東カレデート

【東カレデート】審査基準と通過するために必要なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイスペ同士のマッチングアプリと名高い『東カレデート』。東京カレンダーが提供するアッパー層同士のマッチングアプリです。

アッパー層同士と謳っているだけあって、他のマッチングアプリと違い入会審査があります!

そしてこの審査を通過した人だけがアプリを使用できるという仕組みで”会員の質”を保っているようです♪今回はこの東カレデートの審査の通過方法を解説します!♪

※ちなみに、東カレデートは審査に落ちても再審査可能なので諦めないで何度も試しましょう!

審査はこの2つ!会員審査と運営審査!

IMG_0618

現在、東カレデートに入会するには2つの審査を通過するしかありません。

1つはすでに会員になっているユーザーによる「この人を新たな入会者として受け入れていいのか」を判断する『会員審査』であり、もう一つは運営が入会していいか判断する『運営審査』です。

『会員審査』ってなに?会員審査の判断基準。

すでに入会している既存会員が、入会審査で過半数が投票している入会希望者に投票をすると1ポイントをもらうことができます。

ポイントを貯めることでコインに交換することができ、またそのコインはバラに交換することができるため、多くの人が審査に積極的に参加しています。

「OK」か「NG」の選択をし、この審査で一定のOKを獲得しないと登録できない仕組みになっています。
会員審査は50%以上のokをもらわないと通過できないと言われていましたが、男性はほとんど50%以下であるため、運営審査の方がより重要視されていることがわかりますね。

私もかなりの数の会員審査で投票しましたが、今まで50%以上のOKをもらっている人を見た回数は数える程度でした。

東カレデートに『運営審査』が大事!

入会するのにあたって会員審査よりも大事なのが運営審査です。

運営審査の詳細は明かされていませんが、会員審査だけではほとんどの人が非承認になってしまい会員数の確保ができないので、運営審査の方が圧倒的に力を入れて見られていると考えてよいでしょう。

2つの審査は合わせて24時間以内に行われ、パスすると入会することが可能になります!

どうしたらいいの?!審査を高確率でパスする方法!

faaf7b336c6f35a27ab7a5119d4d0b9c

東京カレンダーは多くの人に愛されているメディアです。そんなメディアが運営するマッチングアプリ、入会できたらとっても嬉しいですよね!

しっかり対策して審査を受ければ入会できる可能性はグンと上がります。そのポイントをまとめました!!

【男性】東カレデートの審査をパスする方法

東カレデートはハイスペ同士のマッチングアプリです。

そのため審査ではあなたのスペックが吟味されます。男性会員が審査で見られているのはこの3つです!

  • 学歴
  • 年収
  • ルックス

東カレデートの会員は93%以上が大学卒であり、73%以上が年収750万円以上の会員です。

他のマッチングアプリと比較しても群を抜いていますよね。

また、会員審査では『年収』『プロフィール写真』で判断されるのでプロフィール写真は厳選したものにしましょう。

清潔感や明るい表情を意識し、一眼レフで誰かにとってもらったような写真が好ましいです。

また、運営審査では詳細なプロフィールまでチェックされるので、プロフィール項目は全て埋めておいてください。

【女性】東カレデートの審査をパスする方法

実は、女性のほとんどは東カレデートの審査をパスすることができます。

なぜなら男性とは真逆で、会員審査の時点でほとんどの女性が50%以上のOKをもらうことができるからです。

逆に50%以下の女性は写真が本人の写真ではなかったり、あまりにも好感度が低いような写真を使っている場合のみです。

安心して自分が可愛く写っているとっておきの写真を使用してください♪
また、運営審査のためにも男性会員同様プロフィール項目は全て丁寧に埋めておくことが大事です!

女性が審査で見られている点はこれだ!

  • ルックス
  • プロフィール内容(業者でないか・ビジネス目的ではないか)

とにかくプロフィールに力を入れよう!

Portrait of a smiling woman on the beach at sunset

会員審査にしろ運営審査にしろ、見られているのはあなたのプロフィールです!

写真に一番力を入れ、その次にプロフィール内容を丁寧に書くことを心がけてください。また審査は何度でも受けられるので一度落ちたとしても諦めずにチャレンジすることが大事です♪
審査をパスして東カレデートで素敵な恋を見つけてくださいね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加