果物ジュースの糖質・カロリーは高い・低い?ダイエット中でも太らない効果的な飲み方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【本サイト売れ筋人気ランキング】
以下のカロリーカットサプリは、筆者が実際に購入して効果を体感したサプリのみ掲載しています。自分に合ったサプリを見つけるため、複数お試しすることをおすすめします!

  • スルスルこうそ本サイト人気No1//芸能人にも愛用者多数の楽天5冠獲得のダイエットサプリ!】
  • カロリナ酵素サプリ本サイト人気No2/医学誌掲載サプリ/毎月500名限定980円】
  • スリムフォー初回限定9,800円→980円(90%OFF)/2017年モンドセレクション受賞】
  • メタバリアS【14日間トライアル500円/トイレが近くなります笑】

 

果物ジュースは、果物の種類から、果汁の配合%によってさまざまです。実際ダイエットにはどのような効果があるのでしょうか。

今回は、ダイエット中に果物ジュースを飲む際の注意点などを解説します。

果物ジュースの糖質量

糖質制限している方の糖質摂取量は、体重にもよりますが基本的に1日100g以下(おにぎり2個)が目安になります。

 

そして、果物ジュースは次のものが原料(材料)として使われています。

  • 果実(みかん)
  • 糖類(加藤ブドウ糖液糖・砂糖など)
  • 酸味料・香料など

このうち糖質が含まれるものは、「果実」+「糖質」に平均10.6g程度含まれています。つまり、果物ジュース1杯にはおおよそ21.2g程度の糖質が含まれていることになります。糖質の量が多すぎるというわけではありませんが、何杯か飲む人は注意が必要です。

果物ジュースのカロリー

糖質量についてはわかりましたがダイエット中にはカロリーも気になる所です。果たして果物ジュースのカロリーはどうなのでしょうか。

果物ジュースのカロリーは1杯あたりだいたい82kcalほどです。これは果物ジュースのストレートの場合のカロリーなので、100%ジュースになるとまたカロリーがかわってきます。果物ジュースは入っている果物によってもカロリーがかわってくるので注意が必要です。

 




果物ジュースのダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな果物ジュースですが、上手に果物ジュースと付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからは果物ジュースが持つダイエット効果についてご紹介します!

ビタミンの効果

果物はなんといってもビタミンの宝庫です。ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンEなど様々なビタミンが含まれています。ビタミンCは美肌効果のイメージがありますが、実は細胞の代謝を上げてくれて、無駄なエネルギーが蓄積されるのを防いでくれます。

 

また、食事の満足感を上げてくれるレプチンというホルモンの感受性を高めてくれるので、食べすぎを防止してくれる効果もあるといわれています。ビタミンB群に関しては、脂肪や糖質の代謝を助けてくれるビタミンなので、しっかり摂ることで基礎代謝がアップします。このように、果物ジュースのビタミンには様々な効果があるといえるでしょう。

カリウムの効果

カリウムとは果物や野菜などに含まれているミネラルの一種です。このカリウムは身体の中のナトリウム、すなわち塩分を外にだしてくれる働きがあります。塩分を外にだしてくれることで、むくみを改善してくれます。

 

女性に特に多いむくみですが、むくみが続くと、セルライトの原因や、身体の不調の原因になります。塩分を摂りすぎないことも大切ですが、摂りすぎたと思ったら、カリウムの豊富な果物ジュースを飲むことをおすすめします。

糖質制限ダイエット中に果物ジュースを飲むときの注意点

果物なので、どうしても糖質は多くなってしまいます。糖質制限ダイエット中に飲むときの注意点を3つ紹介します。

種類を選ぶ

果物ジュースですが、果物に糖質が多く含まれているので、低糖質にすることはなかなか難しいです。果物の種類でいうと、ブルーベリーやパイナップルが比較的糖質が少ないです。逆に、バナナ・りんご・みかんなどは糖質量が高いのでなるべく避けるようにしましょう。しかしこれも、商品によって様々です。今は商品の裏に成分表が載っているので、糖質量がだいたいどのくらいなのかチェックしてから買うようにしましょう。

脂肪になりずらい朝に飲む

糖質が多めの果物ジュースですが、1番は朝に飲むことをおすすめします。朝は1番身体がエネルギーを欲していて、昼と夜の間にこのエネルギーを十分に使うことができるので、糖質から脂肪に変化することが少ないのです。また、朝に果物ジュースを飲むことでビタミンやミネラルの吸収率もアップするので、ダイエットの効果はたかまります。おすすめは、100%ジュースです。できれば生のフルーツをジュースにする100%が、ビタミンを壊すことなく摂れるのでよりおすすめです。

酵素ジュースにする

最近は酵素ジュースといって、果物などを発酵しているジュースなども売られるようになりました。この酵素ジュースは普通のジュースとは違い、栄養素を発酵しているので、代謝アップの効果があり、太りにくい身体にしてくれるといわれています。また、発酵しているので腸内環境を整えてくれる働きがあるため、便秘などのデトックス効果もあり、ダイエットはとても効果的ではないでしょうか。もちろん発酵しているからといって、糖質量は普通のジュースと変わらないことが多いので、飲む量は抑えるようにしましょう。

 




糖質制限ダイエット中の果物ジュースの効果的な飲み方

糖質の多い果物ジュースですが、上手に取り入れることで糖質制限にもつながります。

ミックスジュースにする

糖質が多いのですが、ビタミンやミネラルも摂れる果物ジュースなので、飲むときに少し気を付ければ、避ける必要はありません。おすすめは豆乳を混ぜて、ミックスジュースにして飲むことです。豆乳は糖質量が低く、栄養価が高いですが、ビタミンやミネラルは多くありません。

 

なので、豆乳と果物ジュースをミックスすることでお互いの足りないものを高めてくれて、栄養価の高い飲み物にしてくれます。また、豆乳は血糖値が急激に上昇することを抑えてくれる働きがあるため、果物ジュースだけを飲むよりも血糖値が上がりにくいので、おすすめです。

置き換えダイエット

飲み物の中ではカロリーは高めなので、普段の食事にプラスして果物ジュースを飲んでいるとカロリーオーバーになる可能性があります。そんな時は1食だけ果物ジュースにする置き換えるダイエットをおすすめします。ビタミンやミネラルは豊富なので、

先ほど紹介した、プラスで豆乳を混ぜたものや、野菜を一緒にミキサーして混ぜるとより良いでしょう。これなら朝の忙しい時間でもさっと飲むだけでおわるので、とても効率的にダイエットができるのではないでしょうか。

果物ジュースの糖質量やカロリー・特徴を理解してダイエットを成功させよう!

今回は果物ジュースの糖質量やカロリーについて紹介しました。ダイエット中に果物ジュースをとっていいのか迷いがちですが、今回の記事で紹介したように果物ジュースは意外なダイエット効果があるので、上手に使うことで糖質制限ダイエット中でも太る原因にならずにすみそうですね!ダイエットに無理は禁物なので効率よく食事を管理してダイエットを成功させましょう!

 

\糖質カットサプリおすすめランキング/

ファンケルの大人のカロリミット スルスルこうそ カロリナ
商品名 大人のカロリカット スルスルこうそ カロリナ酵素プラス
初回

金額

1000円(税込)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

990円(税抜)

送料無料

内容量 お試し2週間分(56粒)×2袋 25.1g〔1粒重量405mg(1粒内容量330mg)×62粒〕×2袋 49.8g (120 粒×1粒総重量415mg/1 粒内容物重量340mg)
1日目安 1日4粒 1日4~8 粒 1日あたり2~12粒
定期価格 2,800 3,300円 3,600円
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加