【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

表面に散りべめられた塩がアクセントになり、さらにバターの美味しさを引き立てる塩パン。糖質を含むパンはダイエット中に食べても大丈夫なのでしょうか?

今回は、塩パンを食べる際の注意点などを解説します。

 塩パン(バターロール)の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、 塩パン(バターロール)は次のものが原料(材料)として使われています。

  • 強力粉
  • イースト
  • 砂糖
  • バター

このうち糖質が含まれるものは、「強力粉」に19g、「砂糖」に0.9g程度含まれています。

つまり塩パン(バターロール)1個にはおおよそ20g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

 塩パン(バターロール)のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして 塩パン(バターロール)のカロリーはどうなのでしょうか。

 塩パン(バターロール)のカロリーは1杯あたりだいたい261kcalほどです。塩パン(バターロール)の材料には高カロリーなバターや砂糖が多く使われています。パン屋さんやコンビニでも手軽に朝やお昼に済ませることができる菓子パンや惣菜パンに比べると、カロリーや脂質も低くなります。しかしシンプルな塩パン(バターロール)はおかずやジャムなど食べ合わせるもの次第で、菓子パンや惣菜パンよりカロリーや脂質が高くなってしまうので注意が必要です。