発泡酒の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

発泡酒は、ビールなどと比べても糖質などが低いとされており、ダイエット中でも気にせず飲めるのが魅力のお酒です。しかし、やはりアルコールを含んでいる飲み物なので、ダイエット中に飲むことには不安がありますよね?今回は発泡を飲む際の注意点などを解説します。

発泡酒の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。そして、発泡酒は次のものが原料(材料)として使われています。

  • 麦芽
  • ホップ
  • コーン
  • スターチ

このうち糖質が含まれるものは、「米」に6.5g、「麦芽」に5.2g程度含まれています。つまり、発泡酒1杯にはおおよそ12.7g程度の糖質が含まれていることになります。糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

発泡酒のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして発泡酒のカロリーはどうなのでしょうか。発泡酒のカロリーは1杯あたりだいたい150kcalほどです。なかには、糖質オフのものや、会えてカロリーが低くなるように作られているものもあります。そういった場合は、60~140kcalほどまで前後するので、一概に説明することができません。ダイエットを行いたい場合は、低糖質・低カロリーの発泡酒を選びましょう。

 




発泡酒のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな発泡酒ですが、上手に発泡酒と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからは発泡酒が持つダイエット効果についてご紹介します!

インスリンの量を減らすことができる

発泡酒をはじめ、お酒にはアルコールが含まれています。多く取り入れると太る原因になってしまいますが、毎日適度に取り入れることで、体の中のインスリンの働きを抑える効果を期待することができます。インスリンの働きを抑えることができるようになると、体の中で無駄な脂質や糖分を分解しやすくなり、体外へと排出してくれるよう体が作用してくれます。

 

毎日少量取り入れるからこそこの効果を実感できるようになるので、毎日間1本程度でしたら、飲み続けても体に影響はないようです。それ以上飲んでしまうとインスリンの働きが活発化してしまい、逆に太る原因となってしまいます。注意しましょう。

入眠しやすくなる

ダイエット中は、食事制限や運動と同じように、睡眠もとても大切です。質の良い睡眠をしっかりと夜にとることで、脂肪燃焼や代謝向上、体のリズムを整えることに非常に大きな効果を発揮してくれます。

 

ダイエット中は、空腹やストレスで中々質の良い睡眠をとることができない方も多く居ます。そんな中で、発泡酒を飲むことによって、アルコールが体に循環し、質の良い眠りを手助けしてくれる効果も期待できます。

 

もちろん、飲みすぎてしまえば頭痛がしたりといいことばかりではありませんので注意が必要ですが、発泡酒は、眠りを助長してくれるほどいいアルコール量なので、寝る前などに少量飲んでから眠ると、睡眠をしっかりとサポートしてくれます。

 

糖質制限ダイエット中に発泡酒を飲むときの注意点

発泡酒の中にはカロリーの少ないもの、糖質がオフのものも多く販売されています。そのため、飲んでも太らない?と思いつい飲みすぎてしまうのはとても危険です!ここからは、糖質制限ダイエット中に発泡酒を飲むときの注意点についてご紹介していきます。

おつまみの食べ過ぎに注意!

発泡酒は、炭酸で味も濃いので、おつまみが欲しくなる飲み物でもあります。アルコール成分も入っているので、喉も乾きます。発泡酒の中には、アルコール度数はそのままに、カロリーや糖質がオフになっているものも多く販売されています。しかし、オフになっている分、添加物なども多く含まれているので、より喉が渇いてしまいます。

 

これによっておつまみを食べすぎてしまうと、そちらから塩分や糖質を取り入れてしまうことになります。飲みすぎている状態だと、インスリンが活発になっているため、その栄養分をすべて身体が吸収してしまいます。糖質ゼロの発泡酒だからと言って飲みすぎたり、おつまみを食べすぎるのには注意しましょう。

糖質ゼロにも多少の糖質があるので注意!

先ほども紹介しましたが、糖質ゼロ、という言葉に騙されていませんか?実際には、カロリーゼロ、糖質ゼロ、という言葉でも、それらは微量に含まれています。0に限りなく近い、という意味合いで記載されていることも多くありますので、ゼロではないんだ、ということを理解しましょう。ゼロと記載されているものを選ぶことは悪いことではありません。

 

しかし、その甘い言葉に惑わされて、安心してしまっては、ダイエットを成功させることはできないのです。微量な糖質やカロリーも、安心して沢山飲んでは結局取りすぎてしまう可能性があるからです。糖質オフなどの言葉に惑わされることなく、自制心をもって発泡酒を飲むと、ダイエットを成功させることができるはずです。

遅い時間に飲むのはダメ

これはどのアルコール飲料にも言えることですが、遅い時間にアルコールを摂取することは、健康にも良くありません。体がうまく消化を行ってくれなかったり、体のリズムが整いにくくなる原因になってしまいます。

 

そうなると、翌日のむくみやダイエット失敗の原因にもつながり、糖質制限ダイエットを行う意味がなくなってしまいます。遅い時間に飲むだけで、本来であればダイエットにも効果を発揮してくれる飲み物も、ダイエットの敵になってしまいます。本気でダイエットに取り組みたい場合は、夜遅い時間にアルコールを取り入れる習慣を改善し、早い時間に1杯だけ飲むなどに切り替えるようにしましょう。

 




糖質制限ダイエット中の発泡酒の効果的な飲み方

糖質制限ダイエット中に発泡酒を飲む際、気を付けるべきこと、効果的な飲み方がいくつかあります。アルコールを摂取しても、しっかりとダイエットに取り組むことができる方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

ゆっくり飲むように心がける

発泡酒はアルコール度数もあまり多くないため、非常に飲みやすいお酒です。そのため、何杯も一気に飲んでしまえる飲みやすさが魅力でもあります。

 

しかし、飲み会や家で飲む際、ついその飲みやすさから何杯も飲むことがあります。1日に何杯も飲んでしまうと、糖質がカットされていても、ゼロではありませんので、糖質を多く摂取してしまうことになり、太る原因となってしまいます。

 

毎日1杯飲むようにしたり、ゆっくり飲むことを心掛けていれば、体にゆっくりと少量のインスリンを抑える成分が浸透していくようになります。それを利用すれば、ダイエットに適した体づくりを行うことができるようになり、アルコールも無理に我慢する必要がありません。

カロリーの低いものを選びましょう

発泡酒の中には、カロリーを抑えたもの、糖質を減らして作られたものが発売されています。ダイエット中でもお酒を我慢したくない方のために作られた発泡酒です。

 

これを購入することによって、通常の発泡酒の半分程度のカロリーで発泡酒を飲むことができます。しかし、糖質もカロリーもゼロではないので、いくらカロリーが低いからと言って飲みすぎには注意しなければなりません。

 

毎日1本と決めている方であれば、適度にアルコールを摂取することができ、カロリーも糖質も控えることがことができるので、おすすめです。購入する際は、発泡酒のカロリーや糖質オフのものを率先して選ぶように心がけましょう。

発泡酒の糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は発泡酒の糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に発泡酒をとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように発泡酒は意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加