コーンパンの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

コーンパンと聞くと、マヨネーズや卵がたっぷりと乗っていて高カロリーなイメージがありますよね。実際そのカロリーは約200キロカロリーを超えており、一般的にはダイエットに不向きと考えられていました。ですがマヨネーズに含まれる卵はビタミンEが豊富で腹持ちがいいのです。ですから余計な間食をしなくて済むのです。コーンパンの糖質や食べる時の注意点をわかりやすく解説します。

コーンパンの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、コーンパンは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ①強力粉
  • ②ドライイースト
  • ③砂糖
  • ④塩
  • ⑤バター
  • ⑥卵黄
  • ⑦牛乳
  • ⓼コーン

このうち糖質が含まれるものは、コーンパン93グラムにつき23.5グラムほどの量と考えられます。糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何個も食べる人には、注意が必要です。

コーンパンのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてコーンパンのカロリーはどうなのでしょうか。

コーンパンのカロリーは100gあただいたいり258キロカロリーです。同量の食パンのカロリーが251kcalですので、さほどかわりません。

 




コーンパンのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなコーンパンですが、上手にコーンパンと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはコーンパンが持つダイエット効果についてご紹介します!

コーンは米、麦に並ぶ三大穀物

コーンは甘みがありスープやサラダなど様々な料理に使われて非常に重宝されているのですが、コーンにはエネルギーの補給源となる糖質が含まれています。ビタミンB群を豊富に含有しており、ビタミンEやカリウム、マグネシウム、カルシウムといった栄養素も入っています。栄養素が非常にバランスが整っているのです。糖質を一切カットすると仕事や運動に支障をきたしてしまうので適度のな糖質は必須なのですその点、栄養バランスの整ったコーンなら糖質も含まれているのでおすすめです。

卵がたっぷり含まれているから腹持ちがいい

ダイエットの時は無理な食事制限をしがちです。ですが適度な炭水化物と糖質はダイエットに必須なのです。運動消費や脳を活性化させるためにも必要最低限の摂取をしておきましょう。コーンパンにはマヨネーズが使われています。その中にはもちろん卵が入っていますが、卵には皮膚再生やエネルギー消費に欠かせないビタミンEがたっぷり入っているのです。しかも腹持ちがいいので、小腹がすいたからと間食をする回数がぐんと減ります。

糖質制限ダイエット中にコーンパンを食べる時の注意点

以上述べてきたように、ダイエット効果も期待できるコーンパンですが、カロリー、糖質が決して低くはないことも事実です。注意点を良く守ることも重要になってきます。

カロリーが高いので食べすぎないようにする

食物繊維や栄養バランスが整っているコーンといえどもやはりカロリーは高いのは事実です。100グラムあたり23グラムの糖質があるので、2個も3個も食べてしまうと効果が得るどころか全く意味がありません。またマヨネーズのカロリーも高いので、1日1個にしてできれば朝食に食べるとしっかりとエネルギーとして消化してくれます。

コンビニのコーンパンはカロリーが高い

よくコンビニで見かけるコーンパンですが、実は350キロカロリーほどあるコーンパンがほとんどです。しかもおいしさを際立たせるためにマヨネーズをあふれんばかりにたっぷりと使用してあるので、できるだけ控えましょう。パン屋さんのコーンパンや自宅で作ってみるのもお勧めします。

 




糖質制限ダイエット中にコーンパンの太らない効果的な食べ方

ここでは、コーンパンの効果的な食べ方を紹介します。以下の説明を参考にして、よりダイエット効果をあげてください。

サラダなどの野菜を食べる

コーンパンを食べるときには、野菜たっぷりのサラダ類も一緒につけましょう。先に野菜を食べておくことでそのあとに食べる糖質を吸収し、血糖値の急上昇を防ぐことができます。腹持ちのいいコーンパンとサラダをしっかり朝食に食べることで、エネルギー消費されてしかも脂肪や糖質がカットされるのです。

飲み物はウーロン茶や麦茶にする

一緒に飲む飲み物はカロリーのないウーロン茶や麦茶にしてジュースは避けましょう。食べる前に白湯を1杯飲んでおなかを膨らませた状態で食べるのもおすすめです。白湯は体の代謝を促してくれる働きがあります。またダイエット効果のある黒烏龍茶もおすすめです。脂質と糖質の吸収をしてくれるので、カロリーを気にすることなくおいしくコーンパンをいただけます。

低カロリー・低糖質のコーンパンでダイエットを成功させよう。

今回はコーンパンの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にコーンパンをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにコーンパンは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加