は市販のコーヒー牛乳、1パック200mlの商品で検証します。

 

コーヒー牛乳の糖質は、1パックあたり14.4gです。
糖質制限ダイエット中の1日の目標糖質摂取量は、100g以下が基本とされていますので、間食などを調整すれば糖質制限ダイエット中も飲むことはできます。

コーヒー牛乳のカロリー量

コーヒー牛乳のカロリーは1パックあたり112kcalです。
コーヒーは低カロリーな飲み物なのですが、コーヒー牛乳には砂糖が大量に使われており、牛乳も清涼飲料水に比べれば低いとはいえ、量を考えながら飲む必要があります。

コーヒー牛乳のダイエット効果

コーヒー牛乳は飲み物としては、糖質・カロリー共に決して低くはありません。しかしコーヒー牛乳には様々なダイエット効果のある成分が含まれています。

①牛乳でタンパク質補給

コーヒー牛乳には、筋肉を作るもととなるタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質を補給することで筋肉量減少を防ぎ、筋肉を作ることで基礎代謝が上がるので、ダイエットに効果的です。

②カルシウムで脂肪吸収抑制

牛乳に含まれるカルシウムには脂肪の分解を促進し、脂肪の合成を抑制する作用があります。

その結果、体脂肪の減少につながります。また、糖質・脂質の代謝を促進するビタミンB1・2も含まれています。

③カフェインのダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインには、リパーゼという消化酵素を活性化させる成分が含まれていて、脂肪分解促進効果により体脂肪をためにくくしてくれます。カフェインには他にも血流促進・利尿作用がありますので、むくみ解消効果も期待できます。また、血流が良くなることで栄養が身体のすみずみまで行き渡り、体温も上昇するので代謝促進につながります。

④リパーゼ活性にWのアプローチ

消化吸収酵素・リパーゼを活性化するためには、カフェインを摂ることもひとつなのですが、カルシウム・マグネシウムなどのミネラルも必要となります。これらは全て牛乳に含まれていますので、コーヒー牛乳はリパーゼの活性化のために最適な飲み物です。

糖質制限ダイエット中にコーヒー牛乳を飲むときの注意点

コーヒー牛乳には様々なダイエット効果が含まれていますが、飲料としては糖質が高めなので注意が必要です。コーヒー牛乳を飲むときに気を付けておきたい注意点をあげてみました。

①適切な量を守る

糖質制限ダイエット中は、無糖のコーヒー・緑茶・烏龍茶などの甘くない飲み物がオススメですが、コーヒー牛乳には1パックにつき糖質14.4g、カロリー112kcalが含まれてます。

コーヒー牛乳はあくまでも飲料でお腹を満たす食べ物ではないので、摂りすぎに注意しましょう。

②食物繊維と一緒にゆっくり飲む

コーヒー牛乳は甘味が強い飲料なので、甘さ控えめのおやつと一緒に楽しむことで、満足感を高めることが出来ます。食物繊維が豊富でダイエットにも効果的なナッツ類や、おからクッキーなどと一緒に食べることで、コーヒー牛乳の水分を吸った食物繊維が胃で膨らみ、腹持ちもしますのでオススメです。

糖質制限ダイエット中にコーヒー牛乳を飲んでも太らない飲み方

①手作りコーヒー牛乳で糖質ダウン

市販のコーヒー牛乳はかなり甘味が強いので、自分で作ることで糖質をぐっと抑えることが出来ます。

ちなみに濃いめに淹れたコーヒー100ml・牛乳100ml・低糖質甘味料でコーヒー牛乳を作ると、同じ200mlのコーヒー牛乳でも糖質量は5.5gと、市販のコーヒー牛乳より10g近く減らすことが可能です。

この時牛乳は、糖質高めの特濃牛乳・低脂肪乳などは使わず、普通の牛乳かスキムミルクを使いましょう。

豆乳を利用すると糖質量は若干下がりますが、大きな変化はありません。豆乳を利用するなら大豆のダイエット効果が得られる、無調整豆乳がオススメです。

②リパーゼの脂肪燃焼効果を活かして運動を取り入れる

コーヒー飲料を飲んだ後は、カフェインの血行促進・リパーゼの脂肪燃焼効果で、脂肪が燃えやすい環境にあります。この効果を利用して運動を取り入れることで効率よく脂肪を燃やしましょう。

カフェインの効果が表れるのは摂取してから20~30分後と言われていますので、このタイミングでジョギングなどの軽い有酸素運動をすることで、コーヒー牛乳で摂った糖質を効率よく燃焼できます。

コーヒー牛乳1パックのカロリーである112kcalを消費する運動は、ジョギングなら30分程です。

低カロリー・低糖質のコーヒー牛乳でダイエットを成功させよう

コーヒー牛乳は決して糖質・カロリーの低い飲料ではありません。しかしコーヒーや牛乳に含まれるダイエット効果により、効率よく脂肪と糖質を燃焼することも出来ます。低糖質なおやつと一緒に食べたりすることで、糖質制限ダイエット中も充分楽しむことが出来ますので、ぜひ参考になさってください。

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト