アプリコット・カクテルの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

さっぱりした味わいが人気のアプリコット・カクテル。ピーチやライムほど甘くないため、男性にも人気のあるカクテルです。そんなアプリコット・カクテルですが、気になるのはそのカロリーや糖質量です。ダイエット中にもアプリコット・カクテルは飲んで大丈夫でしょうか。

今回は、ダイエット中にアプリコット・カクテルを飲む際の注意点などを解説します。

アプリコット・カクテルの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、アプリコット・カクテルは次のものが原料(材料)として使われています。

  • アプリコットブランデー  45ml
  • ジンジャエール      50ml

ジンジャエール50mlには、4.3gの糖質が含まれています。アプリコットブランデーには糖質は含まれていません。従ってアプリコット・カクテル1杯の糖質量は4.3gあることになります。糖質量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

アプリコット・カクテルのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たしてアプリコット・カクテルのカロリーはどうなのでしょうか。

アプリコット・カクテルのカロリーは1杯あたりだいたい124kcalほどです。これは45mlのアプリコットブランデーを50mlのジンジャエールで割ったときのカロリーです。糖質はゼロのアプリコットブランデーですが、カロリーは高く、100gで237kcalもあります。ビールの100gあたりのカロリーが40kcalということを考えると、アプリコットブランデーのカロリーが他と比較しても高いことがわかります。ダイエット中はあまり飲みすぎないように気をつけましょう。




アプリコット・カクテルのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなアプリコット・カクテルですが、上手にアプリコット・カクテルと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからはアプリコット・カクテルが持つダイエット効果についてご紹介します!

①ブランデーは太りにくい

お酒には醸造酒と蒸留酒があります。ワインや日本酒、ビールなどは醸造酒になり、焼酎やブランデーは蒸留酒になります。醸造酒は、原料を酵母により自然発酵させたものをいいますが、発酵させたままですので、原料からでてくる糖分もそのまま含まれるため、比較的糖分が高いのが特徴です。それに対し、蒸留酒は、醸造酒を温め、一度気体にしたものを再び冷やし液体にしたものになります。気体へと蒸留することにより糖分が減る為、糖質量がほとんどなくなるのが特徴であり、ダイエットに最適な太りにくいお酒になるのです。

②ブランデーの香りで脂肪燃焼

とても芳醇な香りが楽しめるブランデーですが、近年、その香りには脂肪を燃焼させる効果があることが分かってきました。香りを嗅ぐことで、脂肪を燃焼させるホルモンを増殖させる効果があるのです。また、ブランデーの香りはリラックス効果や安眠効果も実証されています。リラックスしながら眠りにつき、寝ている間に脂肪を燃焼させる効果が期待できるアプリコット・カクテル。ダイエット中のストレス解消にも繋がります。まさにダイエットの味方と言えるカクテルでしょう。

糖質制限ダイエット中にアプリコット・カクテルを飲むときの注意点

芳醇な香りがリラックス効果だけでなく脂肪燃焼効果も期待できるアプリコット・カクテルですが、飲むときにはいくつかの注意点があります。

①おつまみに注意

ダイエット中にお酒を飲む時のカクテルとして、アプリコット・カクテルは糖質も少なく比較的適したカクテルと言えます。しかし、ダイエット中に気をつけなくてはいけないのは、お酒の種類よりもむしろおつまみにあります。友人との食事会や職場での飲み会などで出される食べ物は、唐揚げや天ぷらなどの揚げ物をはじめ、締めのラーメンやおにぎりなどカロリーが高く糖質が高めのものがたくさん出てくる傾向にあります。そしてこれらを食べすぎることになり、太りやすくなってしまいます。ダイエット中の飲み会の席では、気持ちを強く持つようにして、なるべく枝豆や豆腐など大豆製品を中心に食べるように心がけましょう。

②飲みすぎに注意

アプリコット・カクテルの糖質量は4.3gと比較的少なめです。しかしカロリーに関しては、1杯124kcalあります。1杯でしたらそう高くはありませんが、何杯もおかわりしてしまうと高カロリーが気になりますので、ダイエット中はほどほどにするほうがよさそうです。また、アプリコットブランデーのアルコール度数は約40%とかなり高めです。ジンジャエールで割ったとしても、20%弱はあります。ビールが5%前後になりますので、アプリコットブランデーがいかに高いかが分かるかと思います。一度にたくさん飲みすぎると悪酔いや二日酔いの原因にもなりますので、気をつける必要があります。

③市販のアプリコット・カクテルに注意

自宅で作ったりお店で注文するアプリコット・カクテルは原料とレシピが守られている傾向があるので、糖質量やカロリーはほとんど変わりません。しかし、スーパーやコンビニで売られているアプリコット・カクテルの場合、飲み口を柔らかくするために、甘味料が入っている可能性があります。スーパーやコンビニで購入する際には、表示をよく見て原料を確かめ、ダイエットに向いている成分の商品を選ぶ方がより安心と言えるでしょう。




糖質制限ダイエット中のアプリコット・カクテルの効果的な飲み方

このように、ダイエットの強い味方であるアプリコット・カクテルですが、飲み方によりさらに効果がアップします。

①ジンジャーエールを選ぶ

さっぱりとした少し辛口の味わいからダイエットに向いていると思われがちなジンジャエールですが、実はカロリーは意外と高く、100mlあたりで35kcalもあります。ただし、メーカーによって多少の違いがありますので、購入する際には表示をよく見てカロリーが低めのものを選ぶと良いでしょう。お勧めは、コカ・コーラシステムから販売されている「カナダドライ ジンジャエールプラス」です。こちらは既に発売されているコカ・コーラプラスと同じ特定保健用食品と同様の成分ですので、血糖値の上昇を抑えたり、中性脂肪の上昇を抑える効果が期待できます。ダイエット中にアプリコット・カクテルを作る際には、カナダドライ ジンジャエールプラスで作ると安心です。

②自宅でホットアプリコット・カクテルを!

通常アプリコット・カクテルと言えば、冷たい飲み物が一般的です。しかし、ブランデーは温められるほど香りが強くなり、香りからくるリラックス効果や脂肪を燃焼させる効果も倍増します。寒い夜などに自宅で作る際には、温かいアプリコット・カクテルを作ってみてはどうでしょうか。作り方は、温めたグラスにアプリコットブランデーとジンジャーエールを注ぐだけです。温かいアプリコット・カクテルは体が温まりやすく、寝つきを良くする効果があるので、夜寝る前に飲むと安眠効果が期待できます。

アプリコット・カクテルの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回はアプリコット・カクテルの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中にアプリコット・カクテルをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したようにアプリコット・カクテルは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加