ピンク・レディの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

ピンク・レディは1912年にロンドンで人気を博した【ピンク・レディ】という舞台を記念して作られたカクテルです。ジン独特の味をグレナデンシロップの甘さが柔らかに包み込んでいる、美しいピンクのカクテル。そんなピンク・レディですが、糖質制限ダイエット中に飲んでも差し支えないのか気になりませんか。

今回は、ピンク・レディを飲む際の注意点などを解説します。

ピンク・レディの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、ピンク・レディは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ドライ・ジン(45ml)
  • グレナデンシロップ(20ml)
  • レモンジュース(1tsp)
  • 卵白(1個分)

このうち糖質が含まれるものは、「ドライ・ジン」に0.045g、「グレナデンシロップ」に9.4g、「レモンジュース」に0.09g、「卵白」に0.4g程度含まれています。

つまり、ピンク・レディ1杯にはおおよそ9.9g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

ピンク・レディのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてピンク・レディのカロリーはどうなのでしょうか。

ピンク・レディのカロリーは1杯あたりだいたい228.11kcalほどです。

アルコールは他の飲み物に比べると1杯あたりのカロリー量が格段に上がります。特に度数が高いお酒は高カロリーなので要注意。ピンク・レディはそんなお酒の中で、高カロリーな部類に入るでしょう。前の項目でピンク・レディの糖質はそれほど高くないと書きましたが、糖質制限ダイエットをしている人はカロリーも気にしなければなりません。くれぐれも飲み過ぎないよう注意しましょう。




ピンク・レディのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなピンク・レディですが、上手にピンク・レディと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはピンク・レディが持つダイエット効果についてご紹介します!

イライラを緩和してくれる

糖質制限ダイエットをしていると、大好きな炭水化物が思う存分食べることができなくてイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。停滞期に入って焦りを抱え、ストレスが心に降り積もることもあることと思います。そんなイライラ解消に、ピンク・レディを始めとするアルコールドリンクはぴったり。飲み過ぎは禁物ですが、アルコールにはイライラを緩和して前向きにダイエットを頑張ろうという気力を生み出してくれる効果が期待できます。

疲れを吹き飛ばしてくれる!

糖質制限に筋トレに…とダイエットに励んでいると、疲労が溜まって疲れてしまうことも。適量のアルコールを摂取することで血の巡りが良くなり血行が促進されます。体が温まって疲れが解れるという効果を期待できます。

血の巡りが良くなるだけでなく、利尿効果もあるため、疲れの原因である老廃物を体外に出す働きも。

「ダイエットは頑張りたい。でも、疲れてしまってもう駄目だ…」というときにピンク・レディを飲んでみてはいかがでしょうか。ただし、飲み過ぎるのはNGだということはお忘れなきよう!

糖質制限ダイエット中にピンク・レディを飲むときの注意点

ここまで、ピンク・レディの概要や糖質量・カロリー、そしてダイエット効果についてご紹介してきました。糖質量も低めで、見た目もとてもかわいいピンク・レディ。そんなピンク・レディですが、飲むにあたって注意して頂きたい点が存在します。

体に過度な負担をかけるような量を飲まない!

当たり前ですが、アルコールを過剰に摂取すると胃腸・肝臓などの臓器に多大な負担がかかります。ピンク・レディはアルコール度数が23.50%。どんなにお酒に強い人でも、飲み過ぎはNGです。

糖質制限ダイエットをしているのであれば、飲めば飲む分だけ糖質を摂取することになってしまうため、「飲み過ぎるとどんなに糖質が低いお酒でも、糖質量が上がってしまう」ということをしっかり意識して飲むようにしましょう。

毎日お酒を飲んでいるという人は、週に2日くらい休肝日を作るのがおすすめです。

お酒を飲んだあとに摂取したものは消費されにくい!

アルコールはエンプティカロリーなので摂取すると、他のものより優先的に体内で消費されます。そのため、「エンプティカロリーだから、お酒は何杯飲んでも良い!」と勘違いしている人も多いのではないでしょうか。

たしかに、お酒のカロリーは消費されやすいです。が、お酒のカロリーを消費するために他の食べ物の消化吸収が後回しになってしまうというデメリットがあります。

体内に余分な脂肪を積み上げたくないのであれば、お酒を飲み過ぎることなくおつまみも低カロリー・低糖質のものを選ぶようにしましょう。タンパク質の保有量が多いおつまみを選ぶと、アルコール分解をサポートしてくれる働きがあるのでおすすめです。

揚げ物などは食べないようにする!

お店で飲むとき特に注意してほしいのがお酒のおともに食べるおつまみの内容です。お酒を飲むと、揚げ物などの高カロリーなおつまみを選びたくなりますよ。しかし、そこで欲望のまま揚げ物を頼むのは控えてください。

先ほど書いたとおり、アルコールはエンプティカロリー。おつまみのカロリー消費は後回しになってしまいます。ですから、なるべくカロリー控え目・糖質も低いおつまみをセレクトするのが賢い選択と言えるでしょう。




糖質制限ダイエット中のピンク・レディの効果的な飲み方

糖質制限ダイエット中だけどピンク・レディを飲みたいと思っている人に、ぜひ知っておいてほしいのがピンク・レディの効果的な飲み方。せっかくおいしいお酒を飲むんですから、より効果的な飲み方をしたいですよね。

飲む前に何か食べておく!

何もお腹に入っていない状態でアルコールを摂取してしまうと、吸収速度がとても速まってしまいます。アルコールの吸収が早いとすぐ酔っ払い、理性のリミッターが外れてしまって「もう今日はダイエットお休みにしてたくさん飲んで食べちゃおう」なんて考えに行き着いてしまうかもしれません。

そうならないためにも、空腹でピンク・レディを飲むことは避けてください。牛乳やチーズなどを事前に食べておくと、それが胃にバリアを張ってアルコールの吸収を抑制してくれますよ。

飲む量をコントロールする!

お酒に強いほうなのか、弱いほうなのか。それを踏まえた上でピンク・レディを始めとするアルコールを飲む量を調整するようにしてください。酔っ払ってしまい自制が効かなくなって糖質が高いものをたらふく食べてしまった…というのでは飲んだことを後悔する結果となってしまう恐れがあります。

人それぞれアルコール分解のスピードは違います。一緒に飲んでいる人のペースが速いからといって無理にペースを合わせることはせず、楽しく飲める程度の量でセーブすることを心掛けましょう。

ピンク・レディの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はピンク・レディの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にピンク・レディをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにピンク・レディは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加