【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

コーヒー(ブラック)の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

仕事や家事・勉強の合間のひと時に、コーヒーでリフレッシュする方も多いと思います。1日何倍も飲む方もいらっしゃいますし、糖質制限ダイエット中ですと、一体コーヒーにはどのくらいの糖質・カロリーが含まれているのか気になります。

そこで今回はコーヒーに含まれる糖質・カロリー量や、糖質制限されてる方がコーヒーを飲むときの注意点などを解説します。

コーヒー(ブラック)の糖質量

コーヒーにはコーヒー豆を挽いて淹れたコーヒーと、お湯を注ぐだけで飲めるインスタントコーヒーがありますが、このどちらのコーヒーにも糖質はほとんど含まれていません。

ブラックコーヒーで飲むならば、100gあたりの糖質は0.7gとなり、砂糖を入れれば入れた量がそのまま糖質量となります。

スティックシュガーにはグラム数が書いてあるものもありますので、6gと書いてあるものを入れれば糖質量は6.7gとなります。ミルクを入れればその糖質がそのままプラスされます。

糖質制限ダイエット中の1日の目標糖質摂取量は、100g以下が基本とされていますが、ブラックコーヒーであれば、糖質量を気にすることなく飲むことが出来ます。

コーヒー(ブラック)のカロリー量

コーヒーのカロリー量は100mlで4kcalですので、通常ティーカップ1杯160mlで6.4kcalととても低カロリーです。

ブラックコーヒーであれば、カロリーもあまり気にすることはないかもしれません。砂糖やミルクを入れれば、その分カロリーも増えます。

コーヒー(ブラック)のダイエット効果

コーヒーには糖質が含まれておらず、カロリーも微々たる量で、ダイエット中に嬉しい飲み物です。その上、コーヒーには様々なダイエット効果のある成分が含まれていました。

①カフェインで脂肪燃焼

コーヒーに含まれる成分といえばカフェインです。眠気覚ましにも利用されるカフェインには、リパーゼという消化酵素を活性化させる成分が含まれています。その効果で脂肪の分解が促進され、体脂肪をためにくくする効果が期待できます。

②Wで脂肪直積を抑制

コーヒーにはポリフェノールの一種である、クロロゲン酸という成分が含まれています。クロロゲン酸にも脂肪の分解を促進する効果があり、リパーゼとの相乗効果で脂肪の蓄積を防いでくれます。

③代謝促進&むくみ解消

カフェインには他にも血流を良くする効果があります。血流が良くなることで身体に取り込んだ栄養がすみずみまで行き渡り、体温も上昇するので代謝促進にもつながります。

他にもカフェインには利尿作用があるので、むくみ解消にも効果を発揮します。

糖質制限ダイエット中にコーヒーを飲むときの注意点

①缶コーヒー・ボトルコーヒーの“微糖”に注意

コンビニやスーパーで売られているコーヒーには、“無糖”と書かれているもの以外は砂糖が加えられています。

一般的に、缶コーヒーに使われている砂糖の量は多く、1本あたり少なくとも15g以上の砂糖が使われていると言われています。何気なく飲んでしまう缶コーヒーですが、1本飲むだけで15g以上の糖質を摂ってしまうのは、糖質制限中は避けたいところです。

“微糖”と書かれているものもありますが、こちらにも微量でも砂糖が入っています。カロリーオフもまた砂糖が入っている可能性がありますので、糖質0のコーヒーを飲みたいときは成分表示をチェックし、“無糖”と書かれているものを選びましょう。

②アイスよりホット

コーヒーの糖質・カロリーはもちろんアイスでもホットでも変わることはないのですが、冷たい飲み物は温かい飲み物に比べて味覚が鈍る傾向にあるので、砂糖を加える場合、アイスのほうが甘みを感じにくく、ホットより砂糖を多く使ってしまいがちです。市販の場合はより顕著に出ます。

また、ホットのほうが血流の流れが良くなる効果を実感しやすいので、糖質制限ダイエットのためにコーヒーを飲むなら、出来るだけホットで飲むことを心がけましょう。

糖質制限ダイエット中にコーヒーを飲んでも太らない飲み方

①運動前のカフェインで脂肪燃焼

カフェインを摂ることでリパーゼが活性化し、脂肪燃焼に効果を発揮しますが、リパーゼが活性化した状態で運動することで、効率よく脂肪を燃やすことが出来ます。

この効果が表れるのはコーヒーを飲んでから20~30分後といわれ、その後3・4時間効果が持続します。

他にもリパーゼが活性化する条件としては、筋トレ直後と空腹であることが挙げられますので、朝食前や夕食前の空腹時にコーヒーを飲み、軽く筋トレを行ってからジョギングなどの有酸素運動を行うと良いでしょう。

②砂糖・ミルクを変える

ブラックコーヒーが苦手だったり、たまには甘いコーヒーを楽しみたいという時もありますよね?そんな時は、砂糖の代わりに低糖質な甘味料を使いましょう。砂糖は使ったグラムがそのまま糖質量となりますので、低糖質な甘味料に変えることで糖質を抑えることが出来ます。

またミルクを入れたいときは、ミルクの代わりに豆乳がオススメです。ミルクも豆乳も糖質量は低く、あまり違いがないのですが。カロリーで比べると豆乳の方が低くなっています。

低カロリー・低糖質のコーヒーでダイエットを成功させよう

コーヒーは砂糖・ミルクを加えないのであれば、糖質・カロリーを気にすることなく飲むことができる、糖質制限ダイエットの強い味方です。

その上、脂肪燃焼効果など様々なダイエット効果がありますので、缶コーヒーに気を付けて、糖質制限ダイエット中には積極的に飲みましょう。

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト