オリンピックの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

有名なホテル「ホテル・リッツ」が1900年のパリオリンピックを記念に出来たカクテル「オリンピック」、これはダイエット中に飲んでも大丈夫でしょうか?

実際、オリンピックのカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、オリンピックのカロリー・糖質量やダイエット中にオリンピックを飲む際の注意点などを解説します。

オリンピックの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、オリンピックは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ブランデー
  • オレンジキュラソー
  • オレンジジュース

このうち糖質が含まれるものは、「ブランデー」に0g、「オレンジキュラソー」に8.3g、「オレンジジュース」に16.9g程度含まれています。
つまり、オリンピックにはおおよそ25.3g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

オリンピックのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてオリンピックのカロリーはどうなのでしょうか。

オリンピックのカロリーは1杯あたりだいたい290kcalほどです。
カクテルはお店によって分量が違うことがありますが、オリンピックはそのレシピがどこでも統一されています。ブランデーとオレンジキュラソーとオレンジジュースが1:1:1の割合となります。ただし、その量は決まってなくてグラスのサイズによって異なってきます。今回のカロリー量は総量が90ml(つまり、各30ml)として導き出しています。




オリンピックのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなオリンピックですが、上手にオリンピックと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはオリンピックが持つダイエット効果についてご紹介します!

ダイエット効果①ビタミンC

アルコール摂取すると、体内でそれを分解するためにビタミンCが消耗されてしまいます。ビタミンCはコラーゲンを生成したり、免疫力を高めてくれる栄養素です。そのため、アルコールを飲んだときはなるべくビタミンCを補充した方がいいのです。その点、オリンピックはオレンジジュースが3分の1も占めています。ビタミンCといえば、柑橘類に多く含まれているのが知られてますが、オレンジジュースも例外ではありません。ビタミンC不足にならないメリットがあります。

ダイエット効果②クエン酸

オレンジにはクエン酸が含まれています。このクエン酸は、新陳代謝に必要不可欠な栄養素で、これを摂ることで疲労回復しやすくなると言われています。特に、ダイエット中は、スポーツで日々体を動かしている人も少なくありません。疲労が蓄積してしまったら、それが苦しくて途中で断念してしまうケースも多いです。そのようなことがないように疲労を回復させるためにも、オリンピックに含まれているクエン酸が効果的だと言えるでしょう。

糖質制限ダイエット中にオリンピックを飲むときの注意点

オリンピックを飲むときの注意点を3つほど紹介します。

注意点①カロリーが高い

レシピを見ても分かる通り、オレンジジュースが3分の1を占めているほどです。オレンジジュースには砂糖が配合されていることもあり、糖質も多いので糖質制限ダイエットをしている人には不向きです。さらに、アルコールのカロリーは脂肪にはなりにくいですが、オレンジジュースのカロリーは脂肪になりますし高いです。そのため、オリンピックを飲み過ぎてしまうとカロリー過多となって太ってしまう原因にもなってしまうため、飲み過ぎは厳禁です。

注意点②泥酔は禁止

オレンジジュースが多く含まれていることから、カロリーや糖質が高いもののアルコール度数は低めとなっています。
そのため、ほろ苦さと甘さのあるカクテルであるためジュース感覚で飲めるため女性にも人気のカクテルです。しかし、いくらアルコール度数が低くても何杯も飲んでしまうと泥酔してしまいかねません。ダイエットは日々の同じことの繰り返しとなりますが、泥酔することでそのリズムが狂ってしまうこともあります。泥酔しないくらいに抑えておいた方がいいでしょう。

注意点③食べ過ぎに注意

お酒を飲むとどうしても料理やおつまみを食べたくなってしまうものです。でも、お酒よりもカロリーも糖質も高いのがその料理。お酒そのものは太らないのに、お酒で太ると思われてしまうのは、この料理にあるわけです。そのため、お酒を飲むときは料理に細心の注意を払う必要があるでしょう。特に、最近よく聞かれるようになった「最後のしめにラーメン」というパターンはダイエットの面で見ると最悪の一手なのでそこは控えるべきでしょう。




糖質制限ダイエット中のオリンピックの効果的な飲み方

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなオリンピックですが、上手にオリンピックと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはオリンピックが持つダイエット効果についてご紹介します!

 

効果的な飲み方①家庭でカクテル

オリンピックはブランデー・オレンジキュラソー・オレンジジュースの3つを同じ割合で配合してシェイクするだけの簡単なカクテルです。そのため、家庭でも簡単に作ることができます。この3つのうち一番糖質が高いのがオレンジジュースです。もしも、ダイエットをしているのならば、使われるオレンジジュースを糖分の少ないものに取り換えることで、カロリーを大幅に抑えることができます。家庭でカクテルを作れる人はお試ししてみることをオススメします。

 

効果的な飲み方②おつまみを工夫

お酒だけでは物足りなくて何か一緒に食べたいと思うのが普通でしょう。先ほど述べたように、カロリーのある食事をとってしまうと太ってしまいます。でも、カロリーのない食事ならば問題はありません。またアルコール摂取すると失われる体内で消費されてしまう栄養素はビタミンC以外にもビタミンB群やカリウムなどがあります。それをお酒のおつまみとして補充するのは、理にかなっていると言えるでしょう。満腹感も得ることができるため、ストレスの軽減にもなります。

オリンピックの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はオリンピックの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にオリンピックをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにオリンピックは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加