チョコパンの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

ダイエットを始めるときに、甘い物を控えることから始める方が多いのではないでしょうか?疲れたりストレスを感じたりすると甘いものが欲しくなって、「甘いものを手放せない!」という方も多いと思います。チョコパンは甘さも摂取できるし手軽に食べることもできますが、糖質制限ダイエット中はどうでしょうか?

今回は、チョコパンを飲む際の注意点などを解説します。

チョコパンの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、チョコパンは大きく分けて、次のものが原料(材料)として使われています。

  • チョコレート
  • パン生地

このうち糖質が含まれるものは、パン生地に38.5g、チョコレートに1.5g程度含まれています。

つまり、チョコパン1個にはおおよそ40g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、1食の糖質量を十分に摂取しているので、何個も食べるは注意が必要です。

チョコパンのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてチョコパンのカロリーはどうなのでしょうか。

チョコパンのカロリーは1杯あたりだいたい285kcalほどです。

チョコパンはパン生地の中にチョコレートやココアなどを混ぜて焼いたものとします。他の菓子パンやチョココロネなどのチョコパンに比べてカロリーは低くく平均的なカロリーです。しかし、パン生地やチョコの甘さ、種類によってカロリーや糖質が増える可能性があります。また、パンは手軽に食べれるため量にも注意する必要があります。




チョコパンのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなチョコパンですが、上手にチョコパンと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはチョコパンが持つダイエット効果についてご紹介します!

ポリフェノールの力で間食を防ぎ代謝UP

チョコレートの原料となるカカオには、カカオポリフェノールという成分が豊富に含まれています。このポリフェノールという成分が、血管を強くして血液循環を促進させる作用を持っています。そのため、新陳代謝を活発にする働きが活発にるのです。また、血液循環が良くなるとストレス緩和にも繋がりダイエットが成功しやすいと言われています。さらに、チョコレートを食べることで血糖値が上がるため、満腹感を感じやすくなります。そのため、間食をする必要がなくなり余計なカロリー・糖質の摂取を防ぎます。

便秘解消効果

チョコレートには、ポリフェノールの他に、カフェインや食物繊維が多く含まれています。ポリフェノールは代謝促進の作用だけでなく、腸を活性化させる力があります。また、カフェインもポリフェノールと同じような力があるので、チョコレートを食べるだけで腸内環境が整えることができるのです。そして、チョコレートの原料となっているカカオに食物繊維が多く含まれています。そのため、便秘解消のサポートをして太りにくい身体つくりをしてくれるのです。

糖質制限ダイエット中にチョコパンを食べるときの注意点

チョコパンがもたらすダイエット効果をご紹介しましたが、飲み過ぎは禁物です。糖質制限ダイエット中にチョコパンを飲む時は、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか?

カフェインの過剰摂取に注意

腸内環境を整える作用と同じ働きを持つカフェインですが、チョコレートだけではなくココアやガム、お茶やコーヒー、炭酸飲料など、色々な食品に含まれています。そのため、過剰に摂取すると利尿作用や興奮作用を高めてしまう危険があります。高カカオほどカフェインの量が多く含まれていて睡眠の質を妨げたり依存性を高めるので適量を守りましょう。また、乳児死亡や流産になる可能性が高まるため、乳幼児や妊婦は特に気を付けるようにしましょう。

肌荒れが起きやすい

チョコレートは、ダイエットのサポート要素を持っていますが過剰摂取すると【高カロリー】【高糖質】【高脂質】な食べ物になってしまいます。過剰摂取により皮脂の過剰分泌が起こると、毛穴が詰まってアクネ菌が増殖してしまいます。そのため、肌荒れが起きてしまうのです。チョコレート以外にも当てはまる条件ですが、食品添加物も含まれると、肌荒れになる可能性が高まるので気を付けましょう。

グルテン過敏症になりやすい

グルテンとは、小麦や大豆、ライ麦などに含まれているたんぱく質で、パンのふわふわ感を出すポイントとなる成分です。ルテンは過剰に摂取すると、小腸の炎症を引き起こす可能性があります。小腸の炎症が起きると、便秘や下痢、肥満、生理不順、PMS、イライラ、無気力といった小さな不調が続くようになります。このようなグルテンが原因で不調が起こることをグルテン過敏症と言い、疲れがなかなか取れないという悩みも小麦の過剰摂取が原因になりやすいのでパンの食べ過ぎには十分注意しましょう。




糖質制限ダイエット中のチョコパンの効果的な食べ方

ダイエットにストレスは大敵です。食べる時のポイントをおさえつつ、楽しく糖質制限ダイエットをしていきましょう。糖質制限ダイエット中にチョコパンを効果的な飲む方法をご紹介します!

チョコレートはカカオの含有量が多いものを使用する

カカオの含有量を意識することが、チョコパンを食べる時の大きなポイントともいえます。食べやすいチョコレートはカカオの保有量が非常に少なく砂糖が多く使われていることが多いのです。そういったチョコレートを食べても代謝が上がったり便秘解消する効果は期待できません。カカオが70%以上含まれているチョコレートを選ぶようにしましょう。また、ココアパウダーを使用するときも、余計な成分が含まれずシンプルなものを選ぶ方が、より糖質制限ダイエット中には効果的です。

パンの種類を低糖質タイプにする

最近では、低糖質パンが多く販売されていることも多いので、低糖質パン生地のチョコパンを選ぶようにしてみましょう。1食の食事内容がチョコパンのみでは糖質量は抑えることはできるものの、栄養バランスが悪くなるのでダイエットには不向きです。また、ご自身でチョコパンを作るときは、おから等を足してかさ増しさせたり、小麦粉の種類を全粒粉や大豆粉で代用して作ると糖質量を下げることができます。また、GI値も下げることができるので脂肪を溜めにくい身体にすることも可能です。

チョコパンの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はチョコパンの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にチョコパンを食べて良いのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにチョコパンは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加