甘酒(米麹・酒粕)のダイエット効果

ダイエットにどうやって取り入れるか迷いがちな甘酒(米麹・酒粕)ですが、上手に甘酒(米麹・酒粕)と付き合うことにより、ダイエットに好影響を及ぼすことができます。ここからは甘酒(米麹・酒粕)が持つダイエット効果についてご紹介します!

食べ過ぎ防止効果!

甘酒には、ブドウ糖が含まれています。これによって、食前に取り入れることで、空腹感を満たし、満足に変えてくれるよう働きかけてくれるので、ダイエットに効果的です。低カロリーでもあるので、1杯飲んでも安心です。ホッと一息つける甘さも、麹から作った甘酒ならではでおススメです。食べ過ぎを抑えてくれる効果も期待できるので、食べ過ぎることなく食事を終えることができ、その後の空腹感もサポートしてくれます。

スイーツとして食べられるから、ストレスなし!

食事制限や糖質ダイエットに取り組むと、自分が好きなものを食べることができないというフラストレーションを持つ場合があります。そうなるとストレスによるリバウンドも心配になります。ストレスなくダイエットに取り組むために、甘酒は非常に優秀だといえます。天然の甘味を感じることができるので、スイーツ感覚で楽しめるのです。

麹が残っているタイプのものを購入すれば、噛んで味を楽しむことができるので、シェイクやスムージーのような感覚で取り入れられます。カロリーも少なく、脂肪分などもほぼゼロなので、ストレスなくダイエットに取り組めます。

糖質制限ダイエット中に甘酒(米麹・酒粕)を飲むときの注意点

ダイエットを行いやすいようサポートしてくれる甘酒(米麹・酒粕)ですが、購入した商品によっては、砂糖を含んでいるものや、それによって糖質が高くなっているものもあるので、注意が必要です。注意点を理解し、甘酒を正しくのみましょう。

砂糖不使用のものを選ぶ

甘酒には、砂糖が使用されていることがあります。砂糖不使用のものを選ばなければ、カロリーが非常に高い飲み物になります。

そのため、購入する際は原材料や表示されているカロリーをしっかりと確認する必要があります。米麹を使用している甘酒は、近年ではほとんどが砂糖不使用と銘打って販売されています。酒粕の状態でも、砂糖使用しないで作るレシピもありますので、そそう言ったものを参考にしましょう。砂糖が使用されていなくても、酒粕や麹の本来の甘味を楽しむことができますので、ストレスなくダイエットに取り組むことができます。

自分で作る際は作り方に注意して!

酒粕を購入すれば、自宅でも簡単に甘酒を作ることができます。無添加の酒粕にこだわることで、健康維持や美容にも効果があるので、ぜひ一度作ってみたいですよね。そういった場合のレシピでは、砂糖を利用する場合が多く記載されています。砂糖を入れると、糖質もカロリーも非常に多くなってしまいます。

中には、砂糖を利用しないと甘みも味も一切感じられない酒粕もあります。注意しましょう。しかし、砂糖不使用でも甘味を感じることができるおいしい酒粕もあります。購入する際は、砂糖を利用しなくても甘酒が完成するのか、そういった酒粕は購入できるのか、しっカリと調べておきましょう。

飲むタイミング気を付けて

甘酒は、運動前や食前に飲むことで、運動や食事中のカロリー摂取や消費を手助けしてくれます。そのため、食後や運動後に飲んでも意味がありません。飲むタイミングを間違えると、逆に太ってしまうこともあるので注意しましょう。寝る直前などは飲まないようにすること、用途に合わせて適切なタイミングがある事を理解しておきましょう。正しいタイミングを理解することで、ダイエット効率は非常に高くなります。飲む際の指標として心得ておきましょう。