シャンディーガフの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

シャンディーガフは「ビールは苦くて飲みにくい…」という方でも飲みやすいビアカクテルの1つですね。また、甘いカクテルが苦手という方にも人気のシャンディーガフですが、糖質制限ダイエット中に飲んでも良いのでしょうか?

今回は、シャンディーガフを飲む際の注意点などを解説します。

シャンディーガフの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、シャンディーガフは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ビール
  • ジンジャーエール

このうち糖質が含まれるものは、ビールに3.1g、ジンジャーエールに9g程度含まれています。

つまり、シャンディーガフ1杯にはおおよそ18g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

シャンディーガフのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてシャンディーガフのカロリーはどうなのでしょうか。

シャンディーガフのカロリーは1杯あたりだいたい133kcalほどです。

シャンディーガフを作る際のビールとジンジャーエールの割合は1:1が基本です。それぞれのカロリー差はそれほど無いので割合を変えてもカロリーは変わりません。ビールやジンジャーエールの種類によって多少の前後する可能性がありますが、ビール単体や他のカクテルを飲むのと比べると低カロリーです。しかし、飲み過ぎてしまうとカロリー過多になってしまうので気を付けましょう。




シャンディーガフのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなシャンディーガフですが、上手にシャンディーガフと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはシャンディーガフが持つダイエット効果についてご紹介します!

身体を温め代謝がUPする

生姜は、昔は食品としてではなく薬として重宝されていました。生姜には発汗作用があり、冷え性や胃の不調を改善する効果があります。そのため、生姜を食べると免疫力が上がって体調を崩しにくいと言われていたのです。ジンゲロールという栄養素が体内に入り吸収されると、血管を拡張させて血液の循環を良くなるためです。血行不良が原因の冷え性や、肩こりやむくみの改善には特に効果的で、食後3~4時間は保温効果が継続されるようになります。

炭酸よる便秘解消効果

炭酸を飲んで炭酸ガスが胃の中に入ると、刺激によって胃の粘膜が元気になると言われています。胃の粘膜が元気になることで消化機能が促進され、腸にまで届くと蠕動運動が行われ便秘解消にも繋がるのです。ちなみに、腸内環境を整えつつ、便秘解消効果を狙うのであれば硬度の高い炭酸水が良いでしょう。また、副交感神経をリラックスさせる働きもあるため、ストレスによる便秘も解消される可能性が高くなり、ダイエットの強い味方になってくれます。

糖質制限ダイエット中にシャンディーガフを飲むときの注意点

シャンディーガフがダイエットに好影響を与えることをお伝えしましたが、好きなだけ飲んでも良いということではありません…。糖質制限ダイエット中にシャンディーガフを飲むときは3つのことに注意しましょう。

カロリーを優先すると糖質過多に

シャンディーガフは、他のお酒と比べると比較的カロリーも低いため飲む量が増えても大丈夫と思われがちです。しかし、飲み過ぎると糖質を摂り過ぎてしまうので気を付けましょう。最初にも述べたように、お店や販売されているシャンディーガフ350mlにはおおよそ18g程度の糖質が含まれ、1日の摂取理想量は100g以下です。これは飲み物以外の糖質量も含めた摂取量であり、シャンディーガフにも食事をしているはずですので、飲み過ぎには十分注意しましょう。

ジンジャーエールの種類をよく見る

炭酸飲料に含まれる砂糖の量に気を付けましょう。砂糖の過剰摂取は、カロリー過多で肥満になるだけではありません。砂糖をエネルギーとして燃焼するにはビタミンB1が必要なため、ビタミンB1を大量消費してしまうことになります。ビタミンB1が不足すると次のような症状がでます。

 

  • 疲労感
  • 手足のむくみ
  • 便秘
  • 集中力低下
  • 気分が落ち込む

 

お店で飲む場合は成分を確認することは難しいですが、ご自身で作って飲む際は、成分を1度確認してから材料を買うようにしてみましょう。

満腹中枢が麻痺してしまう

アルコールには、食欲をUPさせたり満腹中枢を麻痺させる効果があります。普通は食事をすると満腹感が生まれますが、肝臓がアルコールの消化を優先的にしてしまうと、この満腹感を出す機能が麻痺してしまうのです。脳が血糖値が足りない状態だと認識してしまうのです。シャンディーガフは飲みやすいビアカクテルなので、その分、満腹中枢が麻痺しがちです。飲む量を減らす事も大切ですが、一緒に食べる料理はヘルシーで消化の良いものを選ぶようにして、肝臓の負担を減らすように意識しましょう。




糖質制限ダイエット中のシャンディーガフの効果的な飲み方

糖質制限ダイエット中にシャンディーガフを飲む際の注意点をご紹介しましたが、ダイエットとの相乗効果を出すにはどのような方法が良いのでしょうか?

糖質オフ・ノンアルコールタイプに変える

最近は、ノンアルコールビールの種類も豊富になり味の改良もされてきて、購入数も増えてきていますね。自宅でノンアルコールビールを使って自分好みの味に作って飲めば糖質を抑えながら、シャンディーガフを飲んでみてはどうでしょうか。さらに、ノンアルコールビールはカロリーゼロタイプもあるので、実質のカロリーはジンジャーエール分だけとなります。ジンジャーエールも手作りしたものを使うと、糖質だけでなくカロリーも抑えつつ、美容効果も得ることができて一石二鳥ですね。

ジンジャーエールは辛口か手作りのタイプにする

市販で販売されているジンジャーエールは風味をメインとしているため健康や効能はあまり期待できません。ダイエット効果を出すためにも生姜汁を炭酸水で割って作った手作りジンジャーエールを飲むようにしましょう。基本的にはショウガ汁の原液+炭酸水で作りますが、すりおろして煮詰めたり、荒く切って漬け混むなど色々な方法で生姜汁を作ることも可能です。また、お店で飲む際は、使っているジンジャーエールの種類を確認してみると良いかもしれません。甘口タイプだと砂糖が含まれている可能性があるので辛口タイプのもので余計な甘さが入っていないものを選んで飲むようにしましょう。

シャンディーガフの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はシャンディーガフの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にシャンディーガフをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにシャンディーガフは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加