乳脂肪粉末コーヒーミルクの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

乳脂肪粉末コーヒーミルクとは、植物性の脂肪で作られているので、一見低カロリーだから大丈夫!と思っている方も多いはずです。では実際に、乳脂肪粉末コーヒーミルクはダイエット中に取り入れてもいいのでしょうか。今回は、乳脂肪粉末コーヒーミルクを飲む際の注意点などを解説します。

乳脂肪粉末コーヒーミルクの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。そして、乳脂肪粉末コーヒーミルクは次のものが原料(材料)として使われています。

  • 植物性油脂
  • 乳化剤
  • 増粘多糖類
  • カラメル色素

このうち糖質が含まれるものは、「植物性油脂」に11g程度含まれています。つまり、乳脂肪粉末コーヒーミルク1杯にはおおよそ11g程度の糖質が含まれていることになります。糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

乳脂肪粉末コーヒーミルクのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして乳脂肪粉末コーヒーミルクのカロリーはどうなのでしょうか。乳脂肪粉末コーヒーミルクのカロリーは1杯あたりだいたい11kcalほどです。

 

コーヒーなどに入れるミルクですので、1度に使用する3gほどの量で11kcalです。そのため、100gなどで換算すると非常に高いカロリーになります。牛乳などとも違う糖質量なので、牛乳だと思って取り入れると計算が狂ってしまいます。ダイエットには、こちらの方が向いている、という意見もあるようですので、積極的に取り入れていきたいですね。

 




乳脂肪粉末コーヒーミルクのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな乳脂肪粉末コーヒーミルクですが、上手に乳脂肪粉末コーヒーミルクと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからは乳脂肪粉末コーヒーミルクが持つダイエット効果についてご紹介します!

コーヒーシュガーとの組み合わせてダイエット

コーヒーと砂糖の組み合わせは、ダイエットの効果を損なう可能性があります。砂糖には、糖質量が非常に多いからです。また、一緒にミルクを入れると、ミルクの糖質量も合わさり、太る原因になります。

 

しかし、そこで乳脂肪粉末コーヒーミルクとコーヒーシュガーを入れることで、鉄分や亜鉛を効果的に体に取り入れることができるようになるので、代謝を向上させる効果がきたいできます。不足しがちな栄養分も取り入れることができるので、ミネラルを補給しながら、健康的な体を手に入れることができます。

リノール酸による中性脂肪の軽減

乳脂肪粉末コーヒーミルクには、必須脂肪酸と呼ばれるリノール酸がふくまれています。悪玉菌を減少させる効果を期待することができるので、コレステロール値の軽減効果が期待できます。

 

中性脂肪を減らすことによって、ダイエット効果を実感できます。また、リノール酸には美肌効果もあります。ダイエットを行うと、美肌が損なわれていくこともありますので、この効果は非常に嬉しいです。

 

コーヒーに溶かす事で、ダイエット効果を高めることができます。飲む際は、1杯につき3g程度溶かすようにしましょう。

糖質制限ダイエット中に乳脂肪粉末コーヒーミルクを飲むときの注意点

いくらダイエット時にも効果を発揮してくれる成分があるとはいえ、取りすぎると高カロリーになってしまう乳脂肪粉末コーヒーミルクには、飲む際の注意点があります。ここからは、乳脂肪粉末コーヒーミルクを飲む際の注意点についてご紹介していきます。

1日1杯を目安に飲みましょう!

当たり前ですが、乳脂肪粉末コーヒーミルクは、適量を取り入れる場合はダイエットにも効果を発揮してくれる飲み物として、コーヒーと組み合わせたいアイテムです。

 

しかし、コーヒーを飲む際に毎回入れると、カロリーを多く摂取してしまうことになり、危険です。そのため、飲む際は、1日1杯まで入れていい、などと決まり事を作ることで、取りすぎを解消することができます。低糖質なものもあるので、そういったものも積極的に活用していきましょう。

糖質量ゼロのものを選ぶ

近年では、糖質量と同じようにトランス脂肪酸が注目されています。原材料に植物油が利用されている乳脂肪粉末コーヒーミルクには、ここのトランス脂肪酸がゼロのものが多く販売されています。

 

おなじように、糖質ゼロのものも販売されているので、ダイエットをしている方向きです。こういったものを利用せず、糖質量の高い植物油以外のものを利用して作られているものを購入していると、太る原因になるので注意です。

飲むタイミングに注意

コーヒーを飲むタイミングは人それぞれです。しかし、コーヒーにはカフェインが入っていることなどから、遅い時間に飲んではダイエットに支障をきたすことがあります。

 

また、少量とは言え乳脂肪粉末コーヒーミルクには、糖質が含まれているので、夜遅くに取り入れる場合は注意が必要です。糖質制限ダイエット中であれば、朝飲む際に取り入れるなど、ダイエット中だということを忘れないよう、意識的に取り入れるようにしましょう。そうすることで、乳脂肪粉末コーヒーミルクに含まれるダイエット効果も実感できるようになるので、ダイエットを成功に導きます。

 




糖質制限ダイエット中の乳脂肪粉末コーヒーミルクの効果的な飲み方

糖質制限ダイエット中に乳脂肪粉末コーヒーミルクを取り入れてダイエットを行う際、より効果がある方法を取り入れたいと思いませんか?ここからは、ダイエット中によりダイエットの効果を感じられる方法についてご紹介していきたいと思います。

バターを少量入れて飲む

バターは、乳製品でありながら、意外と糖質量が少ないことが魅力です。近年バターコーヒーダイエットが流行しているように、コーヒーに少量入れることで、風味だけでなくダイエットに効果を発揮してくれます。

 

豊かな風味と糖質をしっかりとカットしてくれること、同じ植物油で作られている乳脂肪粉末コーヒーミルクと組み合わせることによって、砂糖などの利用を減らし、ダイエット効果を高めることができます。

オメガ3を補給する事

乳脂肪粉末コーヒーミルクには、オメガ3をはじめとした必須脂肪酸がふくまれていることは、先ほどご紹介しました。

これらを効果的に取り入れることで、体の中で活発に働き、作用してくれるようになります。オメガ3は、主にくるみやアボカドに含まれています。朝食などでコーヒーを飲む際、アボカドのサラダやクルミを使用したものを積極的に取り入れ、リノール酸と一緒に取り入れられるようこ頃がけましょう。

乳脂肪粉末コーヒーミルクの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は乳脂肪粉末コーヒーミルクの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に乳脂肪粉末コーヒーミルクをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように乳脂肪粉末コーヒーミルクは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加