カリフォルニア・レモネードの糖質・カロリーは高い?低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】




カリフォルニア・レモネードとはバーボン・ウイスキー 、レモンジュース、ライムジュース 、シロップ 、砂糖をシェイクし、ソーダを混ぜたカクテルです。爽やかで飲みやすカクテルですが、カリフォルニア・レモネードはダイエット中でも飲んでいいのでしょうか。今回は、カルフォルニア・レモネードを飲む際の注意点などを解説します。

カリフォルニア・レモネードの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、カリフォルニア・レモネード1杯には次のものが原料(材料)として使われています。

  • ウイスキー・バーボン
  • レモンジュース
  • ライムジュース
  • 砂糖 
  • シロップ
  • ソーダ水

このうち糖質が含まれるものは、レモンジュースに6g、ライムジュースに6グラム、シロップに6グラム、砂糖に8.8g程度含まれています。バーボンには糖質が含まれていません。

つまり、カリフォルニア・レモネード1杯にはおおよそ26.8g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

カリフォルニア・レモネードのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてカリフォルニア・レモネードのカロリーはどうなのでしょうか。

カリフォルニア・レモネードのカロリーは1杯あたりだいたい190kcalほどです。

レモンやライムは果物のなかでも低カロリーなので多少大目に入れても安心ですが、砂糖やシロップを入れすぎると一気にカロリーが高くなるので注意が必要です。




カリフォルニア・レモネードのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなカリフォルニア・レモネードですが、上手にカリフォルニア・レモネードと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはカリフォルニア・レモネードが持つダイエット効果についてご紹介します!

①飲み方を工夫して空腹感を減少!

カリフォルニア・レモネードに含まれるバーボンは、トウモロコシを原料としたウイスキーです。ウイスキーは、他のお酒に比べるとカロリーが低く、糖質もほとんどありません。また、アルコールは胃を刺激して食欲を増進させますが、ソーダ水は逆に満腹感が得られやすく、食事の前に飲むとおつまみの食べ過ぎを防止する効果があります。なるべくカロリーを気にせず食事を楽しみたいものですが、最初の一杯にソーダ水で割ったカリフォルニア・レモネードを選ぶと自然と総カロリーが抑えられることになります。

①食物繊維で便秘解消!

レモンやライムにはペクチンという食物繊維の一種が含まれています。

食物繊維は、腸内環境を整えお通じを改善してくれるという効果の他に、消化に時間がかかるため、満腹感が持続しやすいという利点もあります。また、豊富な食物繊維は、コレステロール値を下げる、血糖値を安定させるなどの効果もあります。レモンジュースとライムジュースを加えて作るのカリフォルニア・レモネードは、食物繊維が豊富で便秘解消にも一役買ってくれるカクテルなのです。

②クエン酸効果で新陳代謝を活発に!

レモンやライムに含まれるクエン酸やビタミンCは、疲労回復を早めてくれます。それにより、新陳代謝が活発になり脂肪が燃えやすい状態を作るのです。細胞にはクエン酸回路というエネルギーを代謝する回路があり、身体を健康に保ち活性化させてくれます。クエン酸は通常体内で自然に作られるものですが、食生活の乱れにより不足するとクエン酸回路の動きが低下してしまうのです。食生活が乱れがちな人は、カリフォルニア・レモネードに代表されるレモン・ライム系カクテルを飲むことでクエン酸不足を解消することができます。

糖質制限ダイエット中にカリフォルニア・レモネードを飲むときの注意点

このようにダイエットに最適と思われるカリフォルニア・レモネードですが、飲むときにはいくつかの注意点があります。

①飲みすぎによる糖質・カロリーオーバーに注意

バーボンやレモン、ライムは低カロリー・低糖質ですが、カリフォルニア・レモネードに加える砂糖やシロップの量によってはカロリー・糖質オーバーになります。何杯か飲みたい人は、低カロリーシュガーを使うなど工夫が必要です。また、加えるレモンンジュースやライムジュースも、加糖のジュースを使ってしまうと糖質・カロリーオーバーになってしまうので、注意が必要です。フレッシュな果実を絞ったレモンジュース、ライムジュースを使用しましょう。

②クエン酸をとりすぎると逆に太りやすくなるので注意

レモンやライムに含まれるクエン酸が代謝を促す働きがあることをお伝えしましたが、実はそれだけでダイエット効果があるわけではありません。人間の体内でエネルギーを作るためにはブドウ糖と脂肪酸が必要ですが、クエン酸にはこれらの成分がエネルギー変換するのを制御する働きがあることもわかっています。つまり過剰にクエン酸を摂取してしまうと、エネルギーにはならずどんどん脂肪がたまってしまうのです。

栄養バランスのとれた食事を心がけたうえで、不足分のクエン酸をプラスすると、新陳代謝がアップしてダイエット効果が期待できるかもしれませんが、必要以上にクエン酸を摂ると太る原因となるので注意してください。

③空腹時の摂取による胃の荒れに注意

レモンやライムに含まれる食物繊維は消化に時間がかかるため、満足感が持続しますが、空腹時にレモンやライムを摂ると、胃腸を荒らすことがあります。体調に不安がある場合には、食中や食後にカリフォルニア・レモネードを飲む、レモンジュースやライムジュースの量を減らすなど工夫をしてください。




糖質制限ダイエット中のカリフォルニア・レモネードの効果的な飲み方

このように、ダイエットの強い味方であるカリフォルニア・レモネードですが、飲み方によりさらに効果がアップします。

①レモンやライムの切り方でダイエット効果アップ

レモンやライムを絞ってジュースを作る時に、横半分の輪切りにして使うことが多いと思いますが、それでは果肉部分が多く残ってしまい、せっかくの成分を十分に抽出することができません。

そのような時は、縦にカットして薄くしたものを絞るとよいでしょう。レモンやライムの成分を十分に摂取することで、前述したクエン酸や食物繊維の効果がアップします。

②シロップを減らしソーダ水を増やして満足感アップ。

カリフォルニア・レモネードには砂糖とシロップが含まれていますが、ダイエット中は自分で作ってシロップや砂糖を減らすとカロリーを減らせます。また、ソーダ水を多めに入れると、満腹感が増し、おつまみの食べ過ぎも防げます。逆に、お店で出されるカリフォルニア・レモネードには加糖のレモンジュースやライムジュースが使われている可能性もあるので注意が必要です。ダイエット中は、自分でカリフォルニア・レモネードを作って飲むのが安心です。

カリフォルニア・レモネードの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はカリフォルニア・レモネードの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にカリフォルニア・レモネードをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにカリフォルニア・レモネードは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加