柿の種【柿ピー】の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




 

お酒が好きな人なら、柿の種【柿ピー】を食べたことがあるでしょう。しかしダイエット中はお菓子という印象から敬遠しがち…。

甘いものではないのに、ダイエット中に嫌煙しがちな柿の種【柿ピー】。じつはカロリーや糖質が意外に高いからだったんです。しかしダイエット効果もあるので、うまく使えば痩せられるようになります。

そこで今回はダイエット中でも柿の種【柿ピー】が食べられるように、糖質量やカロリー、気になるダイエット中の効果的な食べ方などを紹介します。

柿の種【柿ピー】の糖質量

甘い印象ではないことから柿の種の糖質はそこまで高くないと考える方は多いのではないでしょうか。ところが糖質量は100gあたり50gも入っています。食べすぎないように意識することが、ダイエット中に柿の種【柿ピー】を食べるポイントです。

柿の種【柿ピー】のカロリー量

カロリーも意外と高く100gあたり105kcalもあります。柿の種【柿ピー】は小分けにされているタイプもあるので、量を調節すればカロリーオーバーすることはありません。少しの工夫で食べすぎを防ぐことができるでしょう。

柿の種【柿ピー】の食材一覧

  • ピーナッツ
  • もち米
  • しょうゆ
  • 砂糖
  • 食塩
  • かつお節エキス
  • 昆布エキス




柿の種【柿ピー】のダイエット効果

柿の種【柿ピー】をダイエット中でも食べられるのは、ダイエット効果があるからです。以下の効果をうまくコントロールできれば、食べても痩せられる体になります。ではどのようなダイエット効果があるのでしょうか?

① もち米が使われているから腹持ちがいい

ダイエットで重要なことは食べる量を少なくできるか。柿の種【柿ピー】をうまく使えば、食欲を抑える効果を上げられるんです!それは柿の種【柿ピー】に主に使われているもち米。血糖値が上昇して満腹感を持続してくれます。

ということは、余計な間食をしなくなるので総カロリーを抑える働きが、柿の種【柿ピー】にはあるということです。

② ピーナッツのオレイン酸やリノール酸でコレステロールの予防

柿の種【柿ピー】にはピーナッツが一緒に入っていることがよくあります。このピーナッツにも実は高いダイエット効果があります。ピーナッツに豊富に含まれるオレイン酸やリノレン酸は血液中のコレステロールの上昇を抑える効果があります。

つまり血がドロドロになりにくくなるので、高い代謝をキープでき脂肪を燃焼してくれるようになるでしょう。

③ ピーナッツのビタミンEで代謝がアップ

さらにピーナッツには、ビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEには老化予防効果があり、血行がよくなる効果だってあります。つまり代謝が上がりやすくなるので、脂肪を燃焼できようになるでしょう。

 

糖質制限ダイエット中に柿の種【柿ピー】を食べる時の注意点

① 食べだすと止まらないので要注意

柿の種【柿ピー】はダイエット効果が高いことはたしかですが、カロリーや糖質が高いのにはかわりがありません。つまり食べだすと止まらなくなり、カロリーや糖質がオーバーしてしまうと、ダイエット効果の意味がなくなってしまいます。

② ピーナッツばかりを食べない

高いダイエット効果があるのはピーナッツのおかげでもあります。しかしこのピーナッツにはカロリーが高いことで有名です。食べすぎてしまうと太ってしまう原因となります。

そこで柿の種と同じくらいの量を食べるという意識で、なるべくピーナッツばかりを食べないようにしましょう。

③ おつまみとして食べてはいけない

お酒に合うように作られている柿の種【柿ピー】。ついついアルコールが欲しくなるかもしれませんが、カロリーや糖質が高いお酒はダイエット中にはNGです。柿の種【柿ピー】のカロリーや糖質が合わさると、さらに太ってしまうでしょう。

 




糖質制限ダイエット中に柿の種【柿ピー】を太らない効果的な食べ方

① ダイエット効果が高いわさび味や梅しそ味を選ぶ

じつは柿の種【柿ピー】にはたくさんの種類の味が発売されています。とくにわさび時や梅しそ味がおすすめ。わさびには代謝をアップする働きがあり、梅しそには血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。

② ピーナッツと柿の種【柿ピー】を半々に食べる

ピーナッツにはダイエット効果が高いですが、カロリーも高く食べすぎるとかえって逆効果。柿の種【柿ピー】とバランスよく食べることで、ほどよいダイエット効果が得られるでしょう。

③ 筋トレ後に食べるとさらに効果的

カロリーや糖質ばかり目に付いてしまう柿の種【柿ピー】。じつはたんぱく質も意外にたくさん含まれています。

そこで柿の種【柿ピー】を食べた後に筋トレをすると、筋肉の材料であるたんぱく質のおかげで、代謝が上がりやすくなるでしょう。脂肪が燃焼しやすくなるので、おすすめです。

④ 手軽に食べ切りサイズを選ぶ

味にハマって食べすぎてしまうことが多く、柿の種【柿ピー】をダイエット中に取り入れるのは大変です。そこで通常よりもあまり量が入っていない、「手軽食べ切りサイズ」を選ぶようにしましょう。

低カロリー・低糖質の柿の種【柿ピー】でダイエットを成功させよう。

お菓子なのに、ダイエット効果が高いものばかり使われている柿の種【柿ピー】。食べる量をコントロールできれば、痩せることだってできてしまいます。今回ご紹介した食べ方や柿ピーの特徴を理解した上で、うまく工夫して我慢することなくダイエットを楽しんでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加