ウーロン茶のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちなウーロン茶ですが、上手にウーロン茶と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからはウーロン茶が持つダイエット効果についてご紹介します!

①重合ポリフェノールで脂肪を燃焼させる

ウーロン茶のダイエット効果といえば、思い浮かぶのはやはり油や脂肪分に関するものではないでしょうか。それは、ウーロン茶に含まれる重合ポリフェノールという成分によるところが大きいでしょう。この重合ポリフェノールには脂肪の吸収を抑えたり、脂肪を燃焼させるはたらきがあります。油分の多い食事の時などにウーロン茶を飲むのは、この成分を活かすため理にかなっています。重合ポリフェノールを上手に取り入れることで、食事のストレスを軽減しながらダイエットを行うことができます。

②カテキンやタンニンで美容効果を得る

ウーロン茶には豊富なポリフェノールが含まれていると前述しましたが、カテキンやタンニンなどもポリフェノールの一種です。これらに共通する有名な効果はアンチエイジング。抗酸化作用によって、細胞の老化を防ぐはたらきがあります。また、口の中を殺菌するはたらきもあるため、虫歯予防や口臭予防にも効果があります。ダイエットをする時は、体重以外の部分に関しても気になるものです。カテキンやタンニンを摂取すれば、美容効果を得ながらダイエットを行うことができます。

糖質制限ダイエット中にウーロン茶を飲むときの注意点

ウーロン茶は気軽に飲めるうえ、様々なダイエットに嬉しい成分も含まれています。いいことずくめの飲み物のようですが、ウーロン茶にも飲むときに気を付けなければいけないことはあります。ではどんな注意点があるのか、次にご紹介します。

①胃腸の調子に気を付ける

ウーロン茶はアイスで飲むことが多い飲み物です。冷たい飲み物を飲み過ぎると、いくらダイエットにいいからと言って、冷たい飲み物を飲み過ぎると、体が冷えてお腹を壊す原因にもなりますので気を付けましょう。また、ウーロン茶に含まれるカフェインは、過剰に摂取すると胃を荒らす作用があります。空腹時、お腹を膨らます目的でウーロン茶を飲むと、胃への刺激がさらに顕著になる恐れもあります。くれぐれも飲み過ぎには注意してください。

②水分不足に気を付ける

ウーロン茶には利尿採用があります。ダイエット中に陥りやすい、むくみでお悩みの人にはありがたい成分です。ウーロン茶を飲むことにより、体内の余分な水分が排出されます。しかし、ウーロン茶を飲み過ぎると、この利尿作用が高まり、必要な水分までどんどん排出されていってしまいます。水分不足は脱水症状や便秘など、また違うトラブルの基になってしまいます。ウーロン茶を飲んで水分が足りなくなるのは逆効果ですので、注意しましょう。

③妊娠中は摂取量に気を付ける

ウーロン茶にはカフェインが含まれています。カフェインには興奮作用があるため、仕事中や眠気がある時など、適度に摂取すれば頭をはっきりさせる目覚まし代わりになります。しかし妊娠中の人はカフェインの摂取には注意が必要です。カフェインは母体を通じて胎児に様々な影響を与える成分です。また、血管の収縮を促し、流産や早産を引き起す可能性があります。妊娠中はカフェインの摂取をできるだけ控えた方がいい時期であり、ウーロン茶の摂取にも注意が必要でしょう。