【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

 

いくら飲んでも太らない、飲めば飲むだけ健康になれるイメージのある水ですが、本当に水はダイエットに向いている飲み物なのでしょうか。また軟水や硬水、炭酸水などいろいろ種類もありますが、その違いや効果はどのようなものでしょうか。今回は、水を飲む際の注意点などを解説します。

水の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、水は次のものが成分となっています。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ナトリウム
  • カリウム

つまり、水には糖質は含まれていません。ちなみに軟水と硬水の違いはこのカルシウムとマグネシウムの含有量の違いで分けられており、カルシウムとマグネシウムが多い、つまり硬度の高いものを硬水といいます。

水のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして水のカロリーはどうなのでしょうか。

水のカロリーは0kcalです。これは軟水も硬水も炭酸水も変わりません。

ではフレーバーウォーターはどうでしょう?コカ・コーラの出している「いろはす」はたくさんの種類のフレーバーウォーターを出しています。「天然水使用」とボトルに表記されていますが、カロリーはあるのでしょうか。いろはすのフレーバーウォーターは日本生まれの天然水にフルーツなどのエキスを加えたものなので、100mlあたり17~22kcalほどカロリーがあります。ダイエット中はカロリーを抑えたいけれども甘いものが飲みたい、という人にはちょうどいいくらいのカロリーですね。また天然水使用なので、お茶やジュースよりもナトリウムが多く含まれているのも利点です。