パンやホットケーキなどを作る際、生地をふっくらさせるのに使うベーキングパウダー。そもそもこのベーキングパウダー、一体何からできているのでしょうか。糖質やカロリー量は?また、ダイエット中はどれくらい食べてよいのでしょうか。

 

今回はベーキングパウダーの糖質・カロリー量や、ダイエット中食べる際の注意点について解説していきます。

ベーキングパウダーの糖質量

ベーキングパウダーの主成分は重曹ですが、重曹に糖質は含まれません。しかし、ベーキングパウダーには酸化を防ぐ遮断剤として小麦粉やコーンスターチが配合されており、これらには糖質が含まれます。ベーキングパウダー100gあたりにすると、約29.0gの糖質量となります。

 

これは決して少ない量ではありませんが、ベーキングパウダー自体料理にそれほど多く使うわけではありません。せいぜい小さじ一杯(4g)ですので、糖質量は1.16gほどになります。ですからベーキングパウダーの糖質量に関しては、あまり気にする必要はないでしょう。

ベーキングパウダーのカロリー量

続いてベーキングパウダーのカロリーについても見てみましょう。100gあたりで見たベーキングパウダーのカロリー量は、約127kcalとなります。こちらも少ない量とは言えませんが、前述のようにベーキングパウダーの一回の使用量は4g程度。カロリーで言えば5.08kcalほどですので、糖質同様あまり気にする必要はないでしょう。

ベーキングパウダーの成分一覧

  • 重曹(炭酸水素ナトリウム)
  • 酸性剤(酒石酸、フマル酸、クエン酸など)
  • 遮断剤(コーンスターチ、小麦粉など)

 

酸性剤とは重曹のふくらむ力を助け、かつ黄色く変色するのを防ぐための成分です。遮断剤は重曹と酸性剤を反応させないための成分で、水を加えることで遮断効果はなくなります。