ブルー・ハワイの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

ブルー・ハワイは1980年代前半に人気が出たカクテルです。ハワイが発祥と言われています。材料の1つであるブルー・キュラソーがハワイの美しい青い空と海を再現しており、グラスに入れるクラッシュド・アイスが白い波をイメージしているんだとか。そんなブルー・ハワイですが、糖質制限ダイエット中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。

今回は、ブルー・ハワイを飲む際の注意点などを解説します。

ブルー・ハワイの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、ブルー・ハワイは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ホワイトラム (30ml)
  • パイナップルジュース(30ml)
  • ブルー・キュラソー(15ml)
  • レモンジュース(15ml)

 

このうち糖質が含まれるものは、「ホワイトラム」に0.03g(30mlあたり)、「パイナップルジュース」に3.06g(30mlあたり)、「ブルー・キュラソー」に3.9g(15mlあたり)、「レモンジュース」に1.35g(15mlあたり)程度含まれています。

つまり、ブルー・ハワイ1杯にはおおよそ8.34g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

ブルー・ハワイのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてブルー・ハワイのカロリーはどうなのでしょうか。

ブルー・ハワイのカロリーは1杯あたりだいたい136kcalほどです。

アルコールを含むドリンクは他ドリンクと比較してカロリーが高めになります。ブルー・ハワイ1杯あたりのカロリーは白米と比べると3分の1程度ではありますが、3杯飲むと白米を100g摂取したのと同じ程度のカロリーを摂取してしまうことになります。しかも、ブルー・ハワイに含まれるブルー・キュラソーは糖質が高めなので何杯もおかわりするのはやめておくことをオススメします。




ブルー・ハワイのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなブルー・ハワイですが、上手にブルー・ハワイと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはブルー・ハワイが持つダイエット効果についてご紹介します!

満足感がある

ブルー・ハワイは見ているだけでテンションが上がる美しいカクテルです。食事をするときって五感をフル活用して楽しみますよね。味や飲み心地だけでなく、見た目、香り、音など五感から取り入れる情報はとても多いです。

冴え渡るブルーが印象的なブルー・ハワイは見た目からおしゃれなドリンク。そのため、飲む前から満足感をアップさせてくれます。ゆっくりと見た目から楽しむことができるので、少ない量でも満足感を感じることができるはずです。

 

リラックス効果あり

お酒を飲むとテンションが上がるという話を聞いたことはありませんか。これにはちゃんとした理由があります。アルコールは大脳真皮質(理性を司っている部分)の働きを緩めます。大脳真皮質の動きが緩まると、旧皮質・辺縁系など本能を司る部分の働きが活性化されます。そうなることで、自然と元気が出て心が浮き足立ち、日頃のストレスを忘れて楽しむことができるのです。

ブルー・ハワイのアルコール度数は15%ほど。リラックス効果を期待できます。

糖質制限ダイエット中にブルー・ハワイを飲むときの注意点

ハワイの真っ青な海と空を思い起こさせるブルー・ハワイ。ラムの甘い香りが心を異国へと誘ってくれます。そんなブルー・ハワイを糖質制限ダイエット中に飲むときにはいくつか注意点があります。

 

炭水化物が食べたくなる

アルコールが入っているドリンクを飲むと、炭水化物を食べたくなることはありませんか。アルコールドリンクを飲むと、それを分解しようと肝臓がフル稼働します。その結果、血糖値をコントロールする働きが鈍くなってしまいます。本当は満腹なはずなのに満腹と思えず、炭水化物を含むラーメンやお茶漬けなどの締めを求めてしまうというわけです。

もし満腹だと感じられなくても、締めのラーメンなどは口にしないよう注意しましょう。

カロリーが高いものを食べてしまいがち

糖質制限ダイエットをコツコツ頑張っている方も、お酒が入ると「今日だけは糖質が高いものを食べちゃおうかな」と思ってしまったり。ブルー・ハワイなどのお酒に含まれるアルコールには、普段抑え込んでいる欲求を解放させる働きがあります。甘い物・脂っこいものなど糖質を多く含むものが大好きだけどダイエットのために避けているという方ほど、お酒を飲んだときにカロリーが高いものを食べてしまう傾向が。アルコールはエンプティカロリーと言って優先的に体内で分解されます。そのため、高カロリーの食べ物の分解が後回しになってしまい、体内に脂肪として蓄積されてしまう恐れがあります。要注意です。

 

飲み過ぎると血糖値が急上昇してしまう

ブルー・ハワイの糖質はそれほど高くありません。しかし、何杯もおかわりしてしまうと話は別。アルコールを急スピードで摂ると、胃から吸収された糖質によって血糖値が急上昇してしまいます。血糖値の急上昇は脂肪を溜め込んでしまう原因に。

特に胃に何も入っていない状態でお酒を飲むとアルコールの吸収が早くなるので、お酒を飲むときは事前に胃を保護してくれる働きがある乳製品を含むドリンク(牛乳など)を飲んでおくのが良いでしょう。




糖質制限ダイエット中のブルー・ハワイの効果的な飲み方

カットしたパイナップルや花でデコレーションするブルー・ハワイ。ストローが2本あるのはクラッシュド・アイスが詰まったときのためなんだとか。この項目では、糖質制限ダイエット中にブルー・ハワイを効果的に飲む方法についてご紹介します。

水やお茶を準備しておく

ブルー・ハワイだけをずっと飲み続けるよりもお茶や水を準備して合間に飲むようにするほうが、アルコールの解毒に良い影響をもたらします。アルコールをずっと飲んでいると、分解作業が間に合わなくなってしまうのです。また、お酒には利尿効果があり、アルコールが分解されたあと体外に排出されますが、体内にある水分が少ないとこの効果が下がってしまいます。なので、水やお茶を合間に飲むようにしてください。

水やお茶などの水分をブルー・ハワイを飲む合間に摂ることで、お酒の飲み過ぎや泥酔することを防ぐ効果も期待できますよ。

糖質・脂肪分が少ないおつまみを食べる

太らないように、とおつまみなしでお酒を飲む方もいますが、空腹のままアルコールを摂取すると酔いやすくなってしまいます。ですから、適度なおつまみはお酒を飲むにあたって必要です。ただし、おつまみなら何でも良いというわけではありません。アルコール分解をサポートしてくれる効果のある豆腐などの大豆製品、食べ過ぎを防止してくれるスルメやあたりめなど噛み応えのあるものを食べることをおすすめします。

ブルー・ハワイの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はブルー・ハワイの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にブルー・ハワイをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにブルー・ハワイは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加