杜仲茶の糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

中国では漢方の一種でもある杜仲の木。その杜仲の木の葉を煮出したものが杜仲茶です。メディアでも度々取り上げられ、健康的なイメージが定着している杜仲茶ですが、杜仲茶はダイエット中でも飲んでいいのでしょうか。

実際、杜仲茶のカロリー・糖質はどのくらいなのでしょうか。今回は、杜仲茶のカロリー・糖質量やダイエット中に杜仲茶を飲む際の注意点などを解説します。

杜仲茶の糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

そして、杜仲茶は次のものが原料(材料)として使われています。

  • 杜仲茶葉

この中で糖質が含まれるものはありません。つまり、杜仲茶1杯には糖質は含まれていないということになります。糖質量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

杜仲茶のカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして杜仲茶のカロリーはどうなのでしょうか。

杜仲茶のカロリーは1杯あたり0kcalです。

 

杜仲茶自体にはカロリーがありません。同じくカロリーがない、水のような感覚で飲むことができます。しかし、カロリーがないからと言って食べ物の代わりにすることはできません。杜仲茶でお腹を膨らませて食事の量を極端に減らすと、カロリー不足により体調不良を引き起こすことにもなりかねません。くれぐれも気を付けてください。

 




杜仲茶のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな杜仲茶ですが、上手に杜仲茶と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。

ここからは杜仲茶が持つダイエット効果についてご紹介します!

①ゲニポシド酸で脂肪の吸収を抑える

杜仲茶にはゲニポシド酸という成分が含まれており、この成分はダイエットに有益な様々なはたらきをします。例えば、ゲニポシド酸には脂肪の吸収を抑えるはたらきがあります。また、副交感神経に作用し、血流をよくするはたらきがあるため、結果代謝がよくなることに繋がります。さらに血流がよくなることで、胃腸の活動が活発になり、便秘などの解消も見込めます。このように、ゲニポシド酸を取り入れることで、より効率的にダイエットを行うことができます。

②利尿作用でむくみを解消する

ダイエット中のトラブルの1つにむくみがあります。余分な水分が体外へ出ていかず留まることで引き起こされるものですが、体がむくむことで実際の体重よりも太って見えてしまうものです。杜仲茶には利尿作用があり、体内の余分な水分を排出するはたらきがあるため、むくみの解消に繋がります。むくみは見た目に関わるだけでなく、指先や足がパンパンになる不快感などもあり、ダイエットのモチベーションを下げる基です。杜仲茶を飲むことでむくみが解消できれば、気持ちよくダイエットを行うことができます。

糖質制限ダイエット中に杜仲茶を飲むときの注意点

杜仲茶にはダイエットに適した様々な効果があり、またカロリーがない点も非常に嬉しい飲み物です。しかし、ダイエット中に飲む場合は気を付けなければいけないこともあります。どんな点に注意すべきなのか、いくつかご紹介します。

①一気に飲まない

杜仲茶を飲む際に注意したいのは飲む量やタイミングです。杜仲茶にはダイエット中に嬉しい様々なはたらきがありますが、むやみやたらと大量に飲んで痩せられるものではありません。食事など、体内に脂肪が取り込まれるタイミングに飲むことで、脂肪の吸収を抑えたりすることができるのです。一度に一気に大量の杜仲茶を飲むよりも、食事の際や食間などでできるだけ均等に、こまめに分けて飲んだ方が、ダイエット効率がよいでしょう。

②高カロリーの物を食べ過ぎない

杜仲茶に含まれる脂肪の吸収を抑える成分や代謝を促進する成分は、ダイエット中には非常にありがたいものです。しかし、杜仲茶を飲めば何を食べても太らないということではありません。あくまでこうした杜仲茶の成分は、体のはたらきを助けるものです。当然限界があり、限界以上にカロリーの高い食事や脂肪分が多く含まれたものを食べ過ぎれば太ります。杜仲茶を魔法のお茶と考えず、ダイエット中は節度をもった食生活を心がけることが大切です。

③適度な濃さで飲む

杜仲の木の樹皮は中国では漢方として有名です。その杜仲の木の葉から作る杜仲茶には、少し独特の渋みや苦みがあります。そのため、あまり濃く煮出すと渋みや苦みが強くなり、飲みづらくなってしまう場合があります。せっかくダイエットに効果的なお茶なのに、飲むのが億劫になってしまっては勿体ないですね。初めて飲む時には少し薄めに煮出した方がよいでしょう。徐々に調整して、自分にピッタリの飲みやすい濃さを探してみてください。

 




糖質制限ダイエット中の杜仲茶の効果的な飲み方

杜仲茶は自分で煮出すほか、ペットボトルやパック入りのタイプも売られており、手軽に飲むことができます。ダイエットの効率を上げてくれる杜仲茶ですが、より効果的に取り入れるにはどうしたらよいでのでしょうか。さらにダイエットにプラスになる杜仲茶の飲み方をいくつかご紹介します。

①ホットで飲んで血流を改善する

ダイエット中は冷たいものの摂り過ぎに気を付ける必要があります。冷たいものを摂って体を冷やすと、血流や内臓のはたらきが鈍くなり、代謝が落ちてしまう原因にもなるからです。そこで、杜仲茶はアイスよりもホットで飲むことをおすすめします。ホットの杜仲茶は、体を暖めることによって血流をよくし、さらに効率よく代謝をアップさせてくれます。杜仲茶のはたらきをより高めるために、飲む時の温度にも気を配ってみてください。

②妊娠中でも安心

食事の時や、食間、1日を通しこまめに摂取することでダイエットを手助けしてくれる杜仲茶。この杜仲茶はカフェインが含まれていないというポイントもあります。カフェインは興奮作用などがあり、摂り過ぎに気を付けたい成分ですが、カフェインが特に気になるのは妊娠中です。妊娠中は胎児への影響を避けるため、カフェインには気を付ける必要がありますが、杜仲茶はノンカフェインであるため、妊娠中も安心して飲むことができます。食欲の増加などで体重管理が気になる時も、杜仲茶が味方になってくれそうです。

杜仲茶の糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は杜仲茶の糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に杜仲茶をとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように杜仲茶は意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加