【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

カシスオレンジはリキュールをベースとしたカクテルの一種。苦みが少なく、すっきりした味わいであることから女性に人気ですが、気になるのはそのカロリーや糖質。ダイエット中にもカシスオレンジは飲んで大丈夫でしょうか。

今回は、カシスオレンジを飲む際の注意点などを解説します。

カシスオレンジの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、カシスオレンジは次のものが原料(材料)として使われています。

  • カシスリキュール
  • オレンジジュース

このカシスリキュールに含まれる糖質は約7g、オレンジジュースに含まれる糖質は約15gです。

つまり、カシスオレンジ一杯の糖質は約22gということになります。

カクテルの中でも糖質はやや多めなので、何杯か飲む人は注意が必要です。

カシスオレンジのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてカシスオレンジのカロリーはどうなのでしょうか。

カシスオレンジのカロリーは1杯あたり約144kcalほどです。ビール1缶とほぼ同じカロリーだと考えると、やや高めと感じます。カシスオレンジはアルコール度が低く飲みやすいので、飲みすぎによるカロリーオーバーは注意が必要です。




カシスオレンジのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなカシスオレンジですが、上手にカシスオレンジと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはカシスオレンジが持つダイエット効果についてご紹介します!

①オレンジジュースのビタミンB1で糖質を減少!

オレンジジュースには、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1には、糖質の代謝を促してくれる働きがあり、ダイエットに効果的です。本来、糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きによって、糖質は体脂肪に変換されるのですが、ビタミンB1を摂取していることで、その糖質を脂肪になる前に代謝してくれるのです。

②オレンジジュースでコレステロール値を下げる!

オレンジジュースには、「イノシトール」という成分も豊富に含まれており、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあります。血液中のコレステロール値が下がることで、体内の注意性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的と言われています。

糖質制限ダイエット中にカシスオレンジを飲むときの注意点

このように飲み方によってはダイエット中でも安心と思われるカシスオレンジですが、飲むときにはいくつかの注意点があります。

①合わせるおつまみの糖質・カロリーに注意

カシスオレンジにも糖質が多く含まれていますが、お酒を飲むときにはおつまみという誘惑があります。おつまみはお酒に合うように濃いめに作られていることも多く、一度食べると止まらなくなってしまう可能性があります。カシスオレンジと合わせておつまみを食べる際には、肉やお魚、チーズなど、特に糖質が低いものを選ぶようにしましょう。

②アルコールをとりすぎると脂肪が分解しずらくなるので注意

カシスオレンジのアルコール度数は約3.2%と高くはありませんが、飲みやすいので何杯も飲んでしまうというおそれがあります。アルコールを飲み過ぎてしまうと、肝臓はアルコールを先に分解し、おつまみなどを後回しにして分解します。すると、おつまみが脂肪になりやすくなってしまうので、適量を飲むことが大切です。

③市販のカシスオレンジの糖質・カロリーに注意

コンビニやスーパーでなどで販売されている缶のカシスオレンジは、オレンジスライスを加えなくても飲みやすい味を実現するために、居酒屋などで出されるものよりも糖分が多く、高カロリーの商品が多くなっています。ダイエット中にカシスオレンジを飲むときは、居酒屋、またはカシスリキュールを購入して自分で作った方が安心です。自分で作るときは、低カロリーのオレンジジュースを選ぶとさらにダイエット効果があがります。