【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

 

発泡酒は、ビールなどと比べても糖質などが低いとされており、ダイエット中でも気にせず飲めるのが魅力のお酒です。しかし、やはりアルコールを含んでいる飲み物なので、ダイエット中に飲むことには不安がありますよね?今回は発泡を飲む際の注意点などを解説します。

発泡酒の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。そして、発泡酒は次のものが原料(材料)として使われています。

  • 麦芽
  • ホップ
  • コーン
  • スターチ

このうち糖質が含まれるものは、「米」に6.5g、「麦芽」に5.2g程度含まれています。つまり、発泡酒1杯にはおおよそ12.7g程度の糖質が含まれていることになります。糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

発泡酒のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして発泡酒のカロリーはどうなのでしょうか。発泡酒のカロリーは1杯あたりだいたい150kcalほどです。なかには、糖質オフのものや、会えてカロリーが低くなるように作られているものもあります。そういった場合は、60~140kcalほどまで前後するので、一概に説明することができません。ダイエットを行いたい場合は、低糖質・低カロリーの発泡酒を選びましょう。