○○の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】




かわいらしいその見た目から女性に人気の、甘酸っぱい日本酒カクテルの撫子。味が濃く、甘みの強い撫子。ダイエット中に飲むとなると、甘さからカロリーや糖質を気にしてしまいがちです。そんな撫子ですが、ダイエット中に飲んでもいいのでしょうか。

 

実際、撫子のカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、撫子のカロリー・糖質量やダイエット中に撫子を飲む際の注意点などを解説します。

撫子の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

 

そして、撫子は次のものが原料(材料)として使われています。

  • 日本酒 60ml
  • 卵白 1/3 
  • レモン果汁 小3
  • グレナデンシロップ 小2
  • ガムシロップ 小1

このうち糖質が含まれるものは、「日本酒」に0g、「卵白」に0g、「レモン果汁」に 0g、「グレナデンシロップ」に6.5g、「ガムシロップ」に2.5g程度含まれています。

つまり、撫子1杯にはおおよそ9g程度の糖質が含まれていることになります。

 

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

撫子のカロリー

 

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして撫子のカロリーはどうなのでしょうか。

 

撫子のカロリーは1杯あたりだいたい114kcalほどです。

日本酒カクテルである撫子ですが、カロリーが低いといった印象はあまり見受けられません。やはり、シロップ類が多く含まれているためその分カロリーも高めです。日本酒を飲んだことがない人にはチャレンジしやすいカクテルですが、甘みが多くカロリーや糖質は含まれているので飲み過ぎには注意しましょう。また、砂糖を熱湯で煮るとガムシロップができます。砂糖の量を調整して甘さ控えめのガムシロップを自作することをおすすめします。




撫子のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな撫子ですが、上手に撫子と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

 

ここからは撫子が持つダイエット効果についてご紹介します!

タンパク質で代謝UP!

タンパク質は体を作る上で欠かせない必要な成分です。卵白にはそのタンパク質が豊富に含まれています。撫子には材料として卵白が含まれているのでタンパク質も当然ながら含まれています。タンパク質を摂取しない場合、体にどのような変化があるかご存じでしょうか。タンパク質は筋肉を作る上で必要な成分です。タンパク質を摂取しない場合、筋力の低下に繋がり体を動かすのが億劫になります。そうすると筋肉量が減り、代謝が落ちてしまいます。ダイエット中は少しでも代謝をあげたいと思うのが普通ですから、積極的にタンパク質を摂取しましょう!

卵の力で筋トレの効率を良くしよう!

上記でも説明しましたが、筋肉を作る上で欠かせない栄養素がタンパク質です。逆に言ってしまえば、タンパク質を摂取しないと筋肉が作られにくいので、筋トレをしてもなかなか効果が現れないなど、効率が悪くなってしまうのです。また、タンパク質には疲労回復や筋肉痛の回復に効果があります。より早く筋肉痛を治すことで筋トレのサイクルが上がり、筋トレの効率が良くなります。ですが、撫子には糖分も含まれているため、飲み過ぎには十分注意しましょう。

糖質制限ダイエット中に撫子を飲むときの注意点

撫子には卵白が含まれており、健康やダイエットには良さそうなイメージです。ですが、どの飲み物・食べ物にもメリット・デメリットはつきものです。ダイエット中となるとなおさらです。ここではダイエット中に撫子を飲む際の注意点を紹介したいと思います。

血糖値の上昇に気をつけよう!

糖質ダイエットとなると、やはり糖分が気になりますよね。できれば糖分は避けたいところですがすべての糖質を抜くとなると相当なストレスになりかねません。撫子には糖質ダイエット中には避けたいシロップ類の糖分が含まれています。糖分を摂取すると血糖値は急激に上昇します。その後、血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。インスリンには使い切れなかった糖分を脂肪に変える働きがあるため、大量にインスリンが分泌されると太りやすくなります。撫子には糖分が含まれており、短時間で何杯も飲んでしまうと血糖値の急激な上昇に繋がります。同じ量の糖分を摂取するにしても、時間をかけて飲むことで血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

日本酒は酔いやすい!飲み過ぎに注意

甘酸っぱい撫子はとても飲みやすいですが、撫子は日本酒を割った飲み物です。日本酒といえば度数が高く、酔いやすいイメージではないでしょうか。ちなみにですが、特定のお酒が酔いやすく、特定のお酒が酔いにくいということはありません。飲めば飲むほど酔うということです。なので撫子も、ゆっくりとたしなむことで急激な酔いは避けられます。なぜ急激な酔いを避けるかというと、酔った状態の思考回路は物事の判断を鈍くさせます。気分が良くなり飲み過ぎてしまったり、ついつい食べ物に手を出してしまったりするのです。おつまみはカロリーや糖分が多く含まれているのが多いのでダイエット中には気をつけたいところです。ガブ飲み、ドカ食いを避けるためにもお酒を飲む際は酔いすぎに注意しましょう。

空きっ腹にお酒はNG!

たとえばお水。お水を飲むと胃のなかにとどまり、少しずつ十二指腸から小腸、そして大腸へと運ばれます。お水は胃で吸収されず腸で吸収されます。一方アルコールの場合は胃で2~3割吸収され、腸で7~8割吸収されます。胃の中が空っぽだと、胃から腸へ急速にアルコールが運ばれてしまいます。体内に入ったアルコールは肝臓へ運ばれ分解されますが、空きっ腹で飲んだアルコールは、肝臓へ運ばれるスピードが速く分解が追いつかず酔いやすくなってしまいます。また、アルコールは刺激が強いので空きっ腹で飲むと胃粘膜を荒らす原因になります。酔いやすく、消化器官にも負担をかけますので空きっ腹で飲むのは絶対にやめましょう。




糖質制限ダイエット中の撫子の効果的な飲み方

さて、これまで撫子のカロリーや糖質、飲む際の注意点や、ダイエット効果を紹介しましたが、撫子を飲む際、ダイエットや健康に効果的な飲み方があります。ここでは、その効果的な飲み方を紹介します。どんどん試して、健康的な体を手に入れましょう!

手作り撫子でカロリーオフ!

飲食店で出される撫子は糖分が含まれています。もちろん手作りにしても糖分は含まれますが、量を調節出来るため、飲食店の撫子に比べるとカロリーや糖質を抑えることができます。撫子に含まれている糖類は主にグレナデンシロップとガムシロップです。グレナデンとはザクロのことで、撫子のかわいらしい赤色はザクロと砂糖を煮詰めたグレナデンシロップの赤色です。一方ガムシロップはお水と砂糖を煮詰めた物になります。砂糖の量を調節して糖質オフのシロップを作ってみてはいかがでしょうか。また、手軽に済ませたいならカロリーゼロのシロップも販売していますので手軽にカロリーオフできますので、手作りすることをオススメします!

卵との食べ合わせを考えよう!

食べ合わせとは、その食べ物との相性のことをいいます。撫子には卵白が入っており、食べ合わせのいい食材は沢山あります。また、食べ合わせが悪いとその食べ物の栄養素を打ち消し合ってしまうのです。食べ物の相性を考えて摂取するだけで体にはいい効果が沢山あります。それでは、撫子に含まれる卵白と相性がよい食べ物を紹介します!

  • ウナギ 豚肉 牛肉 ニンニク カツオ

これらの食べ物は体力増強やスタミナアップに繋がります。ダイエット中には嬉しい効果です。ですが、それなりにカロリーもあるので食べ過ぎには注意しましょう。

  • イワシ マグロ ゴマ クルミ

これらの食べ物はコレステロールの低下を手助けしてくれます。どちらもダイエット中には嬉しい効果ばかりです。上記で紹介した以外にもまだまだ相性のよい食べ物はたくさんありますので、ぜひ撫子を飲む際に取り入れてみてはいかがでしょうか。

撫子の糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

 

今回は撫子の糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に撫子をとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように撫子は意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加