ギムレットの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

19世紀後半に生まれたカクテル・ギムレット。その頃、イギリス海軍は将校にジン・船員にはラムの水割りを配給していました。そこで軍医であるギムレット卿は「健康のためにジンをライムジュースに薄めて飲むように」と言ったんだとか。

それがギムレットの起源です。小説【長いお別れ】の名台詞「ギムレットには早すぎる」でも有名なカクテルですよね。そんなギムレットですが、糖質制限ダイエット中に飲んでも問題ないのでしょうか。

今回は、ギムレットを飲む際の注意点などを解説します。

ギムレットの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、ギムレットは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ドライ・ジン(45ml)
  • ライム・ジュース(15ml)

このうち糖質が含まれるものは、「ドライ・ジン」に0.1g、「ライム・ジュース」に1.3g程度含まれています。

つまり、ギムレット1杯にはおおよそ1.4g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

ギムレットのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてギムレットのカロリーはどうなのでしょうか。

ギムレットのカロリーは1杯あたりだいたい132kcalほどです。

アルコールは1gあたり7kcalあります。そのため他のドリンクに比べると高カロリーになってしまいます。ジンベースのカクテルなので糖質は少ないからと言ってたくさん飲むのはやめましょう。シェイクするのでジンライムよりも飲みやすいので飲み過ぎにはご用心を。




ギムレットのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなギムレットですが、上手にギムレットと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはギムレットが持つダイエット効果についてご紹介します!

アルコール度数が高いので飲み過ぎ防止になる!

ギムレットは蒸留酒であるジンをベースにしたカクテルです。そのため、ビールなどと比較するとカロリーが低め。何より、アルコール度数が高いのが良いところ。ビールなら何杯でも飲めてしまうけれど、ギムレットだとそんなにおかわりできないという人も多いのではないでしょうか。

度数が高くグビグビ飲むことが難しいカクテルなので自然とピッチが遅くなりますから、飲み過ぎの防止ができて糖質制限ダイエット中のカクテルに向いていると言えるでしょう。合間に水やお茶などを飲むとさらにお酒を飲むペースがゆっくりになるのでおすすめです。

糖質が少ない!

【ギムレットの糖質量】の項目でご紹介したとおり、ギムレットの糖質は非常に低いです。蒸留酒はワインなどの醸造酒を一定温度に保ち、揮発したアルコールを摘出してつくります。ギムレットも蒸留酒であるジンがメインのカクテルですから糖質も非常に低く、糖質制限ダイエット中の人にとって有り難いカクテルなのです。

もちろん、糖質が低いからと言って飲み過ぎてしまうのはカロリーが高いのでご注意くださいね。

糖質制限ダイエット中にギムレットを飲むときの注意点

糖質制限ダイエット中にギムレットを飲むのであれば、できるだけダイエットの妨げにならない飲み方をしたいですよね。この項目では、ギムレットを飲む際に気をつけたい注意点をご紹介します。

糖質制限ダイエットを成功させるためにも以下の点には注意してギムレットを飲みましょう。

高カロリー・高糖質なおつまみはNG

ギムレットは低糖質な糖質制限ダイエットをおこなっている人にとって嬉しいカクテルです。しかし、それに安堵してしまいチョコレートなどの甘いおつまみの誘惑に負けてしまうのはNG!

ギムレットなどの蒸留酒は高カロリー・高糖質なおつまみに相性が良いので、ついつい手を伸ばしてしまいたくなる気持ちはわかります。でも、せっかく糖質制限を頑張っているんですから、そうしたおつまみは避けるようにしましょう。ささみやチーズなどのおつまみならOKです。

寝る直前まで飲まない

ギムレットを自宅で楽しみたいという人は要チェックの項目です。アルコールを寝る直前まで飲むと、肝臓への負荷が大きくなってしまいます。せっかく自宅で飲むんだから、ご飯やおつまみをちびちび食べつつのんびり飲みたいという気持ちはわかりますが、最低でも寝る2時間前までに飲酒はストップするようにすると良いでしょう。

「夕ご飯を食べ終わって何時までに○杯飲む」というように飲む量と時間を事前に決めておくのがおすすめです。

飲み過ぎにはくれぐれも注意する

アルコール度数が高いギムレットですから、他のお酒に比べて短時間で飲むことができないという人も多いはず。でも、中にはアルコールにめっぽう強い人もいますよね。

「アルコールの強いお酒でもなんでも、どんなに飲んだって具合悪くなったりしないし」というお酒を飲むのが大好きなそこのあなた!飲み過ぎてしまうのは糖質制限ダイエット中はNG。

糖質制限ダイエットを成功させるため、「お酒は飲み過ぎては駄目」ということをしっかりと胸に刻んで飲むようにしましょう。




糖質制限ダイエット中のギムレットの効果的な飲み方

この項目では糖質制限ダイエット中にギムレットを飲むとき「こんな風にすれば効果的に飲めるよ!」という飲み方についてご紹介しています。ダイエット中でも、お酒は楽しく飲みたいという人は要チェックです。

飲むのは22時まで

友達と一緒にバーへ行ってギムレットを飲みたい、というときは15時から22時までに飲むようにしてみてください。

何故なら、15時から22時まではアルコール代謝がスムーズにおこなわれる時間だから。この時間帯にギムレットなどのお酒を摂取すれば、他の時間帯に摂取するよりも体内のアルコール濃度が抑制することができちゃいます。

ただ1つだけ注意が。22時までと書きましたが直前まで飲むのはNGです。最低でも21時くらいまでに飲み終えて、22時までにアルコールが代謝されるような状態にもっていきましょう。

タンパク質が多い低糖質おつまみをチョイスする!

「糖質を摂るのが怖いから、おつまみなしでギムレットを飲む」と考える人もいるかもしれません。でも、アルコールを処理するにはタンパク質から作られる酵素の助けが必要となります。

なので、ギムレットだけを飲んでいるとアルコール分解に必要なタンパク質が足りず、アルコール代謝がうまくいかなかったり二日酔いになったりする可能性も…。そうならないためにもタンパク質が多く含まれる低糖質のおつまみを一緒に食べるようにするのが良いでしょう。

おすすめは、枝豆・豆腐などの豆類、ささみや焼き鳥など低糖質なお肉、タコやイカなどの魚介類です。

ギムレットの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はギムレットの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にギムレットをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにギムレットは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加