コーヒー(ブラック)のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなコーヒー(ブラック)ですが、上手にコーヒー(ブラック)と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからはコーヒー(ブラック)が持つダイエット効果についてご紹介します!

カフェインによる脂肪燃焼効果

コーヒー(ブラック)でいえばカフェイン(caffeine)は切り離せない成分です。この名前もコーヒー(caffe)から分離されたことで命名されたほどです。

このカフェインにはダイエットにも効果があると言われています。リパーゼと呼ばれる分解酵素を活性かさせて脂肪の燃焼を促進させてくれるからです。

また、カフェインには覚醒効果や血行も良くなるため、全身の新陳代謝がアップして痩せにくい体質になりやすくなります。そちらのダイエット効果も期待できるでしょう。

クロロゲン酸による脂肪分解効果

コーヒーの脂肪燃焼でいうとカフェインともう一つ忘れてはいけないのがクロロゲン酸と呼ばれる成分です。双子葉植物の種子や葉から見つかっている成分で、特にコーヒー豆に多く含まれていることが分かっています。もちろん、コーヒー豆から抽出したコーヒーにも多く含まれています。

クロロゲン酸は脂肪分解する効果だけでなく、さらに脂肪蓄積を防ぐ効果があります。そのため、クロロゲン酸とカフェインの2つが相乗効果となって脂肪を燃焼させることで近年ダイエット業界でも注目されているのです。

糖質制限ダイエット中にコーヒー(ブラック)を飲むときの注意点

カフェインにクロロゲン酸とダイエットに効果のある成分が含まれていることが分かっています。ただし、いくつかの注意点があることを知っておきましょう。

飲み過ぎない

まず気を付けてもらいたいのが飲み過ぎないことです。ダイエットに良いと言うことで水代わりにガブガブと飲む人がいますが、コーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があります。スポーツや夏場などで汗をかくときにコーヒーを飲んでいると、水分補給しているつもりが、汗と尿の双方から水分が出ていって脱水症状になってしまうこともあるのです。そのため市販されてるコーヒーならば多くても一日5杯ほどにとどめておいた方が良いでしょう。

砂糖は入れない

コーヒー(ブラック)はダイエット効果があっても苦くて飲めないという人は少なくありません。でも、糖質制限ダイエットをしているのに砂糖を入れてしまっては意味がありません。基本的には、砂糖やミルクは入れないで飲むようにしましょう。

どうしてもブラックでは無理だと思うのならば、ミルクのみに控えるか、砂糖の代わりにノンカロリーシュガーを利用する方法もあります。牛乳を入れるだけでもマイルドになって飲みやすくなります。糖質は含まれていますが、それほど多くはありません。

寝る前には飲まない

カフェインと言えば、多くの人々が一番に思い浮かべるのが覚醒作用です。仕事中の眠気覚ましには良いですが、睡眠前に飲むのは寝つきが悪くなるため、控えた方が良いでしょう。また「コーヒーを飲んでもすぐに寝れる」という人もいますが、眠りが浅くて質の良い睡眠となってないケースが多いです。睡眠サイクルが乱れるとダイエットの妨げになることも少なくありません。基本的には、就寝時間の約4時間前からコーヒーを飲まないことをオススメします。