クロワッサンの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

クロワッサンといえば、バターの良い香りがして、外側はサクサクとした食感で中はモチっと食べ応えのある美味しいイメージだと思いますが、その良い香りのバターを実はたくさん使っていたりしたら、糖質ダイエットに向いているのか気になる方もいるかと思います。今回は、クロワッサンを食べる際の注意点をわかりやすく解説します。

クロワッサンの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

 

そして、クロワッサンは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ①強力粉
  • ②薄力粉
  • ③塩
  • ④グラニュー糖
  • ⑤ドライイースト
  • ⑥牛乳
  • ⑦バター
  • ⑧卵

このうち糖質が含まれるものは、「材料①」100gあたり 69g、②は100gあたり 73.3g、④は、当然ながらほぼ100%糖質で、⑤⑥にも糖質は含まれています。材料の分量を考慮に入れると、クロワッサン1個(おおよそ40g)にはおおよそ17g程度の糖質が含まれていることになります。

 

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何個も食べる人には、注意が必要です。

クロワッサンのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてクロワッサンのカロリーはどうなのでしょうか。

 

クロワッサンのカロリーは1個(約40g)あたりだいたい179kcalほどです。

 

同量のロールパンのカロリーが126kcal、ベーグルが110kcalなのに比べると、高めといえます。

理由は、クロワッサンは比較的、バターの量がたくさん入っているからです。




クロワッサンのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなクロワッサンですが、上手にクロワッサンと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

 

ここからはクロワッサンが持つダイエット効果についてご紹介します!

腹持ちが良い

クロワッサンは、バターがたくさん使われています。バターは、牛乳が原料で、バターの成分の80%以上は乳脂肪です。しかし、バターの脂肪は、食用油脂のなかでも、消化が良く、効率的にエネルギーに変えることができるメリットがあります。また、脂肪分が高い分、糖質やタンパク質に比べて消化に時間がかかるため、腹持ちも良く、エネルギーが持続し、満足感も出て、ストレスを溜めることもありません。ですので、クロワッサンを上手に利用すれば、食べ過ぎは良くないですが、無理なく、ダイエットを続ける事ができます。

糖質は意外に少ないため、太りにくい

他のパンに比べて、バターがたくさん入っているので、糖質はその分、それほど、多くはないです。小さいクロワッサン(30g)ですと、12.6gの糖質があるに対して、ロールパンは、同量で14gやベーグルだと同量で15.6gとなりますので、これらと比べると、クロワッサンの糖質は意外に少ないことが分かります。ですので、血糖値の上昇がそれほどあがりやすくはないという事になります。ですので、血糖値の上昇に比例して分泌されるホルモン「インスリン」の分泌もそれほど増えないという事になります。インスリンは、血液中の糖を脂肪細胞に取り込むように命令を出すホルモンなので、結果として、太にくくなるというわけです。

糖質制限ダイエット中にクロワッサンを食べるときの注意点

以上述べてきたように、ダイエット効果も期待できるクロワッサンですが、カロリー、糖質が決して低くはないことも事実です。注意点を良く守ることも重要になってきます。

①食べるなら、オーソドックスなクロワッサンをチョイスする

普通のオーソドックスなバター風味のクロワッサンで、すでにカロリーが高いのは先ほどご紹介しましたが、その上にさらに、チョコレートやクリームが挟んでいたり、また、粉砂糖やチョコレートなど、さらに甘い味付けされたものでコーディングされているクロワッサンは、言うまでもなく、さらにカロリーが上乗せされてきます。また、砂糖などが加わると、血糖値の上昇も激しくなり、インスリンの分泌も多くなるので、結果的に太りやすくなります。

②小さいサイズのクロワッサンだからと食べ過ぎない

一つ一つが小さいサイズのクロワッサンほど、一袋に10個や20個など、たくさん入っている場合があります。その場合、小さいサイズだかと油断して、いくつも食べ過ぎてしまう場合があります。あらかじめ、食べる量を決めて、お皿の上に出して、食べないクロワッサンは、見えないところになおしてしまうなど、対策をとることで、気づいたら、全部食べてしまったなど、食べ過ぎを防止することができます。

③夜食に食べない

先ほど、クロワッサンは、バターがたくさん入っているため、腹持ちが良く、また、炭水化物やタンパク質よりも、身体の中で、消化する時間がかかってしまうと紹介しました。ですので、そのクロワッサンを活動量が少ない夜に食べてしまうと、使わなかったエネルギーはそのまま脂肪として身体に蓄えられてしまいます。これらを何日も続けていくと、脂肪として身体に蓄えられ、内臓脂肪が増えていくと、必然と基礎代謝も減って、太りやすい身体に変化していきます。




糖質制限ダイエット中のクロワッサンの効果的な食べ方

ここでは、クロワッサンの効果的な食べ方を紹介します。以下の説明を参考にして、よりダイエット効果をあげてください。

①プラス1品や2品加えてみる

クロワッサンは、他のパンに比べて糖質がそれほど高くないため、血糖値が上がりにくいと紹介しましたが、野菜などを加えることで、より血糖値の上昇を抑えることができます。また、クロワッサンだけでは、あまり栄養価がありませんが、野菜だけでなく、チーズやハム、卵など、タンパク質も加えることで、より栄養価が高くなります。ですので、ある程度大きさのあるオーソドックスなクロワッサンを選んで、ハムや卵などのタンパク質に、レタス、きゅうり、トマトなどの野菜を加えることで、朝食や昼食などの食事として、栄養バランスをとりながら、味を楽しんで食べることができます。

②活動量の多い朝や昼など、日中に食べる

クロワッサンは、他のパンよりもカロリーがわりと高いうえに、消化に時間がかかるため、活動量が多い朝などの日中に食べることで、上手にエネルギーを使いきることができます。また、忙しい朝など、自炊する時間がなかった場合でも、クロワッサンは腹持ちが良いため、一つ食べるだけで、昼まで、エネルギーを持続することができます。中途半場な時間にさらに食べたくなって、色々間食してしまう場合に比べると、結果的にカロリーを抑えることができます。

クロワッサンの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はクロワッサンの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にクロワッサンをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにクロワッサンは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加