もち米の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

お正月やお祝いの席で必ずといっていいほど食卓に並ぶおもち。おやつにコンビニでおもちを買って食べる人も多いのではないでしょうか。そう考えるともち米は私たち日本人に昔から馴染みの深い食材と言えます。もち米は糖質制限ダイエット中にも活用できそうですが、実際のところはどうでしょうか。

 

今回はもち米のカロリー・糖質量やダイエット中にもち米を食べる際の注意点などを解説します。

もち米の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

 

そして、もち米は次のものが原料(材料)として使われています。

  • もち米

 

このうち糖質が含まれるものは、もち米でもち米100gに糖質は48g程度含まれています。糖質は白米や玄米に比べると少し高めと言えるでしょう。

 

だからといって糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、食べすぎる人は注意が必要です。

もち米のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてもち米のカロリーはどうなのでしょうか。

 

精製されたもち米およそ100gのカロリーはだいたい97kcalほどです。

 

やはり、白米に比べてカロリーが控えめもち米はダイエットに向いている食材と言えそうです。




もち米のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなもち米ですが、上手にもち米と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

 

ここからはもち米が持つダイエット効果についてご紹介します!

 

ビタミンB1を多く含んでいる

もち米は白米に比べると私たち日本人に不足しがちなビタミンBを多く含んでいます。ビタミンB1には糖質の代謝を促進してくれる働きがあり、糖が脂肪に変換するのを防いでくれます。そしてビタミンB1は脂肪の原因となる糖質を脂肪になる前に身体の外に出してくれる働きも持ち合わせているので太りにくい身体をつくってくれます。

 

食物繊維を豊富に含んでいる

もち米は炭水化物の中でも食物繊維を豊富に含んでいます。食物繊維は腸の環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に役立つ栄養素と言われています。もち米から摂取される食物繊維をとることで便秘が解消され身体にたまった毒や老廃物も一緒に出すことができるのでデトックス効果が期待できます。もち米はやせやすい身体を作るのに適した食材なのです。

糖質制限ダイエット中にもち米を食べるときの注意点

もち米はカロリーが低くい食材であることから、糖質制限ダイエット中にもち米を積極的に食べることは良さそうです。ここからはもち米を食べる際に注意する点をいくつかあげてみようと思います。

 

食べすぎに注意する

もち米は白米や玄米に比べるとカロリーが低めです。カロリーが低めということで安心して量を多めにとってしまうとそのダイエット効果が薄れてしまいます。もち米を食べる時はその量に注意して、満腹感を得るためにもゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。

トッピングやおかずに注意する

もち米を単品で食べる人はいないでしょう。もち米を食べる時に気を付けたいのはそのトッピングやおかずです。もち米自体はカロリーが低いですが、一緒に食べるふりかけなどのトッピングやおかずを間違えるとせっかくのダイエット効果が台無しになってしまいます。油を使ったカロリーの高いふりかけは避けると同時におかずのカロリーにも気を配り、あくまでも総合カロリーを意識した食事を心がけましょう。

糖質の量に注意する

もち米が含む糖質は炭水化物の中では前述したようにさほど高いものではありません。しかし加工の方法によっては糖質が多く含まれている場合もあるので注意が必要です。例えばコンビニなどに売られているお餅はもち米を使用していますが、あんこやタレを使用しているので全体の糖質量が多くなります。もち米を使ってるから大丈夫だろうという考えではなく、外出先でもち米を食べる時は食品全体の糖質量をチェックして糖質の量に注意しましょう。




糖質制限ダイエット中のもち米の効果的な食べ方

お肉や魚、卵などのタンパク質と一緒に食べる

もち米はそれ単品でも太りにくい身体を作ってくれる食品ですが、お肉や魚、卵などのタンパク質を多く含む食品と一緒に食べることでさらに脂肪の蓄積を防ぐことができます。卵とお肉や魚が持つタンパク質をもち米と一緒にとるで身体の基礎代謝をより一層上げることができます。基礎代謝が上がると脂肪が燃やしやすくなるのでダイエットに効果的です。

まずは1日1食をもち米にする

ダイエットに一番必要なのは継続することです。「早く痩せたい」という思いからもち米ダイエットを始めて、その1日の3食をもち米にしてしまう人がいますがこれでは失敗してしまいます。まずは1日1食をもち米に変えて、様子をみながら朝、昼ともち米を食べる回数を増やしていきましょう。

もち米糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はもち米の糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にもち米をとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにもち米は意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加