【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

コーヒーゼリーの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

つるっとなめらかでビターなコーヒーゼリーは、さっぱりとしながらもミルクのコクやコーヒーの香りが楽しめる、人気のスイーツです。でもコーヒーゼリーには、いったいどのくらいの糖質・カロリーが含まれているのでしょうか。今回はコーヒーゼリーの糖質・カロリー量や、糖質制限ダイエット中にもおいしくコーヒーゼリーを楽しむための食べ方のコツなどを解説します。

コーヒーゼリーの糖質量

コーヒーゼリーは濃い目に淹れたコーヒーに、ゼラチンを溶かして冷やし固めたもので、砂糖の量で糖質量はかなり変わります。

また、ミルクをかけたり生クリームを飾ればそれだけ糖質量も上がりますが、意外なことに生クリームの糖質量は、動物性生クリームで100gあたり3.1g、植物性生クリームで2.9gと、砂糖を入れなければ低糖質。

ミルクもポーション1個の糖質量は0.2g。ゼラチンにもほとんど糖質はなく、コーヒーは100g当たりの糖質量が0.7gとかなり低糖質なので、砂糖の量がほぼ糖質量となります。

今回は市販のコーヒーゼリー、加糖タイプ・1個100gの商品で検証いたします。

 

コーヒーゼリーの糖質は1個あたり10gでした。
糖質制限ダイエット中の1日の目標糖質摂取量は、100g以下が基本とされていますので、たくさん食べるのは良くありませんが、糖質制限中に適したおやつであることが言えます。
砂糖を入れることで糖質が上がりますので、1日の糖質量を考えて調整しましょう。

コーヒーゼリーのカロリー量

コーヒーゼリーのカロリーは1個あたり39kcalでした。
ミルクをかける場合ポーション1個のカロリーは11kcalで、プラスすると50kcalとなります。

生クリームは脂質が多いためカロリーは高めです。100gあたりのカロリーは、動物性生クリームで433kcal、植物性生クリームで392kcalです。砂糖を加えればさらにカロリーは上がります。

コーヒーゼリーを食べる時に生クリームを100gも使うことはないと思いますが、脂質の摂りすぎに繋がることも頭に入れておきましょう。

コーヒーゼリーのダイエット効果

コーヒーゼリーは、1日に市販の商品1個を食べるだけなら、糖質制限ダイエット中も楽しむことができるスイーツです。そしてコーヒーゼリーにはダイエット効果も含まれています。

①血糖値があがりにくい

コーヒーにはポリフェノールとカフェインが含まれていて、その効果により血行を促進したり、抗酸化作用により活性酸素を除去してくれる効果があります。そのため糖質が血液中に滞留しにくくなり、血糖値上昇を防ぐことが出来ます。血糖値が上がりにくくなることでインスリンの分泌量も減り、結果的に糖質を脂肪として蓄えることを防ぐことが出来ます。

②ゼラチンは糖質制限の味方

ゼラチンの成分表を見てみると、100gあたりのカロリーは344kcalありますが、成分のほとんどはタンパク質で脂質も微々たるもの。糖質は含まれていませんので、糖質制限ダイエット中も安心して食べることが出来ます。

③カフェインの刺激で脂肪燃焼&便秘解消

カフェインを摂取することで、リパーゼという消化酵素が活性化されますので、脂肪燃焼に効果を発揮します。

またカフェインには腸を刺激する作用があり、腸のぜん動運動が活発になることから便秘解消に効果を発揮します。

糖質制限ダイエット中にコーヒーゼリーを飲むときの注意点

コーヒーゼリーは低糖質・低カロリーのスイーツなので、糖質制限ダイエット中のおやつにオススメです。

しかし糖質制限ダイエット中にコーヒーゼリーを食べるには、ちょっと注意してほしい点があります。

①カフェイン過剰摂取に注意

日常的にコーヒーを飲み、おやつにコーヒーゼリーを食べると、カフェインの過剰摂取になる恐れがあります。

ダイエットに効果的な成分を含むカフェインですが、摂りすぎるとコルチゾールというストレスホルモンが増加し、食欲を抑制する働きをもつセロトニンが減少します。

 

すると身体が糖質を求めるようになり、普段の食事より糖質を多くとってしまうことにもつながります。

個人差がありますが、コーヒーの1日の摂取量の目安は、3~4杯までが適量と言われています。コーヒーゼリーを食べる時は、1日のカフェイン摂取量を考え、摂りすぎないように注意しましょう。

②砂糖の量に注意する

冷やして食べるコーヒーゼリーは、普通にコーヒーを飲むときより砂糖が多く使われています。ここにコーヒーゼリーの大きな注意点がありますので、食べる時は無糖、もしくは低糖のコーヒーゼリーを選びましょう。

糖質制限ダイエット中にコーヒーゼリーの太らない食べ方

①無糖のコーヒーゼリーを選ぶ

コーヒーゼリーの天敵は砂糖です。でも無糖のコーヒーゼリーは何となく寂しいもの。

そこで無糖のコーヒーゼリーを選び、低糖質な甘味料をかけていただくことで、物足りなさを解消することが出来ます。

またはコーヒーゼリーを手作りし、砂糖の代わりに低糖質甘味料を使って味付けすれば、甘いコーヒーゼリーを糖質を気にすることなく楽しむことが出来ます。

生クリームを飾って食べる時も低糖質甘味料を使えば、糖質はほとんど気にならない数値にまで下げることが出来ます。

②食前コーヒーゼリーでプチゼリーダイエット

一時期ゼリーダイエットが流行りましたが、これを応用して、食前に低糖質なコーヒーゼリーを食べることで食事の血糖値の急上昇を防ぎ、食事前に胃に食べ物が運ばれることで食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

低カロリー・低糖質のコーヒーゼリーでダイエットを成功させよう

コーヒーゼリーは砂糖の量さえ気を付ければ低糖質・低カロリーで、糖質制限ダイエット中にも安心して食べられるおやつです。ダイエット中にケーキなどの甘いものを食べたくなった時も、コーヒーゼリーに低糖質甘味料を使ったクリームがあれば満たされます。食べ過ぎは良くありませんが、コーヒーゼリーを糖質制限ダイエットに上手に活かしましょう。

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト