マンハッタンの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】



 

ウィスキーをベースにして、スウィートベルモットとアンゴスチュラビターズで作る中甘辛口のカクテルであるマンハッタン。
カクテルの女王と呼ばれているおしゃれな大人の雰囲気のカクテルですが、ダイエット中に飲んでもよいものなのでしょうか。

今回はマンハッタンを飲む際の注意点などを解説します。

マンハッタンの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、マンハッタンには次のものが原料(材料)として使われています。

  • ウィスキー
  • スウィートベルモット
  • アンゴスチュラビターズ
  • 砂糖漬けのさくらんぼ(お好み)
  • レモンピール(お好み)

このうち糖質が含まれるものはスウィートベルモットで、糖質量は100mlに17.2g程度となっています。
マンハッタン一杯(60ml)では約3.5g程度の糖質量となっています。
砂糖漬けのさくらんぼ、レモンピールを入れた場合は一杯約4.5gの糖質量となります。
糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、たくさん飲んでしまうとそれなりの糖質量になるので、飲む量には注意が必要です。

マンハッタンのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。マンハッタンのカロリーはどうなのでしょうか。

マルガリータ一杯(60ml)あたりおよそ120kcalほどです。

他のアルコール飲料の一般的な量でのカロリーは、ビールが200kcal、カルアミルクやジントニックは178kcal、ワインは100kcalとなります。アルコール飲料の中ではやや低カロリーと言えます。

しかし、ウィスキーベースでアルコール度数が高いカクテルなので、少量で提供される場合が多く、飲みすぎるとカロリーオーバーになってしまうので注意が必要です。




マンハッタンのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなマンハッタンですが、上手にマルガリータと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはマンハッタンが持つダイエット効果についてご紹介します!

樽ポリフェノールで代謝と血管機能を向上

原料であるウィスキーには樽ポリフェノールが多く含まれています。
このポリフェノールの抗酸化作用により、活性化酸素を分解して細胞が若返ることによって、内蔵の動きが活発になり、代謝が良くなることで脂肪を燃焼させやすい体質になります。

さらにポリフェノールは血管の酸化を防ぐ効果があります。
これによって、血管機能の低下を防ぎ、正常化し血液の流れを良くすることで、むくみの解消につながりダイエット効果が期待できます。

香りで脂肪代謝促進

ウィスキーはオーク材で作られた樽のなかで熟成させることで、で独特の香りとまろやかさをもつようになります。
この樽熟成がウィスキー成分とオーク材成分の複雑な反応を可能にし、ポリフェノール類をはじめとする様々な成分、豊な香りを生みだします。

このウィスキーの豊な香りが脂肪代謝を促すホルモンを増加させてくれます。
これにより、体内で脂肪が吸収されるのを防ぎ、太りにくい体質にかえてくれます。
ですが、おつまみに油物や脂質の高い食べ物を選んでしまってはカロリーオーバーになってしまうので、おつまみ選びには注意が必要です。

糖質制限ダイエット中にマンハッタンを飲むときの注意点

これまでマンハッタンの糖質量やカロリーを紹介してきましたが、糖質を含んでいるマンハッタンを糖質制限ダイエット中に飲んでも良いのでしょうか。
ここではマンハッタンを飲むときの注意点を紹介します。

体調と相談する

糖質制限ダイエットは、基礎代謝を向上させ肝臓や腸などの臓器の働きを活発にするという効果があります。
しかし、ウィスキーベースのマンハッタンは高アルコール度数なので肝臓に負担がかかり、アルコールを分解する機能が低下してしまします。
そして結果的に基礎代謝が落ち、太りやすい体になってしまう原因になります。

ですので、寝不足や風邪などの体調に不安があるときはできるだけ飲酒を控えるか少量の飲酒を心がけることが必要になります。

おつまみはさっぱり系をチョイス

ウィスキーベースのマンハッタンはベースであるウィスキーには糖質が含まれていません。
マンハッタン自体の糖質量も他のカクテルと比べると比較的少な目と言えます。

しかし、いくら糖質量が少ないからといっておつまみにピザやチャーハンなどの糖質量の高い食べ物を選んでは意味がありません。
おつまみには糖質量の少ない刺身やササミなどの高タンパク質でヘルシーなものにするように心がけましょう。

適量を心がける

マンハッタンはウィスキーベースのカクテルであり、アルコール度数が高く、腸や肝臓などの臓器に大きな負担がかかります。
臓器に負担がかかると基礎代謝が落ち体調をくずしたりしてしまいます。

また、カクテルなどのアルコール飲料はエンプティ―カロリーなのでどんなに飲んでも大丈夫だと思っている方もいますが、エンプティ―カロリーは優先的に消費されていくものであって他の成分は残ります。
ですので、糖質を含んでいるものを飲めば飲むだけ糖質を摂取してしまうとういうことを意識して飲むようにしましょう。




糖質制限ダイエット中のマンハッタンの効果的な飲み方

ここでは、マンハッタンの効果的な飲み方を紹介します。糖質制限ダイエット中でも知識を身につけて飲めばダイエット効果を促進させることができます。

ここではマンハッタンのおすすめの飲み方を紹介していきます。

食後に飲む

糖質制限ダイエットでは糖質に注意しなくてはいけません。
ですが、主食である米やパンには多くの糖質が含まれていて、普通に食事をすると必ず摂取してしまいます。
しかし、ある程度のカロリーを摂取しなければ体力の低下を起こしてしまいダイエットどころではなくなってしまいます。

マンハッタンのカロリーは一杯(60ml)あたりおよそ120kcalとなっていて糖質量も3.5gと糖質制限ダイエットにはとても効果的といえます。
米やパンの量を減らし食後にマンハッタンを飲むことで糖質量を抑えることもでき、カロリーも摂取することができます。
注意することは、マンハッタンはアルコール飲料であり、胃に負担がかかってしまうので、必ず食事後か何かを食べてから飲むようにしましょう。

セサミンで相乗効果

ウィスキーベースのカクテルであるマンハッタンにはポリフェノールが多く含まれています。
実はこのポリフェノールはセサミンと一緒に摂取することで、相乗効果を得ることができます。
セサミンはポリフェノールの一種であり、高い抗酸化作用が含まれています。
これらの抗酸化作用が相乗効果を発揮することで、新陳代謝アップだけではなく、デトクッス効果なども得ることができます。
セサミンはゴマなどに多く含まれているので、胡麻和えなどの料理と一緒にマンハッタンを飲むと効果的です。

マンハッタンの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はマンハッタンの糖質量やカロリーについて紹介しました。
ダイエット中にマンハッタンをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにマンハッタンは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加