卵かけご飯の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

熱いホクホクの白米に醤油と卵をかけた卵かけご飯は手間いらずでお腹もふくれて、忙しい人には重宝される食材です。卵かけご飯は卵とご飯というシンプルな組み合わせですが、糖質制限ダイエット中にも活用できるかどうか、実際のところが気になります。

 

今回は卵かけご飯のカロリー・糖質量やダイエット中に卵かけご飯を食べる際の注意点などを解説します。

卵かけご飯の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

 

そして、卵かけご飯は次のものが原料(材料)として使われています。

  • ご飯(白米)

 

このうち糖質が含まれるものは、卵に対してたったの0.3g。ご飯(白米)1杯に55.2gとなっています。

 

糖質の量が特に多いというわけではありませんが、たくさん食べる人は注意が必要です。

卵かけご飯のカロリー

卵かけご飯の糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして卵かけご飯のカロリーはどうなのでしょうか。

 

卵かけご飯のカロリーは100gあたりだいたい156kcalほどです。

 

丼ぶりなどに比べると卵かけご飯100gに含まれるカロリーはグッと控えめと言えるでしょう。




卵かけご飯のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな卵かけご飯ですが、上手に卵かけご飯と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

 

ここからは卵かけご飯が持つダイエット効果についてご紹介します!

卵かけご飯の卵は栄養が豊富

卵かけご飯に使う卵はとても栄養バランスがすぐれた食材です。卵が持つタンパク質は私たち人間が持つタンパク質と構成が似ているので身体に吸収されやすいという特徴を持っています。また卵は食物繊維とビタミンC以外の栄養素を含んでいるので卵を食べることで栄養のバランスをとることができます。

 

卵かけご飯は中性脂肪の増加を防いでくれる

私たちが太ってしまう原因として中性脂肪の増加があげられます。卵には「コリン」という中性脂肪の身体への吸収を調整してくれる栄養素が含まれており、卵を食べることで中性脂肪の吸収を調整してくれます。また、卵に含まれる「ビタミンB2」には脂肪を燃やしてくれる効果があります。ビタミンB2が燃やしてくれる脂肪は今までに溜まったものなのでダイエット効果が期待できます。コリンとビタミンB2でうまく中性脂肪の増加を防ぐことができるというわけです。

糖質制限ダイエット中に卵かけご飯を食べるときの注意点

卵かけご飯に含まれる糖質は丼ぶりなどに比べると少な目でカロリーも高くないことから、糖質制限ダイエット中に卵かけご飯を積極的に食べることは良さそうです。ここからは卵かけご飯を食べる際に注意する点をいくつかあげてみようと思います。

ご飯の量に注意する

卵かけご飯の原料である卵にはほとんど糖質は含まれていません。卵かけご飯が含む糖質のほとんどはご飯の糖質になります。要するにご飯の量を増やせばその糖質の量も増えることになります。卵かけご飯を食べる時はご飯の量を調節し、食べすぎないように注意しましょう。

 

調味料を入れすぎない

人によっては卵かけご飯に醤油だけでなくごま油やみりんを加えて味に工夫をすることもあるかも知れません。実は醤油やみりんには糖分が多く含まれており、入れすぎは糖質過多の原因になります。また、ごま油も入れすぎると全体のカロリー増加につながります。卵かけご飯に味を加えたい時はその糖分やカロリーを考えて使うようにしましょう。

卵を食べすぎないようにする

卵かけご飯の材料である卵はコレステロール値が高い食材です。コレステロールが高い卵は食べすぎると動脈硬化、心筋梗塞または脳卒中などの原因となる恐れがあります。また、卵かけご飯を食べる時に卵を1個使うくらいなら問題ありませんが、それ以上の卵を食べると中性脂肪を増やすことになるので太る原因となります。卵かけご飯を食べる時は卵を使いすぎないように注意しましょう。




糖質制限ダイエット中の卵かけご飯の効果的な食べ方

お肉や魚などのタンパク質を多く含む食材と一緒に食べる

卵かけご飯は1杯でお腹がふくれやすいことから、単品で食べる人も多いでしょう。卵かけご飯を食べる時はお肉や魚などのタンパク質を多く含む食材と一緒に食べるようにしましょう。そうすることで卵の持つタンパク質とお肉や魚が持つタンパク質で身体の基礎代謝を上げることができます。基礎代謝が上がると脂肪が燃やしやすくなるのでダイエットに効果的です。

 

食べる時間を考慮する

卵かけご飯の材料である卵には血糖値を上げにくいという性質があります。そのため、消化に時間がかかり満腹感を維持することができます。卵かけご飯のカロリーはご飯の量を増やすとその糖質とカロリーが高くなってしまいます。夜に卵かけご飯を食べると太りやすいですが、朝に食べることによってエネルギーを消費することができるのでダイエットに効果的です。

卵かけご飯糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は卵かけご飯の糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に卵かけご飯をとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように卵かけご飯は意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加