【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】



 

ウィスキーをベースにして、スウィートベルモットとアンゴスチュラビターズで作る中甘辛口のカクテルであるマンハッタン。
カクテルの女王と呼ばれているおしゃれな大人の雰囲気のカクテルですが、ダイエット中に飲んでもよいものなのでしょうか。

今回はマンハッタンを飲む際の注意点などを解説します。

マンハッタンの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、マンハッタンには次のものが原料(材料)として使われています。

  • ウィスキー
  • スウィートベルモット
  • アンゴスチュラビターズ
  • 砂糖漬けのさくらんぼ(お好み)
  • レモンピール(お好み)

このうち糖質が含まれるものはスウィートベルモットで、糖質量は100mlに17.2g程度となっています。
マンハッタン一杯(60ml)では約3.5g程度の糖質量となっています。
砂糖漬けのさくらんぼ、レモンピールを入れた場合は一杯約4.5gの糖質量となります。
糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、たくさん飲んでしまうとそれなりの糖質量になるので、飲む量には注意が必要です。

マンハッタンのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。マンハッタンのカロリーはどうなのでしょうか。

マルガリータ一杯(60ml)あたりおよそ120kcalほどです。

他のアルコール飲料の一般的な量でのカロリーは、ビールが200kcal、カルアミルクやジントニックは178kcal、ワインは100kcalとなります。アルコール飲料の中ではやや低カロリーと言えます。

しかし、ウィスキーベースでアルコール度数が高いカクテルなので、少量で提供される場合が多く、飲みすぎるとカロリーオーバーになってしまうので注意が必要です。