アイリッシュ・ブラックソーンの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

滑らかな口当たりから「食前酒」としても人気のあるアイリッシュ・ブラックソーン。ですが、アルコールを含んだアイリッシュ・ブラックソーンはダイエット中に飲んでもいいのでしょうか。

実際、アイリッシュ・ブラックソーンのカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、アイリッシュ・ブラックソーンのカロリー・糖質量やダイエット中にアイリッシュ・ブラックソーンを飲む際の注意点などを解説します。

アイリッシュ・ブラックソーンの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、アイリッシュ・ブラックソーンは次のものが原料(材料)として使われています。

  • アイリッシュ・ウイスキー  30ml
  • ドライベルモット      30ml
  • アブサン          2dash
  • アロマチック・ビターズ   2dash

このうち糖質が含まれるものは「ドライベルモット」に1g程度です。アイリッシュ・ウイスキーに糖質は含まれていません。つまり、アイリッシュ・ブラックソーン1杯にはおおよそ1g程度の糖質が含まれていることになります。アイリッシュ・ブラックソーンにはほとんど糖質は含まれていないと言っていいでしょう。

アイリッシュ・ブラックソーンのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてアイリッシュ・ブラックソーンのカロリーはどうなのでしょうか。

アイリッシュ・ブラックソーンのカロリーは1杯あたりだいたい106kcalほどです。

アイリッシュ・ウイスキーの糖質は0gですが、カロリーは71kcalあります。日本酒1杯のカロリーが104kcalということを考えると、アイリッシュ・ブラックソーン1杯のカロリーも高めなことが分かるかと思います。ダイエット中はほどほどにしておいた方が良いでしょう。




アイリッシュ・ブラックソーンのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなアイリッシュ・ブラックソーンですが上手にアイリッシュ・ブラックソーンと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからアイリッシュ・ブラックソーンが持つダイエット効果についてご紹介します!

ポリフェノールで健康効果

身体によい成分が含まれていることで知られているポリフェノールはワインに含まれていることで知られていますが、実はウイスキーにも含まれています。その理由は、ウイスキーが蒸留酒であることにあります。樽で熟成している間に樽からポリフェノールの成分がウイスキーに溶けだし入り込むからです。ウイスキーに溶け込んだポリフェノールのことを樽ポリフェノールと言いますが、樽ポリフェノールにはエラグ酸が入っています。そしてこのエラグ酸には抗酸化作用が認められていて、アンチエイジングや血液をサラサラにする効能や糖尿病の効果が認められています。この樽ポリフェノールは、お茶やワインに含まれているポリフェノールよりも高い効果が期待できます。

ウイスキーの香りでリラックス効果

芳醇で知的な香りが特徴のウイスキーですが、実はこの香りにも健康効果が認められています。樽で熟成している間に移った芳醇な香りには森林浴の効果が認められていて、匂いをを嗅いでいるだけでリラックス状態になると報告されています。このことは状況判断だけでなく、ラットを用いた科学的な実験でストレスを減少させる効果が認められています。ダイエットでストレスが溜まった際には、アイリッシュ・ウイスキーが原料にあるアイリッシュ・ブラックソーンを飲んでリラックスしてみてはいかがでしょうか。

糖質制限ダイエット中にアイリッシュ・ブラックソーンを飲むときの注意点

糖尿病や美肌効果などにも効果が認められているアイリッシュ・ブラックソーンですが、もちろん飲むにあたっての注意点があります。ここでは、主な注意点を3点紹介します。

二日酔いに注意

種類にもよりますが、一般的にウイスキーのアルコール度数は40%前後と言われています。ビールが5%前後、日本酒でも15%程度と考えると、ウイスキーのアルコール度数が高いことが分かるかと思います。アイリッシュ・ブラックソーンはベルモットで割って作りますが、それでも31%ほどある為、飲む際には注意が必要です。二日酔いの原因は、アルコールの分解が上手くいかないことにあります。分解されるべき成分が飲みすぎなどの理由で分解されないときに二日酔いとなるのです。日本人は他の国と比較して、分解する働きが遅く、二日酔いになりやすいと言われています。くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

おつまみに注意

一見するとアイリッシュ・ブラックソーンは糖質も低く、ダイエット中に飲んでも問題のないように思えます。しかし、ダイエット中にお酒を飲む際に一番注意が必要なのは、おつまみです。アイリッシュ・ブラックソーンはウイスキーが主な原料ですが、ウイスキーのおつまみといえば何を思い浮かべるでしょうか。一般的におつまみとして食べられているのはチョコレートやナッツといったものが多いように感じます。これらはもちろん太りやすいものです。またアルコールを身体に摂取する際、身体はアルコール成分を分解すると同時に脂肪が吸収されやすくなる仕組みになっている為、チョコやナッツ類を摂取することは太る原因になります。おつまみには十分注意しましょう。

自分のペースで飲む

カクテルにはロングカクテルとショートカクテルの二種類がありますが、アイリッシュ・ブラックソーンははショートカクテルです。ショートカクテルはアルコール度数が高いにも関わらず、3口で飲むのがマナーと言われることがあります。これは、ショートカクテルは氷が入っていないことからすぐにさめてしまうため、さめる前に飲んだ方が良いという考えからきています。しかし、比較的お酒が弱い日本人にとって、このような飲み方は体調を崩す原因になりがちです。長時間放っておくのも考え物ですが、3口で飲み干そうなどと考えず、あくまでも自分のペースで美味しくお酒を味わうようにしましょう。




糖質制限ダイエット中のアイリッシュ・ブラックソーンの効果的な飲み方

糖質制限ダイエット中にアイリッシュ・ブラックソーンを飲む場合、よりダイエット効果を得るためはどうしたらよいでしょうか。効果的なアイリッシュ・ブラックソーンの飲み方を二点紹介します。

おつまみの種類を選ぶ

アイリッシュ・ブラックソーンは糖質カロリー共にそれほど高くはありませんが、ダイエット中にお酒を飲むことにより太りやすくなってしまう傾向があります。なぜでしょうか。その原因はアルコールではなく、一緒に食べるおつまみにあることが多いです。アルコールを摂取すると食欲が増進する傾向にあります。その時にチョコレートやナッツなどを食べているとそのまま脂肪になってしまい、太りやすい原因となるのです。これらのことを防ぐためにも、おつまみは枝豆や冷奴などの大豆製品を中心にしてみましょう。

好みのドライベルモットを見つけよう

アイリッシュ・ブラックソーンの原料であるドライベルモットは、ハーブやスパイスを漬け込んで作ったり、フルーツの香りをつけて作られています。その為、商品によって香りや匂いが全く違ってきます。自宅でアイリッシュ・ブラックソーンを作る際には、自分好みのドライベルモットを見つけてその香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。自分好みの原料で作るのも、自宅飲みの楽しみの一つです。ダイエット中は、自分で分量を決めることができる自宅飲みで、ストレスを発散してみましょう。

アイリッシュ・ブラックソーンの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はアイリッシュ・ブラックソーンの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にアイリッシュ・ブラックソーンをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにアイリッシュ・ブラックソーンは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加