【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

ブリオッシュといえば、フランスの伝統的なパンで、中は、しっとりした食感とバターの良い香りがしたリッチな味と香りの菓子パンですが、一体、ダイエット中にも食べても良いかのかと思われる方もいると思います。実際、ブリオッシュのカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、ブリオッシュのカロリー・糖質量やダイエット中にブリオッシュを食べる際の注意点などを解説します。

ブリオッシュの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

 

そして、ブリオッシュは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ①強力粉
  • ②ドライイースト
  • ③卵
  • ④牛乳
  • ⑤砂糖
  • ⑥塩
  • ⑦バター
  • ⑧サラダ油

 

このうち糖質が含まれるものは、「材料①」に100g中69g、⑤はほとんどが糖質で、④に少し含まれていますが、ブリオッシュ1個(30g)で11.4g程度含まれています。

 

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何個も食べる場合は、注意が必要です。

ブリオッシュのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてブリオッシュのカロリーはどうなのでしょうか。

 

ブリオッシュは1個あたり(30g)でだいたい126kcalほどです。クロワッサン1個(45g)あたり、だいたい202kcalで、ロールパンですと、1個(30g)で95kcalで、他の菓子パンに比べるとカロリーは高すぎず、低くないです。

 

ブリオッシュはバターが入っているので、その分カロリーは高くなりますが、クロワッサンほどバターは入っていないため、それほどカロリーは高くはなりません。

ブリオッシュのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなブリオッシュですが、上手にブリオッシュと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

 

ここからはブリオッシュが持つダイエット効果についてご紹介します!

 

①腹持ちが良い

 

バターが使われているブリオッシュなので、その分、当然、腹持ちも良くなります。バターの入っているパンは、高カロリーになりがちなので、ダイエットには良くないイメージがありますが、バターの脂質によって、食べてもお腹にしばらく残り、胃の中で消化されるまで、エネルギーを持続できます。すると、長時間、間食をする必要がなくなり、結果的にダイエットの食べ過ぎを防いでくれることができます。

 

②ストレスがたまりにくい

 

ダイエット中だからと、質素な味の食パンやフランスパンなどを無理やり食べ続けていても、どんどんストレスがたまることはないでしょうか。低カロリーで低脂質なものを食べ続けていっても、ストレスを貯め続けると、結局はどか食いを起こしてしまうということも多いと思います。その点、ブリオッシュは、バターと卵を使用されて、ある程度、リッチな味や香りを楽しめる上に、カロリーが高すぎではないのがダイエットに向いています。

糖質制限ダイエット中にブリオッシュを食べるときの注意点

以上に述べてきたように、ダイエット効果も期待できるブリオッシュですが、カロリー、糖質が決して低くない事も事実です。ですので、以下の注意点を良く守る事も重要になってきます。

 

①バターやマーガリンなどをつけない

 

ブリオッシュはバター、卵、砂糖を贅沢に使い、リッチな配合の生地で作るパンだと言われています。すでにバターがある程度、入っている菓子パンなので、味や香りがすでにリッチな仕上がりになっています。ですので、さらにバターやマーガリンを加えて食べる必要はありません。何もつけずに、そのまま、食べて、ブリオッシュそのままの味と香りを楽しむのが一番美味しい食べ方ですし、ダイエットにも向いています。

 

②夜食に食べない

 

バターの風味があるブリオッシュですが、腹持ちが良い分、消化しきるのも、時間がかかります。活動量が少ない夜に食べてしまうと、エネルギーとして全て使われずに、残ったものは、脂肪として蓄えられます。また、胃の中で、消化しきれずに、翌朝に胃もたれを起こしたり、目覚めが悪くなってしまうと、1日の朝の調子が悪くなり、その分、午前の活動量にも影響するほか、新陳代謝も悪くなり、1日の消費量も減ってきます。

 

③できるだけ20分程度かけて食べる

 

バター、卵、砂糖を使っているブリオッシュは、ふわふわなので、咀嚼回数が減り、食事時間が短くなる可能性があります。また、咀嚼回数が減ると、満腹中枢を刺激する前に、食べ過ぎてしまう事もなりかねません。これは、食事を始めてから、満腹を感じるまでにおよそ20分程度かかると言われています。食事時間が短くなる場合、例えば5分程度で食べ終わってしまえば、非常に満足度が低く、さらに、もう1個という衝動にかられる場合があります。