【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

19世紀後半に生まれたカクテル・ギムレット。その頃、イギリス海軍は将校にジン・船員にはラムの水割りを配給していました。そこで軍医であるギムレット卿は「健康のためにジンをライムジュースに薄めて飲むように」と言ったんだとか。

それがギムレットの起源です。小説【長いお別れ】の名台詞「ギムレットには早すぎる」でも有名なカクテルですよね。そんなギムレットですが、糖質制限ダイエット中に飲んでも問題ないのでしょうか。

今回は、ギムレットを飲む際の注意点などを解説します。

ギムレットの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、ギムレットは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ドライ・ジン(45ml)
  • ライム・ジュース(15ml)

このうち糖質が含まれるものは、「ドライ・ジン」に0.1g、「ライム・ジュース」に1.3g程度含まれています。

つまり、ギムレット1杯にはおおよそ1.4g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

ギムレットのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてギムレットのカロリーはどうなのでしょうか。

ギムレットのカロリーは1杯あたりだいたい132kcalほどです。

アルコールは1gあたり7kcalあります。そのため他のドリンクに比べると高カロリーになってしまいます。ジンベースのカクテルなので糖質は少ないからと言ってたくさん飲むのはやめましょう。シェイクするのでジンライムよりも飲みやすいので飲み過ぎにはご用心を。