【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

シャンディーガフは「ビールは苦くて飲みにくい…」という方でも飲みやすいビアカクテルの1つですね。また、甘いカクテルが苦手という方にも人気のシャンディーガフですが、糖質制限ダイエット中に飲んでも良いのでしょうか?

今回は、シャンディーガフを飲む際の注意点などを解説します。

シャンディーガフの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、シャンディーガフは次のものが原料(材料)として使われています。

  • ビール
  • ジンジャーエール

このうち糖質が含まれるものは、ビールに3.1g、ジンジャーエールに9g程度含まれています。

つまり、シャンディーガフ1杯にはおおよそ18g程度の糖質が含まれていることになります。

糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

シャンディーガフのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてシャンディーガフのカロリーはどうなのでしょうか。

シャンディーガフのカロリーは1杯あたりだいたい133kcalほどです。

シャンディーガフを作る際のビールとジンジャーエールの割合は1:1が基本です。それぞれのカロリー差はそれほど無いので割合を変えてもカロリーは変わりません。ビールやジンジャーエールの種類によって多少の前後する可能性がありますが、ビール単体や他のカクテルを飲むのと比べると低カロリーです。しかし、飲み過ぎてしまうとカロリー過多になってしまうので気を付けましょう。