お酢のカロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

お酢は健康食品として知られています。特に果実酢はバリエーションも多く、スーパーの酢のコーナーには必ず果実酢が何種類か並んでいますね。ブルーベリーやリンゴなどの果実酢がよく販売されていると思います。からだに良さそう、というイメージはあるかもしれませんが、その糖質はどうなのでしょうか??

ここではお酢の使い方や摂取のしかたについてわかりやすく説明していきます。

お酢の糖質量

ダイエットで糖質制限している場合、1日の糖質摂取量は、基本的に1日100g以下が目安です。

 

一般にお酢と呼ばれているものは、穀物や果物などからお酒を造り、それに酢酸菌を加えて発酵させた液体調味料のことを言います。主成分は酢酸で、味や香りは酢酸以外の成分(グルコン酸、コハク酸、乳酸、クエン酸、アミノ酸、糖分、ミネラルなど)の含有率によって決まります。

 

お酢の原料となるもの

①穀物(穀物・米・玄米・麦など)

②果実(りんご・ぶどう・ブルーベリー・カシスなど)

 

何を原料としてお酢を作るかによって、お酢に含まれる糖質量は変わって来ます。

酢の種類別の糖質量は以下のようになります。(100g中)

・黒酢:9.0g

・穀物酢:2.4g

・米酢:7.4g

・バルサミコ酢:19.4g

・ぶどう酢:1.2g

・リンゴ酢:2.4g

 

原料によって糖質量が全然違うことがわかりますね。

よく料理で使用されている穀物酢は100gあたりの糖質量が2.4gと少なく、低糖質食品の一つです。ひとえにお酢といっても、糖質制限で考えるのならその種類を選ぶことも大切です。バルサミコ酢はぶどうを濃縮して使用しているため、糖質が高くなっています。糖質制限中は避けたほうが良いと言えます。果実酢についても、砂糖が加えられているタイプのものはその分の糖質も高くなるので注意です。

お酢のカロリー

ダイエット中は糖質だけではなくてもちろんカロリーもきになりますよね!先ほどは酢100gあたりの糖質量でしたが、次はカロリーについても考えてみましょう。

 

・黒酢:54㎉

・穀物酢:25㎉

・米酢:46㎉

・バルサミコ酢:99㎉

・ぶどう酢:22㎉

・リンゴ酢:26㎉

 

酢の場合は糖質量に比例してカロリーも高くなります。果実酢も高い傾向ですが、果実酢を大量に使うということはあまりなく、少量を炭酸水などで割って飲むという目的で使用するのであればそれほど気にするカロリーではなさそうですね。




お酢のダイエット効果

お酢は健康食品として知られており、ダイエットにも良いというイメージはありますが、では具体的にはどのようなダイエット効果があるのでしょうか?ここからはお酢の持つダイエット効果についてご紹介していきます!

ダイエット効果①

お酢にはさまざまな栄養成分が含まれています。ダイエット効果として高い効果を発揮するのが、酢酸・クエン酸・アミノ酸です。これらにはまず脂肪の燃焼を助けてくれる効果があります。お酢を飲んだ後に家事や運動をするとさらに効果的と言えます。また、脂肪を燃焼させる働きだけでなく、脂肪を分解してくれる作用もあります。肥満の原因となる悪玉コレステロールを分解し減らしてくれます。

ダイエット効果②

お酢にはさらに血糖値の上昇を抑える働きがあります。食後の血糖値が高くなりやすい人や、血糖値を上昇させやすい食べ物ばかりを摂取すると太りやすくなり、肥満の原因になるだけでなく糖尿病を発症する恐れもあります。そのため、血糖値の上昇を抑えてくれるということはダイエット効果だけでなく糖尿病の予防にも効果的ということです。

糖質制限ダイエット中にお酢を摂取するときの注意点

ダイエット効果が期待できるお酢ですが、より効果的に取り入れるためにはお酢の種類、また摂取するタイミングや量にも気をつけてみましょう!糖質制限中にお酢を摂取するときの注意点について説明します。

注意点①できるだけ糖質の高いお酢を選ぶ。

最初に紹介した通り、お酢にはいろいろな種類があるため、できるだけ糖質の低いお酢を選びましょう。糖質の高いバルサミコ酢はできるだけ避けたほうがいいですね。果実酢は炭酸などで割ると飲みやすいですが、その際に砂糖やシロップなどを足してしまうと糖質が高くなってしまいます。お酢の酸っぱさが苦手で飲みやすくしたい場合でも、プラスする糖分は最低限にしましょう!

注意点②摂取するタイミングは食事中か食後に。

お酢は酸性食品です。空腹で胃が空っぽの状態で食前に摂取すると、胃や食道に負担となり、痛めてしまう可能性があります。また、食前に摂取することで余計に食欲増進効果が発揮されてしまい、食べ過ぎにつながってしまうことも考えられます。そのため、摂取するのは食事中、もしくは食後にしましょう!

注意点③お酢の摂取量

お酢の摂取量の目安は1日15~30㎖です。これを数回に分けて摂取するのが効果的です。1日3回食後にとるというのも良いですし、脂肪燃焼効果があるので運動前にも少量摂取するというのも良いと思います。お酢は酸であり、過剰な摂取は胃や食道に負担をかけてしまいます。ダイエット効果があるからと言ってとりすぎには注意してください。




糖質制限ダイエット中のお酢の効果的な摂取のしかた

最後にお酢の効果的な摂取方法についてご紹介します。より効果的にお酢を摂取していきましょう。

効果的な摂取方法①

お酢を毎日料理に使うというのはなかなか難しいですよね。それであれば飲み物として摂取できるのが一番良いのではないかと思います。しかし、お酢はもちろん酸っぱいですよね。当然飲みにくさを感じる人も多いかと思います。そんな場合は何かと混ぜたり水で薄めて飲むのがおすすめです。

水で薄めるよりは炭酸水で薄めると飲みやすいものも多いです。特に果実酢だとさっぱりとしたソーダのようになります。糖分を足さなくてもジュースのように飲めたりするのでおすすめです。お酢に含まれるアミノ酸やクエン酸による疲労回復効果も期待できるので夏バテや熱中症予防にも良いと思います。

効果的な食べ方②

どうしても苦手だけどダイエットとして取り入れたいという方は牛乳に混ぜてみましょう。お酢と混ぜるとトロっとした液体になるので、飲むヨーグルトのようになり飲みやすくなります。カルシウムの吸収力もアップしてくれます。

お酢の糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

お酢の糖質量やカロリーについて紹介させていただきました。お酢にはこんなにもたくさんのダイエット効果や健康効果があります。上手に摂取することで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!無理は禁物ですが、効率よく上手な取り入れ方をしていきましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加