キルシュ・カシスの糖質・カロリーは高い?低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

キルシュ・カシスはキルシュ・リキュールとカシス・リキュールをソーダで割ったカクテルの一種。カシスソーダにチェリー風味を加えたようなカクテルで、飲みやすく人気ですが、気になるのはそのカロリーや糖質。ダイエット中にもキルシュ・カシスは飲んで大丈夫でしょうか。

今回は、キルシュ・カシスを飲む際の注意点などを解説します。

キルシュ・カシスの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、キルシュ・カシスは次のものが原料(材料)として使われています。

  • キルシュ・リキュール
  • カシス・リキュール
  • ソーダ水

このうちキルシュ・リキュールに含まれる糖質は約7g、カシス・リキュールに含まれる糖質も約7g、ソーダ水に含まれる糖質は0gです。

つまり、キルシュ・カシス一杯の糖質は約14gということになります。

糖質が多すぎるということはありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

キルシュ・カシスのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてキルシュ・カシスのカロリーはどうなのでしょうか。

キルシュ・カシスのカロリーは1杯あたり約140kcalほどです。ビール1缶とほぼ同じカロリーだと考えると、やや高めと感じます。キルシュ・カシスは甘みがあって飲みやすいので、飲みすぎによるカロリーオーバーには注意が必要です。




キルシュ・カシスのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなキルシュ・カシスですが、上手にキルシュ・カシスと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはキルシュ・カシスが持つダイエット効果についてご紹介します!

①飲み方を工夫して空腹感を減少!

キルシュ・カシスはソーダ水(炭酸水)で割ったカクテルです。アルコールは胃を刺激して食欲を増進させますが、炭酸は逆に満腹感が得られやすく、食事の前に飲むとおつまみの食べ過ぎを防止する効果があります。外食時はなるべくカロリーを気にせず食事を楽しみたいものでえすが、食事と合わせてキルシュ・カシスを飲むと自然と満腹感が増し、総カロリーが抑えられることになります。

②カシスのビタミンCで免疫機能を高め、ストレス抑制。

カシスにはオレンジの約3倍のビタミンCが含まれています。

ビタミンCは身体の働きを助け、調子を整えるために欠かすことの出来ない栄養素です。また、ビタミンCには、免疫機能を高めたり、ストレスを軽減するホルモンの生成を促すなどの働きもあります。ダイエット中はストレスがたまりがちですが、キルシュ・カシスを飲むことにより、ダイエット中のストレスも抑えることができます。

糖質制限ダイエット中にキルシュ・カシスを飲むときの注意点

このように飲み方によってはダイエット中でも安心と思われるキルシュ・カシスですが、飲むときにはいくつかの注意点があります。

①合わせるおつまみの糖質・カロリーに注意

キルシュ・カシスにも糖質が多く含まれていますが、お酒を飲むときにはおつまみという誘惑があります。おつまみはお酒に合うように濃いめに作られていることも多く、一度食べると止まらなくなってしまう可能性があります。キルシュ・カシスと合わせておつまみを食べる際には、肉やお魚、チーズなど、特に糖質が低いものを選ぶようにしましょう。

②アルコールをとりすぎると脂肪が分解しずらくなるので注意

キルシュ・カシスは二種類のリキュールを合わせているため、アルコール度数は約9%とやや高めです。体内にアルコールが多く入ると、肝臓はアルコールを先に分解し、おつまみなどを後回しにして分解します。すると、おつまみが脂肪になりやすくなってしまうので、適量を飲むことが大切です。

③糖質多めのカシス・リキュールに注意

キルシュ・カシスに含まれるカシス・リキュールには様々な種類がありますが、中には糖質が高めの甘みが強いリキュールもあります。「クレーム・ド」がついているカシス・リキュールがその代表です。自分でキルシュ・カシスを作るときは、「クレーム・ド」のついていないカシス・リキュールがおすすめです。糖の含有量が少ないので、ソーダ水で割ってもスッキリとしたおいしさが感じられます。




糖質制限ダイエット中のキルシュ・カシスの効果的な飲み方

このように、ダイエット中でも取り入れやすいキルシュ・カシスですが、飲み方によりさらに効果がアップします。

①ソーダ水を増やして満足感アップ

キルシュ・カシスには糖質高めのキルシュ・リキュールとカシス・リキュールが含まれていますが、ソーダ水に糖質は含まれていません。ノンカロリー・無糖のソーダ水を多めに加えることで、空腹を抑制し、便秘解消や代謝アップ
が期待できます。またソーダ水には食事やサプリの栄養を効率よく吸収するという効果もあります。キルシュ・カシスを自分で作って飲むときには、ソーダ水を気持ち多めにするとダイエットには効果的です。

②カシスのポリフェノールで脂肪減少

カシスに代表されるベリーに含まれるポリフェノールは、脂肪燃焼効果があるといわれています。皮下脂肪には白色脂肪細胞という脂肪をため込む細胞がありますが、ポリフェノールはこの白色脂肪細胞を、燃焼効果のあるベージュ脂肪細胞に変えることができるといわれています。キルシュ・カシスは甘さが強くダイエットの敵と思われがちですが、カシスは脂肪減少に役立つと考えれば、ダイエット中でも取り入れやすくなります。

キルシュ・カシスの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はキルシュ・カシスの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にキルシュ・カシスをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにキルシュ・カシスは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

[post_bottom_supplement]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加