カレーパンの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な食べ方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

カレーパンは、甘くないパンを食べたいときについ目にとまる、人気の高い調理パンです。でも、カレーパンは油で揚げているのでカロリーが高いし、パンとルーに炭水化物が含まれているのでダイエットに悪影響がありそうです。

今回は、カレーパンを食べる際の注意点などを解説します。

カレーパンの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、カレーパンは次のものが原料(材料)として使われています。

  • カレー
  • パン

このうち糖質が含まれるものは、カレー部分に20g、パン部分に30g程度含まれています。

つまり、カレーパン1個にはおおよそ50g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何個か食べる人は注意が必要です。

カレーパンのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてカレーパンのカロリーはどうなのでしょうか。

カレーパンのカロリーは1杯あたりだいたい358kcalほどです。

カレーパンは見た目どおり、高カロリーの問題児です。カレー分もカロリーが高いし、パンと、さらにパン粉をつけて油で揚げているので、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。コップ一杯の牛乳を一緒に飲むと500kcalを越えてしまいます。これ一つと水かお茶で一食分にするくらいでないと、ダイエット中に食べるのは厳しいです。裏技として、焼きカレーパンにすることで、カロリーを200kcal弱に抑えることができます。




カレーパンのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなカレーパンですが、上手にカレーパンと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはカレーパンが持つダイエット効果についてご紹介します!

スパイスの効果でダイエット効果アップ!

カレーパンのダイエット効果については、カレーパンのカレー部分に入っているスパイスがサポートしてくれます。唐辛子やターメリックなどには脂肪を分解してくれる作用があります。ナツメグやクミンには便秘を解消してくれる効果があり、ガラムマサラには血行を良くして新陳代謝を良くしてくれる効果があります。さらに、これらのスパイスを一緒に取り入れることによる相乗効果で、身体を温めることができ、脂肪の燃焼を促進してくれます。

しっかり入っている野菜と豚肉もダイエットをサポート!

もう一つの期待できる効果は、同じくカレー部分に入っている野菜と豚肉です。玉ねぎ、にんじんなどが入っているため、食物繊維やビタミンA、ビタミンCをとることができます。食物繊維は胃腸の調子を整え、ダイエットの時になりやすい便秘の解消を助けてくれます。ビタミンAはダイエットの時に不調になりがちな身体の調子を整えてくれます。ビタミンCは荒れがちなお肌の調子を整えてくれます。豚肉にはビタミンDが含まれており、糖質の燃焼を助けてくれます。

糖質制限ダイエット中にカレーパンを食べるときの注意点

糖質制限ダイエット中にカレーパンを食べる時は、この一つで食事一食分に割り当てるつもりで食べてください。できれば飲み物も水かお茶にするくらいでないといけません。カレーパンをおやつとして食べるのは、絶対に止めてください。

食べるなら主食のつもりで

カレーパンはカロリーが高く、糖質も高い食品です。上で書いたとおり、糖質制限ダイエット中にカレーパンを食べる時は、カレーパン一つが食事一食分に当たるつもりで食べてください。それでも、これ一つで一日の糖質の半分をとることになってしまいますので、他の食事も炭水化物をできるだけ控えるようにしてください。残りの2食は、どちらかで主食なしにする必要があるかもしれません。もちろん、カレーパンをおやつとして食べるのは厳禁です。

焼きカレーパンにすればカロリー大幅ダウン!

もう一つのやり方としては、カレーパンを揚げるのではなく、焼きカレーパンにすることがあります。油で揚げないことで、大幅にカレーパンのカロリーと脂質を減らすことができます。揚げカレーパンの1個あたりのカロリーは約358kcalですが、焼きカレーパンにすることで、1個あたりのカロリーを約198kcalに抑えることができます。カロリーは160kcal減らすことができますが、糖質はほとんど変わりませんので、注意してください。

ご褒美なので毎日はダメ!

もちろん、毎日一食必ずカレーパンを食べていいというわけではありません。糖質制限ダイエットをしているのですから、カレーパンのように高カロリー、高糖質のものを毎日食べてはいけません。多くても一週間に一回程度に抑えましょう。カレーパンは糖質制限ダイエットをしている時に食べてはいけないものだと認識してください。そのうえで、どうしても我慢できない時だけ、ダイエットが失敗するかもしれないという危機感を持って食べてください。




糖質制限ダイエット中のカレーパンの効果的な食べ方

カレーパンは高カロリー、高糖質の食べ物ですので、基本的には高糖質ダイエットをしている時には食べないようにしてください。それでもどうしても我慢できないという場合は、次の点に注意してください。

ダイエットを乗り切るためのご褒美タイム

カレーパンを食べることで得られる効果は、カロリーが高いカレーパンが、そのカロリー値以上に与えてくれる満足感です。ダイエットを続けていると、すべてを投げ捨てて好きなものを好きなだけ食べたいという欲求に襲われることがあります。そんな時に、少しの背徳感と一緒に、カレーパンを食べてください。実際は一食分くらいの追加なのですが、それ以上の満足感を得ることができます。たまに軽く羽目を外すことで、つらいダイエットを乗り切ってください。

満足感を得るため、ゆっくり時間をかけて

カレーパンを食べる時には、できるだけよく噛んで、時間をかけて食べてください。いい加減に噛んで飲み込むような食べ方をすると、十分な満腹感を得ることができません。また、食べたあとに空腹感を感じる場合もあると思いますが、カレーパンにはかなりの量の油脂分が含まれているので、時間を置くと満足感が増してきます。ゆっくりと食べることで、できるだけ満足感を感じられるようにしてください。そうすることで、糖質制限ダイエットが失敗するリスクを減らすことができます。

カレーパンの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はカレーパンの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にカレーパンをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにカレーパンは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加