生春巻きの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

油で揚げる春巻きと違ってサラダ感覚で食べられる生春巻きは、シャキシャキした食感と海老やライスペーパーの風味が美味しく、女性を中心に人気となっているベトナム料理です。

そんな生春巻きには、どのくらいの糖質・カロリーが含まれているのでしょうか。生春巻きの気になる糖質やカロリー、糖質制限ダイエット中に気を付けたい食べ方などを解説します。

生春巻きの糖質量

生春巻きは、ライスペーパーにサニーレタス・にら・ビーフン・きゅうりなどをのせ、肉や海老・生ハムなどを包んで巻いた料理です。
生春巻きの糖質量は巻く具材によっても変わりますが、ごく一般的な具材で標準サイズで巻いた生春巻きの糖質は、1本あたり約12.6g前後です。
糖質制限中の1日の糖質摂取量は、100g以下が目標と言われていますので、生春巻き1本で1日の糖質量の約1/8に相当します。

 

生春巻きのカロリー量

平均的な生春巻きのカロリーは、1本あたり約66kcalです。
食事の中でサラダ感覚として生春巻きを食べる場合、食べごたえもあって低カロリーな食品だといえます。

よほど高カロリーなタレを使用しなければ、ダイエット中にも充分楽しめる料理ではないでしょうか。